FC2ブログ

同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 Che cosa fai in vacanza / liqueurprime

Che cosa fai in vacanza
(2019/04)
liqueurprime

公式サイト


ここ2年くらい、同人音楽をまったく聴いていませんでした。
興味の対象が他に移って、なんとなく聴かなくなっちゃったんですよね。
このままフェードアウトかなと思ってましたが、今回の春M3が自分の観測範囲で盛り上がっていて、
ちょっと羨ましくなったので先日メロンブックスで見つけてきたのがこの作品です。

ジャンルは女性ボーカルのポップスで、試聴したときにまずピンときたのは
「この歌声!ななひらさん!ななひらさんに似てる!」という点でした。
鼻声がかったロリ系の声質が似ているのもそうなんですが、それ以上に歌い方が似ています。
歌に対するひたむきさ、とも言いますか。それぞれの楽曲にしっかりと向き合って、
大袈裟な言い方をすれば「音楽に命を吹き込んでいる」とも思える歌い方。
ロリ・電波系ボーカルでそれができるのはななひらさんくらいだと思っていましたが、
今作のボーカル、もちこまめさんにも確かに通じるものを感じたのです。

それもそのはずで、彼女はボーカルであるとともに、作品のプロデュースも行っています。
過去作の情報を見ても、作詞・作曲・デザイン等は外注のため毎回異なりますが、
ボーカルと企画は必ずもちこまめさんが担当しています。
ボーカル=企画である場合、基本的には「歌いたいものを作る」という方向性になるはずで、
そのためか彼女の歌からは「この曲はこういう風に歌いたい!」という強い熱を感じます。

歌の上手さとか技術とかは私はよく知りません。
しかし熱というのは知識などなくても肌で、感覚で伝わります。
そして同人音楽とは、作品を通してもっとも近い距離でその熱を受け取ることができる場の一つであり、
受け取ったからこそ私はいまここで3年ぶりに感想を書いています。


◆コンセプトについて

タイトルのChe cosa fai in vacanza(あなたは休日をどう過ごしますか)が示すとおり、
今作は「休日をひとりで過ごす女の子」をテーマとしています。

-甘酸っぱくていじらしくて、だけどちょっぴり憂鬱で、それでもきっととびっきりな休日がくるの。-

特設サイトのテキストの引用ですが、まさにこのとおりの内容ですね。
女の子ならではの色々な感情が描かれ、それらを「休日の過ごし方」という枠の中で表現している。
この枠の設定が絶妙だなーって思うんです。聴く側にも作る側にも丁度いい自由度というか。
作詞作曲も全部外注なので、あんまり設定ガチガチだと調整が大変だろうし、
かといって曖昧すぎると統一感を損ねてしまうおそれがある。
特設サイトとかCDの帯裏なんかにひっそり書いてあるフレーバーテキストくらいの情報が
イメージとしてちょうどよくて、作品の形態といい感じに噛み合ってるんですよね。


◆曲・詞・歌について

全5曲、収録時間20分程度のコンパクトな作品で、曲調は打ち込みによるガールズポップ。
作曲者は曲ごとに異なりますが、どの曲もいかにも女の子って感じの甘くてふわっとした
曲調に統一されています。おおむね、コンセプトから想像される内容どおりでしょう。
やや変化に乏しいきらいもありますが、主役はあくまでもちこまめさんのボーカルですからね。
歌い回しで十分に変化をつけているので、バランスは取れています。

アルバム構成としては、1曲目で作品全体の概要を示し、2~5曲目で各々の休日を描くというもの。
進行に従って段々と明るく、前向きになっていく構成が素晴らしいですね。
同居人が去り、広くなった部屋でひとりお茶をしながら気持ちの整理をする2曲目から始まり、
幼馴染の男の子に対する。悶々とした思いを抱えて落ち着かない週末を過ごす3曲目、
漠然とした憂鬱や不安を振り払うように、努めて明るくあろうと外に繰り出す4曲目、
ひたすら元気で前向きな5曲目と、順番どおりに聴くことで元気が湧いてくるような構成。
連休終わりの沈んだ気分もこれを聴けば少しは晴れる……かも?

