同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 狂聲メリディエ / 少女病

狂聲メリディエ
(2015/08)
少女病

公式サイト


少女病の2ndメジャーアルバム。
1stの『残響レギオン』から4年半、直近アルバムの『創傷クロスライン』からは3年という、
長い空白期間を経てのリリースだっただけに、前評判も不安半分期待半分、
リリース後の評価も賛否両論はっきり分かれた作品だったように思います。
正直なところ、私も第一印象はあんまり良くなかったですね。
「廃園イデア」の引きが最高だっただけに、どうにも肩透かし感があって。

ただまあ、これは断言しますけど、今作は考察が面白いです。
間違いなく少女病で一番面白い。
少女病作品の魅力のひとつに「シンプルで分かりやすい悪辣なストーリー」
というのがありますが、その「悪辣さ」が今までよりも多層的に描かれているのがポイント。
歌詞を一読しただけでは見えなかった部分が、聴き込み読み込みを進めるうちに
だんだん見えてくるようになる快感……まさに私が好きなタイプの作品です。

ほんとは考察記事を上げるつもりだったんですが、たらたら説明を書いてると
どうしても野暮ったくなってしまうので断念しました。
いちおう、方向性としては「メリクルベルの目的と思考」を中心にして
「自作自演説」「クレイジーサイコレズ説」「語り手黒幕説」「神への反逆説」
という4つの解釈を立てて云々、というのを書いてたんですけどね。
考察とは言いがたい妄想・願望レベルの内容も多かったのでお蔵入りです。
二次創作のネタとしては面白いと思うので、私にその能力があれば書いたんですけど。

まあ、とにかく色々な解釈ができて楽しい作品であることは間違いないです。
「不完全犯罪依存」「観客」「世界像」「偽幸者」「リンゴ」あたりのワードが
何を意味し、誰を対象としているのか……それを考えるだけでも楽しい。
中心にいるのはやっぱりメリクルベルで、彼女はなかなか奥ゆかしい人物ですよ。
言動は清々しいまでにヒールですが、「そのように振る舞っているだけ」と考えると、
途端に愛おしさが湧いてきますからね。
捉えようによっては最後の「多分、ね」や高笑いが全く別の意味に聞こえるようになるわけで。

スルメ盤という言葉がありますが、今作はまさにそれ。
解釈を重ねるごとに曲自体の印象もどんどん良くなっていくという。
これを全部計算ずくで作っていたら相当凄いと思うんですが、
正直それは微妙かなーという気もします。偶然の産物のような気が。
とはいえ新作も良かったですし、下火傾向の物語音楽を牽引する存在として
少女病には今後も気を吐いてもらいたいですね。


以下は曲の感想です。


01-不完全犯罪依存症

良くも悪くも今作を象徴するような曲。
最初聴いたときはいきなり五魔女会談なるものが始まりポカーンとなるけど
歌詞が馴染んでくると後半からの加速感が気持ちよくなってくる。
物語と書いてわざわざ<ストーリア>と読ませる中二ぶり、最高ですよね。
あとケンカの仲裁をするアイリーン様が萌えキャラ。

考察においては、「第一の魔女」であるシスフェリアが「新参の魔女」なのが何気に重要。
魔女のナンバーは魔女に選ばれた順番でつけられているわけではなく、
物語の語り手が意図的に決めているということになりますからね。
「語り手黒幕説」はこのへんが取っかかりになってたり。
少女病作品の語り手は『偽典セクサリス』でキャラクターとして示されてるので、
単なるメタ解釈ではないですよ。いちおう。


06-Still Unforgiven

RD大先生がノリノリで歌詞書いてるのが伝わってくる曲。
「何度も何度も頭を振って~」のくだり、フィーナさんが髪振り乱してヘドバンしてる様子が
浮かんできてつい笑ってしまうという。

この曲もねー、メリクルベル(メイメイ)の悪意というよりは語り手の悪意が強いんですよね。
フィーナの物語を『告解エピグラム』としてパッケージにしてるからこそ
この話は救いようが無くなるわけで。そもそも「Still Unforgiven」というタイトル自体がアレだし。
もしかしたらフィーナの未来はホントにメイメイが示したとおりで
メイメイは親切で言ってやってるだけかもしれんのですよ。
どうもね、この作品全体がメリクルベルを悪役に仕立て上げようとしている気がして、
そういう薄気味悪さがあるから解釈という名のこじつけを色々考えたくなる。


