同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] やしまユニテ / kiichi

やしまユニテ
(2010/11)
kiichi

公式サイト

◆分類
ボーカロイド
エレクトロニカ
ポストロック

kiichiさんの2ndアルバム。
この人はほんと、ボカロコーラスの魔術師だなー、と今作で確信。
前作の「プラスチック・ガール」や「MiktronicaⅡ」にも印象的なコーラスパートが
あったけど、あれらは「感情そのもの」って感じでした。色々な感情が
ごちゃまぜになって、それがラララーという原始的な形で表れている、って感じ。
一方今作では、そんな原始的な感情がいろいろな形に分化して表れてる。
「団地ガール」は倦怠感、「青春の殺人者」は高揚感、みたいな感じで、
ほとんどの曲にコーラスパートがあるけど、表現されてる感情がそれぞれ異なる。
掴みどころのない歌詞とクールな曲調、無機質なボカロ歌唱の中で、
コーラスの部分だけが熱を帯びてて、人間味をおぼえるんです。
こういう、つかず離れずの独特の距離感が今作の魅力だなーと思います。

また今作には「団地」というテーマがあるけど、これも面白い要素。
団地というのは言わば、「退屈な日常」の権化みたいな存在だけど、
kiichiさんの曲に日常があるかと言えば全然そんな気はしません。むしろ異世界的。
日常なのに異世界的。こうした絶妙なズレ加減が実に良い味を出しています。
例えば「エンジェル・ヘイロウ」という曲。
この曲がニコニコ動画で公開されたとき、RPGのボス戦を彷彿とさせる
問答無用のカッコよさにそりゃもう悶絶したもんだけど、
アルバムに収録され「団地」という日常の中に取り込まれた瞬間、
「ドイツ語かぶれの中二病少女」のイメージしか浮かばなくなって
なんとも頭の残念な曲になってしまいました。何という台無し感。
だがそれがいい。この透かされた感じがなんとも心地良いのです。

無機質だけど人間味があって、日常だけど異世界チックで、
不安定だけどどこか安心感があって・・・
捉えどころがなく、人を食ったような何ともシュールな作品だと思います。
間違いなくスルメ盤の類。印象的なコーラスワークに思いを馳せつつ、
じっくり聴いて色々妄想しながら楽しんでます。しあわせ。

◆曲の感想
04-エンジェル・ヘイロウ
もともと自作ゲームの曲を作るために音楽を始めたらしいkiichiさんだけあって、
ゲーム音楽臭ムンムンのこの曲は実にハマってる。ホーンやらストリングスやらを
豪快に使って放り込まれるゴスゴスしたオブリがたまらんです。
サビのドイツ語歌唱もメロディと相まって実にドラマティック。
むしろクサメタラー向き。中二病だしな!

05-2号棟 *
一分程度の繋ぎのインストだけどすげー好きです。
ピョロピョロした幽霊が出てきそうな音がたまらん。

06-青春の殺人者
疾走感のあるポストロック調のサウンドにノリノリのレン君とリンちゃんの歌唱。
「青春の殺人者」ってタイトルが全てを物語ってる。
この曲を聴いてるとコープスパーティーの刻命とかフリッカー式の公彦とか
色々とアレな少年たちの姿が脳裏を駆け巡ります。
アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アーオゥッッ!

07-ネリーチカ
歌詞はなく、コーラスオンリーのある意味インスト曲。
こういう曲は単体で聴くより、アルバム単位で聴いた時に存在感を発揮するよなあ。
4曲目から6曲目まで、ハイな曲が続くのですごく癒される。浄化される。

08-Butterfly Knife
「青春の殺人者」と対をなす曲・・・かもしれない。
レン君は実はそんなに好きじゃないんだけど、なんかこういう「必死さ」を
感じる歌にはものすごくマッチしてる気がする。
笑顔を見せてよ の連呼のとこはなんとも痛ましく、
そのあとのコーラスがまた良い。

12-まったきケモノ
怖っ!
リンレンがメインだけあって、温かみや人間味のある曲が多かった今作にあって
このミクさんの歌唱は流石としか言いようがない。この曲だけバフォメットだ。
「うー」のコーラス怖いよ!
スポンサーサイト

[同人音楽感想] バフォメット / kiichi

バフォメット
(2010/05)
kiichi

公式サイト

トラックリスト
01-超暗黒幻想
02-氷結のディスコ
03-Miktronica II
04-2026
05-電気羊の夢(reprise)
06-にじいろのへび
07-原風景その2
08-プラスチック・ガール
09-The Ghost of Romantic Transceiver
10-原風景その3
11-[I Love You]
12-Love Love Nightmare
13-雨音色
14-Miktronica
15-The New Town Renaissance Plan of chairman baphomet

