同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Wayfarers / schwarzwald

Wayfarers
(2010/11)
schwarzwald

公式サイト

◆分類
東方インストアレンジ
エレクトロニカ

schwarzwaldの6thアルバム。
この作品はschwarzwaldの中でも最もキャッチーな部類に当たると思います。
インストオンリーのコンセプト作品ってのは、どうしても想像力に任せる比率が
大きくなっちゃうから、頭でっかちな私にはなかなか辛いところなんですが、
今作はブックレットに小説がついているためわかりやすい。
それに「秘封倶楽部」という明確なテーマが存在しているため、
それらを取っ掛かりに音から場面を想像しやすいのがうれしいところです。

もちろん、schwarzwald特有の奥深い音作りと、ジャンルに囚われない自由な作風は健在。
ローカル線の旅情味あふれる田舎風景から、月面宇宙のカフェテラスに至るまで、
さまざまな場面を想起させてくれる楽曲群にはただただ感服あるのみです。
秘封倶楽部という題材は、いわば現実と幻想の渡し船。
彼女らを媒介にして、ありふれた現実世界の風景から、ありえない幻想世界の光景へと
聴き手をすっ飛ばしてくれるのです。まさに音が紡ぐセンス・オブ・ワンダー。
楽章が切り替わるところのあの快感は、他の作品ではちょっと味わえないでしょう。

「このM3-2011春CDがすごい!」ではschwarzwaldの新譜を挙げる声が多く、
ファンとしてはかなり嬉しかったんですが、この作品も新譜と同じくらいオススメ。
小説の文体とか会話も、本家チックな衒学趣味ととぼけたセリフの応酬で
非常に魅力的だし、東方アレンジがいけるなら是非聴いてみてほしいです。

◆曲の感想
01-Wayfarers
電車のSEにはじまり、アコギの音が旅情感を演出する。
だけどそこにschwarzwald特有の深みのある音作りとしっとりしたピアノの伴奏が
加わることで、ほんのりと幻想的な雰囲気がただよってくるのが良いですね。

04-Spirited away
ここまでの曲とは一転、不穏な空気が場を支配する。
それまでほんのり見えていた幻想がはっきりと顔を出す。
1分ちょっとの小曲ではあるけど、小曲であることに意味があるんでしょう。
ほんの一瞬だけ、でも確実に眼前に姿を見せた非現実。

06-Astronomical observation
ここで話が切り替わるんですが、それに伴うアレンジの切り替えが見事。
もうね、しょっぱなの「ギャッ、ギャッ、ギャッ!」ってギターの3音だけで
頭の中の田園風景が一気にリセットされる。この快感はすごいよ。
前曲までのローテンポとは一転、歪んだエレキとうねるベース、
ノリのいいピアノがアップテンポに踊る現代的なアレンジ。音の質感は
ポストロックというよりシューゲイザーっぽい雰囲気だ。
コンセプト最重視、ジャンルに囚われないschwarzwaldの真髄がここにあります。

11-Galactic railroad
これも場面転換の曲だけど・・・いや、すげえわ。
部室内の、どこかこもったような雰囲気のあった第二楽章の流れを吹き飛ばす
Tutti Soundのごときドラマティックなオーケストラアレンジ。
室内から壁も大気圏も突き抜けて一気に宇宙空間まで放り出されるような浮遊感。爽快感。
ほんと6曲目と11曲目は何度聴いても震えます。
少なくとも同人音楽ではこんな芸当ができるのはschwarzwaldだけでしょう。

12-Terminal station
ワルツのようなオシャレなピアノが目立つアレンジ。
バックでガヤガヤ言ってる群衆のエフェクトがすごく雰囲気出てる。
あとこの曲に限ったことじゃないけど、今作の木琴っぽい
ぽろんぽろん言ってる音が大好きです。ちょっとぼやけた感じが幻想的でいいんだ。

13-Folklore III
この第三楽章はお話的にも音的にもほんとにフリーダムだなー。
ゲームボーイ音源のようなピコピコ音とサイバーなシンセが目立つSFっぽい雰囲気の曲。
テンポが落ちて転調するところが大好きです。未来的なアレンジなのに
ほんのりノスタルジーを感じさせてくれる。いやはや素晴らしいです。
スポンサーサイト

[同人音楽感想] celestial aquarium / schwarzwald

celestial aquarium
(2010/10)
schwarzwald

公式サイト

トラックリスト
01-雪宵
02-ピアノと婦人
03-落ちないリンゴの寓話
04-水境
05-鳥雲になる時
06-無辺なる風景
07-天球のアクアリウム

schwarzwaldの5thアルバム。オリジナルインストです。
ここの作品は前作の東方アレンジから入ったので、
オリジナル音源を聴くのは今作が初です。
基本路線は前作同様のダウナー気味のエレクトロニカ・アンビエント。
2、3、7曲目なんかはピアノや管弦のキャッチーな調べが聴けるのですが、
6曲目のような、ノイズミュージックめいた曲もあったりするので、
前作以上に人を選ぶ作風かもしれません。

