同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Tyche / Gothic Marionette

Tyche
(2011/05)
Gothic Marionette

公式サイト

◆分類
ゴシック
物語音楽

Gothic Marionetteの2ndアルバム。
今作における変化というと、何といってもボーカルメンバーの加入でしょう。
このyuzuという方はサンホラファンだそうで、そのためかどうかは不明ですが
歌い方とか雰囲気はどこかAramaryさんを彷彿とさせるものがありますね。
淡々としつつも華があり、叙事的な歌詞によく合っている。
そしてボーカルの加入による相乗効果なのか、語りやアレンジにも幅が生まれており、
「ゴシックっぽさ」一辺倒だった前作に比べるとバラエティはかなり豊かになりました。

ただ、物語音楽としてはまだまだ実験段階で、作品の完成度云々というよりも、
「このメンバーで何ができ、何ができないのか」を吟味しているような印象を受けます。
曲によってアプローチがバラバラなんですよね。ストレートなボーカル曲だったり、
インストオンリーだったり、劇っぽい作りだったり。アレンジに関しても、
従来のゴスゴスオーケストラサウンドから室内管弦楽的な楽器構成のものまで様々。
お話に関しても、「物語」を書いてる曲と「世界観」を書いてる曲が
ごちゃごちゃに入り混じっていて、せわしない印象を受けるというのが正直なところ。
このサークルに必要なパーツが揃って、それぞれのパーツはすごく魅力的なんだけど、
それらを作品として組み立てる段階までは進んでいない・・・って感じ。

だから、今作はあくまでプロトタイプ。手に入らないと嘆く声も聞きますが、
彼らが本領発揮してくれるのは次作以降だろうし、触れるのはそっからでも遅くないかと。
正直、このパーツたちを綺麗に組み立てるのは困難を極めると思いますが、
もし上手く組み上げられれば間違いなく凄い作品が生まれるだろうとも思うので、
今後の活動にも大いに期待しています。

◆曲の感想
02-双眸に宿る星空
メランコリックな伴奏に合わせて状況設定を淡々と歌うパートにはじまり、
バックで台詞。荘厳なオーケストラと少女の独白。クワイア。会話シーン。
前作と比べて表現手段がぐっと増しているのが分かります。
それにしても、都月あくあさんの声は、薄幸少女の役にマッチしすぎである。
可哀想を通り越して苛めたくなるような歪んだ愛らしさがありますね…自分が怖くなる。

03-女神のマリオネット
おおっ、歌っぽい!歌はサビだけなんだけど、メロディが良いですね。
バックのオーケストラも控えめで、歌を引き立てるような使い方。
ただお話については・・・正直よくわからん。
前曲で、「妹が男に見せた小さな慈愛」って書いてるのに、
この曲では「慈愛を忘れ激情に潰されるAngela」とか書いてる。矛盾してない?
時系列が前後してるんでしょうか?それにしても何故前後させてるのか目的が不明。
前曲の流れをぶった切ってるようにしか私には思えないのですが・・・。

04-運命の車輪
これは前作を思い起こさせる荘厳なゴスゴスオーケストラインスト!
やっぱこういうのはいいですね、テンション上がる。
だけどお話については、これもよくわからん。
どうもこの作品の話とはあんま関係しない、未来の話みたいなんだけど、
なんでそれがアルバムのド真ん中に入ってんの?
ボーナストラックとかでいいと思うんですけど・・・。
3、4曲目は曲はすごく良いのに、立ち位置が不可解すぎます。
うまい解釈があったら教えてほしいです。

05-海の花嫁
最初の「おいしょ、おいしょ」の破壊力がやばい。
この人の声ほんとツボです。「いじめてオーラ」が漂いすぎである。
曲のほうは、どこかエキゾチックな雰囲気の前半歌唱パートと、
後半の寸劇パートに分かれてますが、どちらも味があっていいですね。
曲の立ち位置としては「幸運の女神」の力の一例、
サイドストーリーみたいな感じでしょうか。

06-暖炉の会話
室内管弦楽的な、落ち着いたサウンドによるインスト。
吹雪を思わせるこれまでの派手なゴシックサウンドとの対比でしょうか。
音で情景を示す、こういう表現方法は面白いと思います。
ただ、2分程度の小曲にこれだけの密度の話が入ってるってのは
ちょっと強引な気がしなくもない。
スポンサーサイト

[同人音楽感想] Nemesis / Gothic Marionette

Nemesis
(2010/10)
Gothic Marionette

公式サイト

◆分類
ゴシック

Gothic Marionetteの1stアルバム。
需要と供給が釣り合っていないのか、イベントでもショップでもあっという間に
売り切れてしまうことで有名(?)なGothic Marionetteですが、
ゴシック飽和な今のシーンにあっても話題に上ることが多いだけあって、
なるほどゴシックファンの琴線をビシビシ突いてくる音楽性ですね。
荘厳なオーケストラサウンドに神聖なクワイア、パイプオルガン、チェンバロ。
メロディはゲーム音楽のような分かりやすさがあり、FF8の魔女関連の曲なんかに
近い雰囲気がある。随所に出てくる吹雪のSEにしろロリ系少女の語りにしろ、
多くの人が想定する「ゴシックっぽい要素」をこれでもかと突っ込んだ音楽です。

で、今作の段階ではまだボーカルメンバーがおらず、お話の進行はすべて
少女の語りに任せられている・・・要はサンホラの「書の囁き」「Baroque」みたいなのが
延々と続く、変な音楽になっているわけですが、今作の魅力はむしろそこにあると思います。
あんだけゴシックゴシックに固められたアレンジをやっておいて、一番重要な
ボーカルがいないという、この空虚感が良い。この歪さがむしろゴシック的なんですよね。
だから、ボーカルを加えてパワーアップした次作「Tyche」は、物語音楽としては
確実に進歩しているんだけど、ゴシックの雰囲気は逆に後退しちゃってる。

そんなわけで、今作は成長途上にあるアーティストの過渡期ならではの歪な構成を
愛でる作品だと思います。詞の内容がほとんど少女の淡々とした独白で
占められているし、収録時間も短いしでどういう物語、世界観なのかさっぱり
見えないんですが、その辺は連作形式ということで今後の展開に期待しましょう。
個人的にはこの雰囲気は大好きなので、今後物語音楽として練成する中にも
なんとか継続させて息づかせて欲しいなあと思います。
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。