同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Nightmare Opera / Mamyukka

Nightmare Opera
(2010/05)
Mamyukka

公式サイト

トラックリスト
01-夢語り
02-Nightmare Opera
03-ステキな悪夢
04-oneirophobia
05-現語り

ミュージカル風音楽ドラマ制作サークル、Mamyukkaの2ndミニアルバム。
基本的な作風は前作「Evilz」同様…個性的なキャラクター達の愉快な立ち回りと
ゴシックメルヘンな雰囲気の音楽がみごとに融合した童話的世界観をもった作品です。
ミニアルバムということもあって、登場キャラやストーリーのスケールなどは
かなり縮小されていますが、Mamyukkaの最大の魅力である、
「聴いてて楽しくなってくる賑やかさ」は前作から全く落ちていないのが嬉しいところ。

今回はボーカルが4名参加しているんですが、彼らが4者4様、きっちり差別化された
歌い方をしているのが「賑やかさ」をキープできている要因ではないかと思います。
中性的な歌声のゆきねさん、オペラティックな歌唱の南条あきらさん、
コミカルな歌声のまめこさん、囁きデスボイス?風味のKAZUMAさんと、皆さんいい声してます。
特に4人が全員参加している表題曲「Nightmare Opera」はとりわけ賑やかで、
「こんな悪夢が見れるものなら是非見て、自分もシンガロングしたいぜ!」
などと思わせる楽しさがありますよ。メロディーも馴染み易いですし。

そして今回のまめこさんの歌唱は前回以上にやりたい放題ですね。いいぞもっとやれ!
いや、本当にこの人、凄いボーカルさんだと思いますよ。とてもコミカルでヘンな歌い方なのに、
全くもってヘタには聞こえない、むしろ上手いと感じるんですから。
やはりMamyukkaの「顔」はまめこさんだと思います。「ステキな悪夢」みたいなステキさは、
完全にまめこさんありきで、他サークルではまず表現不可能でしょうしね。

ただ、楽しげな雰囲気の曲は上記2曲だけで、あとの曲は結構ホラーテイストが強いです。
前作「Evilz」が気に入った身としては、やや物足りない配分ではありますが、
そもそもえらく安いし、この2曲が良かったので文句はありません。いい作品ですよ。
あと、ブックレットが遊び心はそのままに見易く改善されていたのは嬉しい点ですね。

さて、次回作はアラビアンファンタジーとのことで、また違った雰囲気の作品になりそうです。
作曲者のオッカさんがどういう曲を作ってくるか、今から楽しみですね。

<曲感想>
02-Nightmare Opera
らーらーら らりるりら♪

03-ステキな悪夢
すてき すてき すてきなあーくむ♪
スポンサーサイト

[同人音楽感想] Evilz /Mamyukka

mid01Evilz
(2009/10)
Mamyukka

公式サイト

トラックリスト
01-Overture
02-Evil's Prologue
03-Mirror Fantasia
04-Cygne Noir
05-KAGUYA
06-Hook Hook Hook!
07-Halloween Parade
08-Evil's Epilogue

音楽、音声ドラマの制作グループ、Mamyukkaの2ndアルバム。
2ndと言っても、前作はボイスドラマらしいので、音楽CDとしてはこれが初作品ですかね。
さすがにボイスドラマ畑の人達だけあって、今作においてもただの音楽CDではなく、
白雪姫やピーターパンなどの童話をモチーフにした、
ストーリー色の濃い作品に仕上がっています。
数年前にSound Horizonを知って以降、語りや台詞のあるストーリーCDをよく聞いてますが、
その中でもこの「Evilz」は独自のアプローチを行っていて、すごく気に入っています。

童話に出てくる悪役たちにスポットを当てている話なんですが、まるで劇とか、
ミュージカルのような華やかさをもってストーリーが進行していくので、
この手の音楽にありがちな、鬱屈した雰囲気はほとんど感じられません。
これはひとえに、キャストの人達の名演の賜物でしょう。
プロ声優みたいに完璧ではないところが逆に魅力になっているというか。
歌う人も喋る人も、とにかく楽しそうに演じているのがすごく好印象です。

特にすばらしいと思ったのがストーリーを牽引する役目である「小悪魔役」のまめこさんで、
魔性のロリっ子というか何というか、幼くも妖艶な雰囲気が漂っており、まさに小悪魔。
イメージとしてはRPGの「魔界戦記ディスガイア」に出てくるエトナみたいな感じですね。
罵られたい。踏まれたい。そんな劣情を催しかねない魅力がありますよ。

で、楽曲の面についてもハイクオリティで、文句ナシです。
おそらく全部打ち込みで、派手さや大仰さは控えめですが、チープさは全くなく、
曲調も多様で、とにかく丁寧に作られているのが分かります。
ボーカルや台詞を巧みに盛り上げる、見事なアシスト。ジャケットの絵が可愛いのもグッド。
歌詞カードがやや見にくいことだけがちょっとアレなんですが、こりゃあ名盤だと思いますよ。
SHや少女病の雰囲気が苦手な人でもこれなら楽しめるって人は相当数いるんじゃないでしょうか。


<お気に入り曲>
・Mirror Fantasia
白雪姫が元ネタで、歌い手は中恵光城さん。力強い歌唱が女王役に恐ろしくハマっています。
魔法の鏡役のさかとさんも胡散臭くていい味出してます。
中盤以降の盛り上がりがたまらんです。

・Halloween Parade
まめこさん無双。
「だぁ~れでも知っているその夜の伝説!」って台詞を聞きたいがために
ヘビロテしまくりました。

・Evil's Epilogue
プロローグと同じフレーズの曲ですが、登場人物みんなで歌っているのがとても楽しそうで、
ララララーラーあーくむの歌ーって一緒になって歌いたくなりますね。素晴らしい締め方です。
ごちそうさまでした!
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。