そしてもちこまめさんのボーカル。上のほうにも書きましたが、彼女の歌には「ひたむきさ」を
強く感じるんですよね。今作は1曲1曲、女の子の繊細な感情が描かれており、それを歌の中で
いかに表現するかが大事なんですが、ちょっとオーバーなくらいに歌い方を変化させています。
1曲目はフラットに、2曲目はちょっと儚くアンニュイな感じに、3曲目は慌ただしく揺れを大きく、
4曲目は気持ちを抑えつつもサビで溢れさせるように、5曲目は底抜けに明るく元気に……とね。
それでいて声質が私の大好きな鼻声気味ロリ系ボイスというね。最高としか言うほかない。
万人に好まれる、ということは無いと思いますが、刺さる人にはぶっ刺さるはず。


◆各曲感想

01-私だけのWeekend
雑踏の中にもひとりひとりに物語があり、それぞれの休日を過ごしている……という導入です。
曲としては作中でもっとも主張控えめですが、こういう曲があると後の曲に対する
イメージが湧きやすくなりますね。

02-Piece of the world
同居人がいなくなった、欠けた世界でひとりティータイムを過ごして気持ちを整理するお話。
Piece of the worldというタイトルがハイセンスですよね。彼女にとって、同居人がいた部屋こそが
世界だった、という。喪失感に少し目をそらしつつ、時間をかけてゆっくり受け入れていく、
そういう複雑な感情が、溜息のような歌声によってふわっと紡がれていくのが心地よい。

03-Rocky☆Start
Mamyukka等でお馴染みのオッカさんが作曲。オッカさんらしい飛び跳ねるようなメロディが
「ちょっと気になっていた男の子から別の子に対する恋愛相談を受けて自分の恋心に気づいて
ジタバタしたりヤケクソショッピングに繰り出したりする」この曲にピッタリ嵌ってますね。
ボーカルもそれに呼応するように揺れや起伏を大袈裟なくらい強くしているのでドタバタ感が凄い。
ヒロインの子には悪いですが聴いてて大変微笑ましく、楽しい曲ですね。

04-ShinyHoliday
今作で一番の曲だと思います。前向きな曲ではなくて「前向きであろうとする曲」なのが良い。
嫌な気分を抱えつつも家を飛び出してあちこち散策して振り払おうというヒロインの気持ち、
それを汲んであえて抑え目に歌うボーカル、それらを開放するような素朴で綺麗なサビメロと、
三位一体でピッタリです。ラストのサビは夕暮れのシーンなんですが、ここの転調が一層素晴らしい。
休日が終わり日が暮れたけど、代わりに心は晴れている……その軽くなった気持ちを、
転調で表現しているんですよね。ラスサビで転調する曲じたい私は大好きなんですけど、
こんな素敵な含意まで示されちゃあ……そりゃあもう最高としか言うほかない。

05-Ready Go Round
これまでの曲にあったモヤッとした感情を吹き飛ばすようなひたすら明るく元気な曲。
サビの4つ打ちリズムの心地よさと、途中の元気一杯なラップパートがお気に入りです。
最後にこういうシンプルに明るい曲をもってくることで、
「それでもきっととびっきりな休日がくるの」というテーマに繋がるのが良いですね、


◆まとめ

久しぶりに新しく購入した同人音楽作品で、これほどの作品に出会えたのは僥倖でした。
ここ数年は商用のゲームや音楽によく触れていましたが、やはり同人音楽ならではの
作品というのは同人音楽でなければなかなか出会えないのだなと再認識しましたね。
余計な中間項を考えなくていいので、作品そのものと真っ向から向き合える、
その楽しさ、純度の高さは他ではなかなか味わえません。
今作はとにかくボーカルが最大級に自分好みであり、その補正が強くかかっているので
この感想にあんまり客観性はないと思います。
とはいえ、コンセプトの面でも十分練られているのは間違いなく、また過去作でも
今作とは大きく異なる雰囲気のものもあり、しばらくはこのサークルに注目していきたいですね。
スポンサーサイト