ボカロPとして有名なkiichiさんの1stフルアルバム。
音楽ジャンルとしてはエレクトロニカ、ポストロックあたりになるんでしょうか。
ニッチなジャンルのためか、キャリアの長さの割にはニコニコ動画での
知名度はそう高くないようですが、熱狂的なファンが多い印象があります。
ちなみに私もそのひとり。最初に聴いたのが「氷結のディスコ」なんですが
クールな音作りとは裏腹の、妙な熱さのある曲展開に一気に引き込まれました。
思えば、エレクトロニカやらポストロックなるジャンルをはじめて知ったのが
この曲だったかもしれません。

この手のジャンルにしては、kiichiさんの曲はとても聴きやすいのです。
どの曲もメロディラインがわりとはっきりしていて、それもゲーム音楽みたいな
味わいのあるメロディが多い。曲展開も豊富で、いかにもエレクトロニカな
ふわーんとしたシンセとかグリッチ音みたいなのもありつつ、
オルガンやストリングスを使ったクラシカルなアレンジや、ボカロによる
クワイアのパートなんかも出てくるので、だれることなく聴けます。
3~5分にどの曲も収まっているあたりも、取っ付きやすい。

しかし、kiichiさんの曲の一番の魅力はやはりエレクトロニカな部分にあると思います。
彼の曲すべてに通底する、異世界のような空気感をもった独特の音作り。
透明感があるというか、「見透かされている」って感じなんですよね。
その感覚こそが、熱狂的なファンを作り出す原動力になってるような、そんな気がします。
しかも今作でアルバムとしてまとめられることによって、その独自の世界観は
さらに強調されており、冒頭から通して聴くと、そうした「異世界感」が
段々と膨れ上がってくるような曲順に仕立て上げられてるのが分かるんですよ。
とくに、9~12曲目あたりの流れは、人間心理の深遠を見せられてるようで、
不安感が煽られる煽られる。でもそれがとても心地良くもあるんです。

kiichiさんが今までに投稿したボカロ曲は40曲近くもあり、
本作でkiichiさんのすべてをカバーしているというわけではありません。
個人的には「フルチカゾン」とか「ヴァルゴ」のような
ヘンテコな曲を入れて欲しかったかなあと思わなくもないのですが、
まあアルバムとしての流れを考えた場合、やはりこの選曲がベストなんでしょう。
ニコ動で聴くのとは全然違った印象を受ける曲もいくつかありましたしね。
どうも11月にあるボーマスで新作が頒布される予定らしいので、
今作とはまた違ったkiichiさんの世界は、その新作できっと味わえることでしょう。

◆曲の感想
02-氷結のディスコ
この曲ちょうカッコイイです。ほんと。
突然ゴシカルなオルガンが鳴り響き、そこから唐突にサビに移る展開がマジ熱い。
でも音は超冷え切ってる。このギャップがたまんないんですよね。

03-Miktronica II
ほわーんとしたふつうのエレクトロニカかなーと思ってたら、
中盤からミクのコーラスパートが入ってきます。このコーラスがほんといい。
なんか聴いてたらなにもかもどうでもよくなってくる。ある意味危険な曲。

06-にじいろのへび
まるでハイキングのような聴いててうきうきするような曲調で、
ブラスを使ったアレンジがなんか行進曲みたいで楽しい。
kiichiさんの曲としては異質なほどに明るいのですが、
歌詞は創作の苦しみ的なことがうたわれていて、実はかなり重い。
本文には書いてないけど、kiichiさんの歌詞は色々な暗喩が込められていて
どの曲もとても味わい深いのです。

08-プラスチック・ガール
この曲はkiichiさんの曲の中でも一番有名なのかな?
サビがコーラスになってるあたりはMiktronicaⅡに近いですが、
込められた感情はまったく違うものです。
キャラクターと歌唱ツールとしての間で揺れるボーカロイド。
喜怒哀楽をぜんぶ込めた、渾身のコーラスの声は、やっぱりどこか無機質で。
でもだからこそ、この曲は聴き手の心を打つのです。

09-The Ghost of Romantic Transceiver
えらく単調な曲ですが、シンセ音がえらく不気味なこともあり
なんとも不安定な気分になってくる。この曲を皮切りに、
後の曲がどんどんダークになっていくこともあって、
決して覗いてはいけなかった異界への入り口を開いてしまったような
漠然とした怖さをかんじる曲です。
ニコ動のPVとあわせて聴きましょう。

12-Love Love Nightmare
不協和音まみれのシンセ、切り刻まれたようなボカロの声、やたら荘厳なオルガン。
行き着くところまでイってしまったような壊れっぷりである。
ヤンデリズム溢れる前曲[I LOVE YOU]のあとにこの曲が来るあたり容赦ないというか
シャレになってないというか・・・でも不思議とすごく聴きやすい。中毒性大。
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。