本作は、音の響きが非常に独特です。
半透明の薄い膜を隔てて世界を覗き込んでいるような、
どこか屈折した、ぼやっとした音作りが全編に渡って施されています。
幻想的は幻想的でも、昨今のいわゆる「ファンタジー」な世界観とは異なる、
ひと昔前の幻想文学を読んでるときに覚えるような、不安感、浮遊感。
うまく伝えられないのですが…まあとにかく、一風変わった音だと思います。

いやー、BMS出身の方々がつくる音楽はやっぱり面白いです。
イメージを喚起させられる音というか、いつもは使わない脳の部分を
フル回転させられる感覚があって、毎度驚かされます。
それゆえ感想という形で文章におこすのはなかなかに難儀で、
この感動を上手く伝えられないのがもどかしいです。
うーん、もっと精進せねば。

◆曲の感想
01-雪宵
ごぅぅぅぅんという音が場を支配する、まるで深海にいるような奇妙な雰囲気。
所々でピアノや弦楽器が憂いのこもったメロディを奏でてくれるのがいいですね。

02-ピアノと婦人
ピアノにあわせて貴婦人が優雅にダンスをしているような気品のある曲。
しかしダウナーな雰囲気と、霧がかったような音の感触からは
何ともいえない幻想感が漂っています。

03-落ちないリンゴの寓話
何故かえらく陽気なサウンドですが…こういうの前作にもありましたね。
全体的に鬱っぽいこの作品にこんな音が投下されても却って不気味だ。

04-水境
この曲はなんかアレですね、「ひぐらし」の怖いシーンの曲みたいな感じ。
異世界をこっそり覗いていたら、異形の怪物とふと目が合ってしまったような緊張感。

06-無辺なる風景
無造作に楽器を叩く音と群集のざわめきと祈祷師の儀式めいた呪詛が響き渡る。
ノイズというかカオスですな。時折ミッキーマウスマーチを歪めたような
メロディが聴こえるのが何とも不気味。今までフィルターを通して覗いていた
幻想世界は実はこんな有様でしたー的な感じなのかもしれません。

07-天球のアクアリウム
映画とかゲームのエンディングみたいな壮大な曲。
儚げなメロディも美しいし、管弦の響きが何とも幻想的。これは好きな曲ですねー。

[同人音楽感想] Alice in Wonderland / schwarzwald

Alice in Wonderland
(2010/03)
schwarzwald

公式サイト

トラックリスト
01-Alice in wonderland
02-Lingering onward dreamily
03-Into the rabbit-hole
04-Cheshire cat
05-Ever drifting
06-solitary girl
07-Sphere phantasm
08-Through the looking-glass
09-Queen Alice
10-Alice's adventures in wonderland

BMS作者として知られるAmoさんによる東方インストアレンジアルバム。
ピアノやオルゴール風の音をメインにしたアンビエント系の作風ですが、
雰囲気はかなりダウナーで、かつストーリー性が強いため聴く人を選びそう。
また基本はアンビエントながら、音ゲー的なアゲアゲのトラックがあったり
オーケストラ風のトラックがあったりと、わりとフリーダムなところがあるのも
面白い点であり、これまた人を選びそうな点でもありますね。
同じ東方アレンジだとBITPLANEとかfromadistanceあたりの作品が好みの人は
ツボにはまりやすいでしょう。音作りのクオリティもそれらのサークルに
決してひけをとっていないし、作品の完成度も高いと思います。

さて本作はタイトルの通り、「不思議の国のアリス」をモチーフにした作品です。
東方アレンジではありますが、馴染みの薄い旧作曲がメインであることや、
上記のようなアレンジの方向性のために、東方っぽさはかなり薄まっています。
「東方アレンジ」というよりも、東方が持っている「アリス」成分を抽出して作った
「不思議の国のアリスのイメージアルバム」って捉え方が一番しっくり来るかなあ。
東方とアリスって世界観が似てる面もあるし、そのまんまパロってる
面や曲(怪奇談EX)もあるしで、共通項が多いからやっぱ相性がいいんでしょうね。

「○○風アレンジ!」ってな文句で東方曲に別作品の要素を混合した作品はよく見ますが、
本作のように東方曲が元々持っている別作品の要素を抽出した作品は極めてレアで、
ひょっとすると東方アレンジ界隈通して初の試みなんじゃないだろうかという気もします。
東方自体が元ネタの塊みたいな作品だからこそこういうアプローチができるわけで、
そこに着眼した本作のセンスの良さはすげえと思います。しかし実は私はあんまり
「アリス」のストーリーを把握しておらず、そのため本作の内容に関しても正直
よく分からなかったので、良い作品だと感心しつつもあまり嵌まれなかったのが無念です。

そんなわけで現時点でこの作品の感想を書くかどうかかなり迷ったんですが、
まあ今後アリスを読んであらためてこの作品を咀嚼し、その上で新たに感じるものがあれば
追記としてコッソリ加えておこうと、そう思って現時点での感想をひとまず書いておきました。
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。