【感想】 狂聲メリディエ / 少女病

狂聲メリディエ
(2015/08)
少女病

公式サイト


少女病の2ndメジャーアルバム。
1stの『残響レギオン』から4年半、直近アルバムの『創傷クロスライン』からは3年という、
長い空白期間を経てのリリースだっただけに、前評判も不安半分期待半分、
リリース後の評価も賛否両論はっきり分かれた作品だったように思います。
正直なところ、私も第一印象はあんまり良くなかったですね。
「廃園イデア」の引きが最高だっただけに、どうにも肩透かし感があって。

ただまあ、これは断言しますけど、今作は考察が面白いです。
間違いなく少女病で一番面白い。
少女病作品の魅力のひとつに「シンプルで分かりやすい悪辣なストーリー」
というのがありますが、その「悪辣さ」が今までよりも多層的に描かれているのがポイント。
歌詞を一読しただけでは見えなかった部分が、聴き込み読み込みを進めるうちに
だんだん見えてくるようになる快感……まさに私が好きなタイプの作品です。

ほんとは考察記事を上げるつもりだったんですが、たらたら説明を書いてると
どうしても野暮ったくなってしまうので断念しました。
いちおう、方向性としては「メリクルベルの目的と思考」を中心にして
「自作自演説」「クレイジーサイコレズ説」「語り手黒幕説」「神への反逆説」
という4つの解釈を立てて云々、というのを書いてたんですけどね。
考察とは言いがたい妄想・願望レベルの内容も多かったのでお蔵入りです。
二次創作のネタとしては面白いと思うので、私にその能力があれば書いたんですけど。

まあ、とにかく色々な解釈ができて楽しい作品であることは間違いないです。
「不完全犯罪依存」「観客」「世界像」「偽幸者」「リンゴ」あたりのワードが
何を意味し、誰を対象としているのか……それを考えるだけでも楽しい。
中心にいるのはやっぱりメリクルベルで、彼女はなかなか奥ゆかしい人物ですよ。
言動は清々しいまでにヒールですが、「そのように振る舞っているだけ」と考えると、
途端に愛おしさが湧いてきますからね。
捉えようによっては最後の「多分、ね」や高笑いが全く別の意味に聞こえるようになるわけで。

スルメ盤という言葉がありますが、今作はまさにそれ。
解釈を重ねるごとに曲自体の印象もどんどん良くなっていくという。
これを全部計算ずくで作っていたら相当凄いと思うんですが、
正直それは微妙かなーという気もします。偶然の産物のような気が。
とはいえ新作も良かったですし、下火傾向の物語音楽を牽引する存在として
少女病には今後も気を吐いてもらいたいですね。


以下は曲の感想です。


01-不完全犯罪依存症

良くも悪くも今作を象徴するような曲。
最初聴いたときはいきなり五魔女会談なるものが始まりポカーンとなるけど
歌詞が馴染んでくると後半からの加速感が気持ちよくなってくる。
物語と書いてわざわざ<ストーリア>と読ませる中二ぶり、最高ですよね。
あとケンカの仲裁をするアイリーン様が萌えキャラ。

考察においては、「第一の魔女」であるシスフェリアが「新参の魔女」なのが何気に重要。
魔女のナンバーは魔女に選ばれた順番でつけられているわけではなく、
物語の語り手が意図的に決めているということになりますからね。
「語り手黒幕説」はこのへんが取っかかりになってたり。
少女病作品の語り手は『偽典セクサリス』でキャラクターとして示されてるので、
単なるメタ解釈ではないですよ。いちおう。


