同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『水の迷宮』 (石持浅海/光文社文庫)

水の迷宮 (光文社文庫)水の迷宮 (光文社文庫)
(2007/05/10)
石持 浅海

商品詳細を見る

水族館を舞台にした長編ミステリー。
表紙の綺麗さに惹かれて購入したんですが、中身もすごく綺麗な作品でしたね。
脅迫とか殺人とか、そういった要素が存在していながら血生臭さが全く感じられない。
いわゆる「探偵役」や「助手役」の人物もいて、推理パートにも多く尺が取られ
本格ミステリーを強く意識してそうなんですが、どうにもミステリーっぽくなく感じました。
どっちかというと、テレビ番組の「ガイアの夜明け」とか「プロジェクトX」みたいな
企業を舞台にした人間ドラマとか、夢を追い続ける大人たちの生き様を描いた物語、って印象です。

とにかく水族館の職員とか関係者たちがみんな格好いいんですよね。
全員が全員「この水族館を守りたい!」と心の底から思っているのに、殺人事件が起こる。
その犯行が職員の誰かによるものと分かっているのに、職員を疑いたくはない…
そんなジレンマに苛まれるシーンはすごく印象的でした。この物語に、悪人はいない。
ただそれぞれの強すぎる思いが縺れ合った末、悲劇が起こってしまった。

そういう性格を持った話なだけに、ミステリーとして提示される「謎」に関しても
ハウダニット、フーダニットよりも、ホワイダニット…「何故事件が起きたのか?」に
主眼が置かれています。数々の伏線が繋がり、事件の全貌が明るみになったときは
なるほどなあ、と感じる面もありましたが、やるせない気分のほうが強かったですねえ。
何というか、「どうしてこうなった!どうしてこうなった!」のAAみたいな気分。

それだけに、ああいう結末にしてくれたのは嬉しかったです。みんなに救済がある、
清涼感のあるハッピーエンド。「出来すぎ」のようにも感じますが、この話の流れだと、
やっぱり彼らは報われるべきだと思います。この物語に、悪役はいらない。

そういうわけで、綺麗にまとまっているすごくいいお話なんですが、
推理パートが多すぎることと、真相判明から解明までの流れが性急すぎるように
感じられます。どうも本格ミステリー的な部分が、作品世界への没入を阻害しているような。
人間ドラマ的な話なんだし、もうちょっと登場人物の内面を掘り下げて書いてもらえていたら
もっと楽しめたかもしれません。


お気に入り度
★★★★★★★☆☆☆(7/10)
スポンサーサイト

[ゲーム] 『まほろばStories -Library of Fortune-』

まほろばStories(通常版)まほろばStories(通常版)
(2007/07/26)
PlayStation2

商品詳細を見る


昔はRPGはよくやってたんですが、最近はすっかりご無沙汰…
買ってきても積みゲーになるばかりだったんですが、これは最後まで遊べました。

購入したキッカケはコンセプトに惹かれたためです。
女子高生4人が、図書館で、悪意により話が歪められてしまった本を修復する、という
一風変わったシナリオがいい感じ。自分の知る限りでは似たようなゲームは存在しないと思います。

というわけでオリジナリティは十分にあるゲームなんですが、
やはり開発元が小会社であるせいか、技術的、予算的な面で問題が多い印象です。
グラフィックはとてもPS2後期とは思えないレベルでポリゴンがかなり荒っぽいし、
キャラクターのモーションも少ない。SDキャラの造形自体は可愛らしいんですが…。
ゲームの進行は至って単調で、本の中に入って戦闘を繰り返しイベントをこなすだけ。
ストーリーに関しては自由度は皆無、といってしまってもよいでしょう。
加えて、このボリュームで何故かロードがやたら長いのも欠点でしょうか。
まあ正直、欠点を挙げていくとキリがない気がしますね。

ただ、話自体は短いですし、動きの少ないコンパクトなストーリーなので、
上記の欠点はプレイ中にはあまり気になりませんでした。レトロゲームっぽい味わいがありますね。
音楽がいいんですよね。コミカルなものからシリアスなものまでバラエティに富んでいるし、
シンプルなアレンジで、メロディも印象に残りやすい。いい意味でゲーム音楽らしいサウンドです。
特に好きなのは、みとせのりこさんが歌う主題歌ですね。爽やかでノスタルジック。
このゲームにぴったりの名曲ですよ。

あと個人的に気に入ってるのが戦闘です。
基本的に味方のほうが敵よりも圧倒的に強いもんで、戦略性などはほぼないんですが、
可愛らしい女子高生が、羽ペンを武器に、敵キャラをぼこぼこに殴りまくる、という
シュール極まりない戦闘光景がツボにはまってしまいました。こりゃ面白い。
単調ですがその単調さがシュールさを増長させているのもポイント。

ストーリーは結末部分に意外性がありました。
セリフがちょっと説教臭いんですが、結末で語られるテーマならまあ納得はできます。
案外伏線は細かく張られていましたが、やっぱり腑に落ちない部分がある・・・。
ボリューム不足が祟っているのかなあ。
コンセプトが斬新で、キャラの性格付けもよかっただけに、
シナリオはもう少し練りこんで欲しかったですね。

世界観もキャラも好きなので、もっと練りこんだ続編出して欲しいなあとも思ったりしますが
かなり難しいだろうなあ。うーん、色々と惜しい作品でした。

お気に入り度
★★★★★★★☆☆☆ (7/10)



あとトッコさんは俺の嫁な!