08-偽りなき聲

RD大先生がノリノリで(略
最初聴いて思ったのは「あこれ『The beautiful world』だ」でしたね。
メリクルベル=八雲紫だし『狂聲メリディエ』は『辿/誘』だわーという凋叶棕信者らしい感想。

この曲で描かれているメリクルベルとメイメイの関係をどう解釈するかってのが
今作のストーリーのキモですね。メイメイがメリクルベル溺愛しまくってるのは伝わるが
メリクルベル→メイメイの気持ちはほとんど描かれてないのがポイントだったり。
双方向の百合か一方通行の百合か、という……ここで一方通行とした場合が
「クレイジーサイコレズ説」になります。もちろんメイメイがクレイジーサイコレズです。


09-狂聲ドミナシオン

テンション高い曲だけど会食シーンだからなこれ!?
飯食う場面なのにドコドコドラム鳴らして疾走するのが面白すぎる。


10-最終楽章:魔女と七人の美しい少女

歌詞の捉え方によって印象ががらりと変わる曲。
ミリリ視点ぽいけどメリクルベル視点でも成立する歌詞が面白いですよね。
偽幸者、ショーケース、観客、毒リンゴ、世界像……このあたりのワードの多重性がたまらんのです。
そして最後の台詞と高笑い……あの笑いは誰に対する笑いなんでしょうねえ?
スポンサーサイト

【感想】 天巡メルクマール / 少女病

天巡メルクマール
(2016/07)
少女病

公式サイト


はい、みんな大好きガールズディズィーズさんですね。つい先日に発売した新作シングルです。

第4の魔女の物語……とのことなんですが、「え、もう??」というのが
新譜情報見たときの率直な感想でしたね。第3の魔女のときはさんざん待たされましたし、
こんなに早く新譜が出るとはまったく思ってなかったので。
嬉しいといえば嬉しいのですが、ストーリーの補完をノベライズ任せにしていたり、
公式サイトの書きっぷりがさっさと話畳んじゃおう感満載だったりと、
正直これはあまり期待しない方がいいのかなと発売前は警戒してました。

ただまあ、やっぱり音楽というやつは実際に聴いてみないと分からないものですね。
今作、かなり良い出来です。歴代作品のなかでも上位に来るんじゃないかな。
特に、少女病を知らない人に入門用として勧めるなら最高の作品だと思います。
短い中に少女病のエッセンスがまとまってるし、話も綺麗に完結しているし。
過去作の予備知識がほとんど必要無いのも大きいですね。
「少女病って気になってるけど沢山あってどれから聴けばいいの~?」って人がいたら、
私は絶対に今作を勧めます。今までなら『残響レギオン』を勧めましたけどね。
レギオンは終盤が気持ちいいけど中だるみするし、特に説明なくルクセイン君が出てくるので。
取っつきやすさなら圧倒的にこちらが上でしょう。

では、具体的にどういった点が優れているか。1曲ずつ見ていきましょう。


01 黒紫のオーンブレ

少女病の1曲目らしい、ストリングス・クワイアを交えた重厚編成の疾走シンフォニックロックチューン。
これね、私は今までで最高の1曲目だと思うんですよ。
少女病の1曲目って派手だけど、物語の概要説明みたいな内容が多いせいか
どこかインパクトに欠ける曲ばかりだったんですが、ついにやってくれましたね。

ブックレットに、黒紫の影が被っていて歌詞が読めない部分があるんですけど、
開始1分、この部分に差し掛かったところで静かだった曲調が突然変わり、
激しいバンドサウンドとMitsukiさんのパワフルな早口歌唱が雪崩れ込んでくる。
この演出が最高なんですよね!まさに「第4の魔女ここにあり」って感じで。
この曲は詞・曲ともに凋叶棕のRDさんが手がけてるわけですが、実に彼らしいやり方です。
数作前からRDさんが一部の歌詞も担当するようになり、なにぶん癖が強いので
少女病ファンからは賛否両論のようですが、こういう詞・曲・デザインが一体となった
表現ができるようになったのは大きいですね。

それ以外の部分についても所々に緩急・静動・拍子の変化などを交えつつ
サビはかっこよく疾走し、申し分のない出来映えです。
3分10秒あたりの弦パートの不穏な調べとか実に少女病って感じだし、
クワイアがところどころで「リフリディア!」って言ってるのも魔女賛歌って感じで良い。
あと、今作は時系列が2→3→1曲目となっているので、3曲目を聴くと1曲目に戻りたくなって
そのままついつい何周もリピートしちゃうんですよね。