06-Still Unforgiven

RD大先生がノリノリで歌詞書いてるのが伝わってくる曲。
「何度も何度も頭を振って~」のくだり、フィーナさんが髪振り乱してヘドバンしてる様子が
浮かんできてつい笑ってしまうという。

この曲もねー、メリクルベル(メイメイ)の悪意というよりは語り手の悪意が強いんですよね。
フィーナの物語を『告解エピグラム』としてパッケージにしてるからこそ
この話は救いようが無くなるわけで。そもそも「Still Unforgiven」というタイトル自体がアレだし。
もしかしたらフィーナの未来はホントにメイメイが示したとおりで
メイメイは親切で言ってやってるだけかもしれんのですよ。
どうもね、この作品全体がメリクルベルを悪役に仕立て上げようとしている気がして、
そういう薄気味悪さがあるから解釈という名のこじつけを色々考えたくなる。


08-偽りなき聲

RD大先生がノリノリで(略
最初聴いて思ったのは「あこれ『The beautiful world』だ」でしたね。
メリクルベル=八雲紫だし『狂聲メリディエ』は『辿/誘』だわーという凋叶棕信者らしい感想。

この曲で描かれているメリクルベルとメイメイの関係をどう解釈するかってのが
今作のストーリーのキモですね。メイメイがメリクルベル溺愛しまくってるのは伝わるが
メリクルベル→メイメイの気持ちはほとんど描かれてないのがポイントだったり。
双方向の百合か一方通行の百合か、という……ここで一方通行とした場合が
「クレイジーサイコレズ説」になります。もちろんメイメイがクレイジーサイコレズです。


09-狂聲ドミナシオン

テンション高い曲だけど会食シーンだからなこれ!?
飯食う場面なのにドコドコドラム鳴らして疾走するのが面白すぎる。


10-最終楽章:魔女と七人の美しい少女

歌詞の捉え方によって印象ががらりと変わる曲。
ミリリ視点ぽいけどメリクルベル視点でも成立する歌詞が面白いですよね。
偽幸者、ショーケース、観客、毒リンゴ、世界像……このあたりのワードの多重性がたまらんのです。
そして最後の台詞と高笑い……あの笑いは誰に対する笑いなんでしょうねえ?

ライトノベル感想とか

『狂聲メリディエ』の考察、土日フル回転で書いてたんですが終わらないですね……。
ストーリー作品だとどうしても説明的な文章が多くなって冗長になっちゃいますね。
言いたいことはシンプルなんだけど、そこに辿り着くまでが長いのなんの。

というわけで、アップは再延長で。来週か再来週には何とか……。
今回は最近読んだライトノベルの感想でも書いてお茶濁しときますね。


くま クマ 熊 ベアー

[まとめ買い] くま クマ 熊 ベアー(PASH! ブックス)

なろう作品の書籍化です。いわゆる異世界転生チートものなんですけど、
主人公がクマの着ぐるみ姿の少女ってところが特徴ですね。
見ての通り主人公からして癒しのオーラが出まくってますが、
他にも5歳とか10歳くらいに幼女たちがたくさん出てきてとにかくほんわか。

飾り気のないぶっきらぼうなテキストになんとも言えない中毒性があって、
既刊3巻読んだあと、なろうの本編(300話くらい)も一気に読んでしまいました。
ストレスを感じる場面がまったくなく、永遠に続いて欲しいタイプの作品ですね。
私の長らくの癒しであったイカ娘は終わってしまったからな……。


SILENTWORLD

SILENTWORLD

『ISLAND』『ひまわり』のライターが書いた小説。同2作と世界観を共有するお話です。
小説向きの文章とノベルゲー向きの文章ってあると思うんですけど、
この人の場合小説のほうが合ってるんじゃないかなー、と感じましたね。