『どんどん橋、落ちた』 (綾辻行人/講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
(2002/10)
綾辻 行人

商品詳細を見る


これは味わい深い作品でした。
綾辻氏と言えば、「館シリーズ」を始めとする中、長編ミステリーが有名ですが、
本作は一風変わった短編集、といったテイスト。綾辻氏本人が物語中に登場し、
氏の元に5種類の「犯人当て」ミステリーの話が持ち込まれる…という
「作中作」系のメタフィクショナル形式を採用した構成となっています。

で、この「犯人当て」ですが、作中作ミステリーであることを利用して、
「地の文は絶対真実で、登場人物は故意の嘘を吐かない」
「犯人は登場人物の中に必ずいて、手がかりは全て作中に示されている」
といった、およそ現実離れした設定のもとに出題されるため、
ある意味では「なぞなぞ」っぽいバカバカしい雰囲気を持っていると言えます。

しかし、さすが綾辻氏というべきか、どれもこれもとんでもなく難しい!
ミスリードの敷き方がとにかく上手いです。一見アンフェアなように思えますが、
「答え合わせ」において、前提のルールを完璧に遵守した、「本格ミステリー」として
極めてフェアな作品であることがこれでもかと強調されます。
その論調に怪しげな部分はなく、「ちくしょう、やられた!」と思いつつも
ニヤニヤしながら読んでました。叙述トリックの真髄がここにある、といっても過言ではないでしょう。

本格ミステリのお約束だとか、綾辻氏の作風だとかを皮肉っているような記述が多いし、
コミカルというかフランクな雰囲気が全編に渡って漂っています。
それゆえ、自分はあんまり気にしないので、楽しく読めましたが
「本格」にこだわる人にとってはカチンとくる表現も多そうな気はします。

この作品が書かれたとき、綾辻氏はあまり筆が進まなかった時期だったそうです。
そういった情報を踏まえて本作を読むと、
「ああ、やっぱりこの人は本格ミステリーが好きで好きでしょうがないんだなあ」
と、しみじみというか、どこか微笑ましい気分になりました。

本格ミステリーの酸いも甘いも知り尽くした綾辻氏だからこそ書くことのできる作品。
正直、綾辻氏の作風はあまり好みではなかったんですが、
本作を読んで氏に対する印象はかなり好転しました。
人によって様々な捉え方、楽しみ方ができる良作だと思います。


お気に入り度
★★★★★★★★★☆(9/10)

『イニシエーション・ラブ』 (乾くるみ/文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る


これは衝撃的でした。
ラスト2行に大ドンデン返しが待ち受ける!って感じのことがあらすじに書かれてて、
「おいおいあらすじで叙述トリックってことネタバレしてんじゃねーか」と呆れつつ読んだんですが、
結局見事に騙された!

というのもこの本、叙述トリック臭がしない…というかそもそもミステリー臭が全然しないのです。
合コンで出会った2人が出会いを重ねて親交を深めていく…なにこれ恋愛小説?
いやいや、どっか謎やら事件やらが発生するんだろう、と訝しみながら読んでたんですが、
結局最後まで恋愛小説。謎も事件もなし。描写も淡白だしイマイチだなあ…と思ってました。
しかし、やはりラスト2行。これに尽きます。

あまりに唐突すぎて、最初は「えっ?」って思ったんですが、あ、もしかしてこういうこと?
と思って本書を読み返してみると

そこには別世界が存在してました。

凄すぎ。「これも!これも!これも!これも!」と次々と伏線が発見できます。
タイトルが、登場人物の台詞、行動すべてが、小説の構造そのものが伏線。
これだけのネタを仕込んでおきながら、「普通の恋愛小説」として全く破綻がないのが恐ろしい。
人生の裏側を淡々と描く乾くるみが恐ろしい。

どうしようなく本格ミステリーです。問題編が一周目、解決編が二周目であるだけで。
このテの作品の中でもとりわけ完成度が高いです。
人工物っぽい文章、お約束みたいな展開が肌に合わず投げ出した人もいそうですが、
長い話じゃないし、是非最後まで読んで欲しいです。傑作。

お気に入り度
★★★★★★★★★★ (10/10)

『世界の終わり、あるいは始まり』 (歌野昌午/角川文庫)

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
(2006/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る



東京近郊にて次々と発生する児童誘拐殺人事件。「身代金要求額が比較的少量であった」「身代金受け渡し前に児童は銃で殺害されていた」など、その手口は一貫しており、同一犯による犯行とみなされ捜査が進められていた。そんな中、会社員である富樫修は小学六年生の息子の部屋から一連の事件に関連する物品を発見してしまう。息子が事件に関わっている…そんな疑念を晴らそうと彼は事件について調べるが、状況は悪くなるばかり。疑念が確信へと変わる中、彼がとった行動とは?


あらすじを読む限り、本書はどうみても探偵小説やらミステリー小説やらにカテゴライズされる作品です。
しかし中盤以降のまるで選択肢性ノベルゲームのような実験作的物語構造や、モヤモヤ感の残る結末などクセが強く、万人にオススメできる本格ミステリー!とはとても言えませんね。自分としては、これはもうミステリーじゃない、って言い切ってもいいような気がします。ミステリーのアイデアやギミックをダシに作者は「人間」や「現実」を書こうとしたんじゃないかなーと思ってしまいます。読後感はどちらかといえば文学小説を読んだ感覚に近かったような。


さて、最後に主人公がとった選択。作中では「希望」だなんて言ってますが、きっとこれも逃避の内にすぎないでしょう。幾多の想像の中でも利己的にふるまい、逃げ続けた「探偵役」。しかし自分がもし本作のような「探偵役」になってしまったら…と考えると、彼を責めることはとてもできません。探偵は人間でありスーパーマンではない。本格ミステリーのような鮮やかな解決劇なんて、所詮御伽噺であり現実ではそうそうありえない。
本書の探偵役は家族の有り方に悩む人間だし、本書で示される結末はどうしようもなく現実的です。


お気に入り度
★★★★★★★☆☆☆(7/10)
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。