今までモヤモヤを感じていた1曲目の印象を一気に吹き飛ばしてくれた
まさにキラーチューンと呼んで差し支えない楽曲です。
個人的には「終幕症候群」「Rusty red」に匹敵するかそれ以上の会心の一曲でした。


02 双生プロヴィデンス

まーた双子か!!と言いたくなること請け合いの一曲。
少女病の中の人双子好きすぎでしょと思うけどまあ双子が嫌いなオタクはいないから……。
この曲はバラードとしてもお話としてもよくある感じのやつなので、あんまり言うことないですね。
1と3が疾走曲なので箸休めとしての役割が大きいと思います。バランスという点では必要不可欠。
メロディはなかなか良いし、声優さんも好みの声質なので聴き疲れしないのが魅力。


03 天巡:終わりにしてその始まり

まーた終わりの始まりか!!と言いた(略
疾走曲でも1曲目とはタイプが異なるのが良いですね。バンドサウンド中心のシンプル編成で、
かっこよさや仰々しさよりも、悲壮な決意や祈りを表に出したエモい楽曲に仕上がっています。
サビメロが非常にキャッチーで歌詞も覚えやすく、脳内リピートが捗る捗る。
「天よ聴け」って歌詞が繰り返されるのがポイントですが、私大好物なんですよね~、
天とか、世界とか、神様とかに向けて恨み節ぶつけるの。
こういうどうしようもない無念をバンバン生産してくれるから少女病って大好きよ。

作曲はピクセルビーさんで、私はRDさんの曲のほうが好みなことが多いんですが、
こういうエモい曲ならやっぱりピクセルビーさんだなー。
これはこれで少女病らしい……少女病でしか聴けない曲じゃないかなと思いますね。


***

なんかこうやって書いてみると1曲目が飛び抜けてる感じになっちゃいましたが、
実際には3曲セットで聴いてナンボって印象です。少女病の作品ってあんまり通しで聴かないから、
シングルとはいえこういう聴き方ができるのは嬉しいことですね。
あとはアルバムでこういう作品が出ればなあ……今後に期待してもいいんでしょうか。

今後といえば、今回のストーリーは今後の展開にも深く関わるとかなんとか書いてましたね。
あんまり少女病のストーリーって覚えてないんですけど、『天巡メルクマール』ってタイトル自体が
重要な伏線っぽい感じはしますね。「天巡」がなにを指すかは色々考えられそうですが、
「セクサリスが目覚めて新たな世界が再生されること」だとすれば、
そのメルクマール(=指標・目印)となる今作は、セクサリス・サーガなる少女病物語の結末に
モロに関わってきそうな気がしますよね。
特にリフリディアは「生きて、生き続ける。――いつまでも。世界が終焉するその時まで」と
決意していますから、彼女の貪欲な生き様が世界の在り方に何か影響を与えるのかもしれません。

まあ、ノベライズもあるみたいだし、次作はいつ出るか全然予想もつかないので、
今後も少女病はのんびり追いかけていこうと思います。
ともかく、少なくとも今作は素晴らしい作品でした。
繰り返しになりますが、少女病の入口に迷ってるなら今作から入ることを強くおすすめします。

[少女病] 創傷クロスラインのこと

夏コミに参加された皆さん、お疲れ様でした。
私も今日さっそく日本橋を徘徊して目的物を回収してきましたぜ。
今回はレスポンスを早くしていきたいと思ってるので、まずは聴きたてほやほやの
創傷クロスラインの感想を書いておこうかなと。いわゆるファーストインプレッション。
ストーリーのネタバレしまくるので未聴の人はご注意を。

とりあえず曲として一番気に入ったのは「感傷ロストライン」ですかねー。
終幕症候群、Rusty Red直系のRD-Sounds伝家の宝刀二段サビ、
相変わらずのどうしようもなくひどいストーリーにラストの叫び声まで実に甘美だ。
次点で「眠り姫と夢の空想儀」「運命旋律の共鳴する丘」「廃園イデア」あたり。
少女病は音楽的にはほぼ固まってる感はあるので大きなサプライズはなかったかな。
ただ「運命旋律の共鳴する丘」には過去の曲のモチーフがたくさん使われていて、
こういうのは面白いなーと。伏線が収束していくさまが音楽の上でも表現されており、
実に熱い演出です。今後はこの手の試みも増えてくるんじゃないかなー。