お話のほうは、オーバークロックという時間加速能力を持つ少年少女の青春モノですね。
1冊完結ですが、SF設定の切れ味とビター混じりの青春の味はノベルゲー2作のそれと同等。
特に時間加速の種明かしはスケールがでかすぎて完全に盲点でしたね。そんなんアリか。
作者を知るなら最適の一冊だと思います。全然売れてないっぽいけど。

ノベルゲーム感想とか

少女病の『狂聲メリディエ』の考察を書き進めています。
ほんとは今日中にでもアップしたかったんですけど、思ったより濃い内容になってしまって。
個人的には面白い解釈ができたとは思うんですが……次の土日に持ち越しですかね。

一応週1回更新が当面の目標なので、6月に遊んだノベルゲーの感想でも置いときます。
7月はとりあえずゆずソフトと、余裕があればバグシステムのリョナゲーかな。


ISLAND

ISLAND

今年4月にフロントウイングから発売。
全年齢ってこともあるけど声優がやたら豪華(田村ゆかりとか阿澄佳奈とか)なのと、
同人ゲーム界隈では有名なライターがシナリオ書いてることで話題になった作品ですね。
どちらかというと私はライター買いでした。
『ひまわり』はSFノベルゲーの中でも相当面白かった部類に入りますし。

今作も最終的には面白かったんですが、読み進めるのはけっこう苦痛でしたね。
結局オールクリアするのに2ヶ月以上かかってしまいました。
トライアンドエラーの連続で出口の見えないストーリーと、主人公のくどい内省描写がね……。
ただまあ、苦労して読み進めただけあってクライマックスは素晴らしかった。音楽も良かったし。
「そして今――辿り着いた」のくだりの達成感と納得感は凄いものがあります。
総括するなら「良いおとぎ話だった」かなあ。骨格はSFだけど内容はおとぎ話なんですよ、これ。
あと、田村ゆかりはやっぱり凄い。何が凄いか書くとネタバレになるのであれですがとにかく凄い。


オトメ*ドメイン

オトメ*ドメイン

今年6月にぱれっとクオリアから発売。いわゆる女装主人公ものですね。
このジャンルはあまり遊んだことなくて馴染みが無かったんですが、良いもんですね。
ノベルゲーは声優さんの声を流してるだけでけっこう満足しちゃうんですが、
主人公にもボイスがあるのでボリュームの割にお得感がありました。

ヒロインに癖がある(全員ポンコツ)なので好みが割れるでしょうけど、ポンコツヒロイン好きだし、
ストーリーも適度にシリアス混ぜつついい感じに緩くまとめていて好印象でした。
ヒロインの一人称視点が出てくる作品好きなんですよね。
今作だと柚子さん視点が良かった。ポンコツどころかクズに片足突っ込んでるし、
自らのクズ性を自覚しつつも改められないあたりのどうしようもなさ。うむ、愛おしい。

再開気配

そろそろここも立派に墓標ブログとなりつつありますが、ちょこちょこ更新を再開しようかなと。
とりあえず試運転みたいな感じで、天巡メルクマールの感想を書いてみました。
やっぱりねえ、Twitterの鍵垢に引きこもってると、長文書きたい欲に駆られてくるんですよね。

といっても、最近は同人音楽はすっかりご無沙汰で、ここ2年くらいはイベントにも行かず
地元のメロンブックスで凋叶棕とななひら作品買って終了、みたいな状態が続いているので
大したものは書けませんけどね。凋叶棕はいろいろ気合いが必要なのであれですが、
ななひら作品と少女病の狂聲メリディエくらいは書いておきたいかも。
あとはまあ、昔の作品ですか。書きそびれたのも結構ありますから。

もっとも文章書くこと自体が娯楽みたいなところあるので、
音楽に限らずテキトーに書いていくことになるかな。一番書きやすいのは音楽の感想だけど。
こんだけ放置すればもう見に来る人もほとんど残ってないだろうし、好き勝手やっていきます。
飽きたらまた放置します。そんな感じでよろしくお願いします。
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。