同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] ツバサ天空儀 / トキノスキップ

ツバサ天空儀
(2010/05)
トキノスキップ

公式サイト

トラックリスト
01-開かれる音色
02-藍色の空
03-Qualia
04-銀夜想
05-ツバサ天空儀

トキノスキップの4thミニアルバム。1曲目以外はボーカル曲です。
笛やコーラスを使った3拍子の民族系音楽や昨今のアニソンに通じるような
ダンスビートの入ったポップスなど、曲調のバラエティはなかなか豊か。
アレンジは全体的にストリングスシンセが幅を利かせており、
メロディが非常にキャッチーなので、ゲーム音楽っぽい雰囲気が強いです。
この手の作品にしては曲調が明るめなのがいい感じですね。
特にポップチューンが志倉千代丸さんっぽくて好みかな。

このサークルの楽曲は、とにかくメロディが作りこまれており、
イントロから歌メロ、間奏、アウトロまで隅々までキャッチーさに満ちているのが
素晴らしいところです。しかもキャッチーではあるけどありふれた感じが
あまりせず、もうちょっと有名になれば○○節とか付けられそうな
独自性があるのがいいですね。メロディに支配力があり、
雑多な曲調でも力技で強引にまとめあげてしまう、そういうパワーがあります。

ただ、それゆえにボーカルさんが歌いにくそうというか、余裕がない感じが
するのがネックですかね。志方あきこさんのような浮世離れした雰囲気の
歌唱をされるのですが、どうにもメロディに振り回されてるような気がします。
こうした力感のある歌い方自体は私は好きなんですが、このメロディとぶつかると
やはりボーカルのほうが負けてしまっている印象があります。
上述したようにメロディ自体に曲を引っ張っていく力があるので、
ボーカルはもうちょっと自然体で歌っても問題ないんじゃないのかな?と思う。
それかメロディとぶつかっても負けない更なるパワーをつけるか。

いずれにせよ、編曲面においてはほとんど完成されている感があるので、
あとはボーカルとの折り合いをどう付けるか、でしょうか。
まあ、はっきり言ってこのメロディだけでもご飯3杯いけるレベルなので、
メロディ派の諸氏は是非聴いてみることをお勧めします。
今後の作品も期待です。フルアルバムとか来たら悶絶しちゃう!

◆曲の感想
02-藍色の空
笛やハープ、バイオリン等のアレンジが印象的な民族系の曲。
こういう曲は力感のあるボーカルが映えますねー。歌メロはもちろんキャッチーだし、
何より間奏パートのゲーム音楽っぽさがたまらない。ストリングスシンセが
打ち込みっぽいのがかえってプラスに働いてると思う。
ラストはコーラスも入ってきてなかなかにドラマティック。いい曲です。

03-Qualia
ダンスビートとアグレッシブなシンセアレンジが聴けるポップス。
千代丸さんとかElements Gardenあたりを彷彿とさせる曲調ですが、
メロディアスさにおいてもそれらに決して負けていない…いやそれ以上かも。
サビにおけるピアノのオブリの入れ方とか最高すぎる。
間奏もこれまたゲーム音楽っぽくて実にツボです。
2曲目と全然曲調が違うのに同じような聴き方ができるんですよね。
メロディの方向性が曲調が変わっても全くブレないのが素晴らしいです。

05-ツバサ天空儀
鳥の羽ばたくSEから始まるこれまたポップスですが、全体的にポジティブで
特に飛翔感のあるサビがたまらない!RPGの飛空挺の音楽みたいな間奏もステキ。
これもいい曲ですねー。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。