お話のほうは概ね予想通り・期待通りの流れだったのでこちらも満足です。
第3の魔女メリクルベルさんも相当に根性ひん曲がってそうで素敵ですね。
それもかなりの演出家だ。アイリーンさんもなかなかだったが、こいつは
更に手が込んでいる・・・つーか最近私らが熱いと思ってる「伏線の回収」さえ
メリクルベルさんのお遊びの一環なんじゃないですかね、これ。
「全てのラインはいつか一つに繋がって。その先にはどう足掻いても死しかない。」
いやー、ゾクゾクしますねー。次の作品(たぶん商業アルバム)はひどいことになるぞー。
とりあえず告解エピグラムのお話が好きな人は覚悟しておいたほうがいい。
あそこでフィーナさんが出てきた以上、エピグラム後に彼女が歩んだルートが結局
「無為の羽音が壊した明日」だった(魔女の手先に薬漬けにされて手篭めにされた)
可能性が非常に高いし、それどころか「告解エピグラム」自体が魔女さんによる
壮大な前フリだった可能性さえあるわけで。あの作品は希望のある形で結末を迎えたけど、
希望をちらつかせて突き落とす、ってのは嗜虐趣味の基本中の基本ですからね。
「道を間違えるな、って言ってもらったのに・・・」ってセリフはミリリのものだけど、
この流れだと過去にフィーナも同じことを言ってそうですよね。
「告解の館で導いてもらったのに、私、なんで・・・」って感じで。
二人が似た境遇だとすると、ミリリも同じ目に遭って薬漬け洗脳されるんじゃないかなー。
そんで次回は魔女の手先として登場、みたいな。いわゆる悪堕ち。
少女病の中の人はホンマ筋金入りのサディストやでぇ・・・

まあこんな感じで、創傷クロスライン良かったですね。
次作へのプロローグという趣向が強い以上、単体での出来はレギオンやメロフォビアには
敵わないかなと思うけどそれは仕方ない。そのぶん次への期待が湧いたというものです。
とりあえず今回で「今まで貯めた伏線を全部台無しにする伏線」が張られたので、
それなりの覚悟をもって次作に臨むべく聴き込んでいこうと思います。
ああ~実に楽しみです、色々な意味で!破滅の美学には誰も逆らえない・・・!

[C82] 少女病のこと

気がつけば前回更新からまた1ヶ月経っている・・・もう夏コミの季節ですね。
例によって私は通販組なのでろくにチェックとかもしてませんが、
とりあえず少女病は楽しみですね。今までで一番楽しみ。
アナスタシアちゃんが出てくるのは想定済みでしたがまさかルクセイン君が
この短期間にもう1回出てくるとは思ってなかったし、ジャケ右上にいる敵役っぽい人は
告解エピグラムに出てきてますね。彼女が第3の魔女なのかそれとも別にいるのか。

そういえばアナスタシア=フランチェスカっていう結構信憑性の高い説がありますが、
これが正しいとすればルクセイン君との絡みが気になりますねー。あいつレギオンで
てんで役立たずだったからね、なんとか面目躍如してアナスタシアちゃんを
救ってあげて欲しいですね。今回バッドエンド臭漂いまくってますけどね!

まあバッドエンドとは言っても、そろそろ冬あたりにメジャーアルバムを
出すつもりなんじゃねーかなーと踏んでいるので、そこに向けてのプロローグも
兼ねたストーリーになるんじゃないかなと思ってます。
これまでの傾向からしてたぶん第3の魔女の物語はメジャーでやるつもりだろうし。
既に試聴で出てますけど、最後の曲が疾走してるのって少女病では珍しいよね。
だからまあ「俺たちの戦いはこれからだ」エンドにならないかなーと。
ただのバッドエンドはもうおなかいっぱいなんです少女病の中の人様!

いやあ、それにしても、気が付けば私ずいぶん少女病にのめりこんでます。
わざわざ発売前にこんな妄想記事を書いてしまうのだから相当なものです。
昔は少女病なんかキャラの名前すら覚えられなかったのになー。
愛着って怖いものだなあと思いつつ、今(メジャーデビュー後)の少女病は
客観的に見ても昔に比べてずいぶん魅力的になったとも思います。
同人活動と商業活動をちゃんと使い分けてるし、シナリオの上でも
何がやりたいのか明確にビジョンが見える。追いかけがいがあるってもんです。

シスフェリアから始まる一連の魔女サーガは、人間対魔女の図式がよりはっきりと
浮かび上がってきました。この結末がどうなるか、じっくりと見届けて行きたいですね。
そしてその後、おそらくセクサリスの話に最後は戻ってくるんじゃないかなーと
なんとなく思ってるんですけど、まあ妄想はこんくらいに留めておいて。

とりあえず新作、本当に楽しみです。

[同人音楽感想] 聖骸メロフォビア / 少女病

聖骸メロフォビア
(2011/08)
少女病

公式サイト

◆分類
シンフォニックロック
物語音楽

少女病の同人としては多分5作目にあたるアルバム。
今回はお話がとても良かったです。「告解」の流れを踏まえて救済を描きつつ、
「告解」に比べて救いの対象が広がっているのがとても良い。
告解エピグラムが「一人の人間が救いを見出す物語」だったのに対し、
聖骸メロフォビアは「一人の人間が国を救う物語」なんですよね。
要するにカタリナ様マジ女神ということ。

いやほんと、カタリナ様の器の広さたるやまさに女神としか言いようがない。
アナスタシアのような悪役にも、6曲目のような酷い物語にも、
等しく救いを与えている彼女の存在は、今までの少女病では考えられなかった。
大抵こーいうキャラはヒドイ目に遭わされて絶望に突き落とされるパターンだったし。
告解以降、同人版の少女病には希望が満ちてて良い感じです。

また、悪役のアナスタシアさんも中々味のあるキャラ。
過去に魔女に虐げられたことを匂わせる台詞や歌詞が多々あって、
嫌でも「残響レギオン」のお話にイメージを重ねてしまう。
だからこの人、実のところ弱者であり被害者なので、
「背伸びして悪役やってる感じ」がなんとも可愛いらしい。
少女病のキャラにしては描写が少ないので、次のメジャーアルバムあたりに
聖骸パワーを引っ提げて再登場してくる可能性もあるかなー、と思ってます。

今回の物語の根幹をなす聖骸とメロフォビアの設定に関しては、
それら自体は非常に物語音楽らしくて面白いと思います。
ただ、少女病の音楽スタイルではこの設定を生かしきるのが
難しかったのかな、という印象。「こういう設定がある」って
言うだけじゃなくて、音やエピソードの中でそれらが伝わるような
描きかたをしてほしかったなあ、と。

面白いし、良い作品だとは思います。
だけど、もう少し練りこめばもっと面白く素晴らしい作品になったような
気がするんですよねえ。キャラや設定の下地が好みなだけに、
惜しいなあという気持ちが強い。思い切った変革をしないと、
「物語音楽」としてのこれ以上の発展は難しいのかなあと、
そこだけが少し気にかかりました。

◆曲の感想
01-忘我に揺れる孤高の花
えーっと、クワイアとストリングスとツインボーカル、疾走・・・いつもの1曲目ですね。
あんま声優は気にしないけど今回の声優さんの声は好きです。
たどたどしい語り口がカタリナのキャラに合ってて良い感じ。

03-Little Friend
良い話だし飛翔感のあるサビも好きなんですがクワイアにすごい違和感が。
この曲に果たしてそんな大仰さが必要なんでしょうか。うーん。

04-虚構歪曲リリシスト
この曲は犠牲になったのだ・・・6曲目の犠牲にな

05-Rusty Red
キラーチューン!RD-Soundsさんの手癖全開なサビメロがたまらんです!
「遺伝子がゼロから書き換えられた」っていう表現が大好きです。
こう、ちっぽけな存在が強大なチカラに塗りつぶされていく感じがたまらん。
少女病ってこういう曲に関しては天下一品ですよねほんと。

06-不確定蜃気楼は灰色の街の片隅で
で、でたぁー!少女病名物「最初から詰んでる話」!!
わざわざ少女病史上最長の13分をかけて最悪のバッドエンドを描きやがる。
おまけにせっかく良い話で終わってた4曲目を巻き込んでる。酷い!
でもやっぱり彼らはこういう話を描いてるほうがイキイキしてる気がする。
サビのとことかノリノリで愛の虚しさとか語ってて実に楽しそうだ。

08-ノットイコール
キラーチューン・・・なんだろうけど、場面がなあ。
へっぽこ悪役のアナスタシアちゃんと小物摂政が密談してるだけだしなあ。
曲だけ盛り上がってくれてもどーも話がそれについてきてないような。
3曲目もそうだけど、詞と音がマッチしてない曲が今回目立つような。

10-platonic colors
カタリナ様マジ女神すぎる。
「手をつなごう~」のところとかなんかもう後光が射してるよね。
まさに音楽に祝福された少女。
なんというかもう、信仰したくなるよね。
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。