同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] 異郷音楽 / 星猫音楽

異郷音楽
(2010/05)
星猫音楽

公式サイト

トラックリスト
01-ラズ・マ・トゥエラ
02-古郷ウルタリカ
03-つきの森へ
04-戦人
05-古城 ~記憶~
06-久遠の蒼穹

神戸ようすけさんによる民族系音楽サークル、星猫音楽の2ndミニアルバム。
前作「古街音楽」同様…種々の民族楽器、ストリングス、ピアノなどを
用いた、癒し要素の強い音楽です。ただ、全体的に前作よりもメロディアスになり、
戦場をイメージしたようなアップテンポのアレンジを導入するなど、前作にはなかった
試みもいくつかあり、「古街」と「異郷」のモチーフの違いを感じられる作りに
なっています。個人的には本作のほうがよりゲーム音楽っぽくなってて好み。
聖剣伝説みたいなファンタジー世界観が聴いてて頭に浮かんできますねー。

今回のCDからは、なんか「時の流れ」みたいなのを強く感じますね。
ここで表現されている「異郷」は今ではもう無人の遺跡しか残ってなくて、
それを見つけた現代の人々が、壁面や道具に刻まれた過去の人々の痕跡を
見て、当時の暮らしや出来事を夢想している…不思議とそんな光景が浮かぶんです。
ファンタジーな世界も、ドラマチックなストーリーもぜんぶ、時の磨耗に逆らえず
風化していった…そんな無常さ、儚さが音楽に宿っていて、
またそれが聴いててすごく癒されるんですよ。
特に5曲目はその雰囲気がよく出ていてすごく気に入りました。

前作に比べるとボーカル曲もなくなり、ボリュームは減ってるんですが、
そのぶん星猫音楽さんのやりたいことやテーマ性がはっきり見えたような気がします。
アレンジはおそらく全部打ち込みだと思うんですが、全然打ち込みっぽい
チープさは感じないし、音質も良好。とにかく安心感、安定感がある。
前作同様、誰にでも薦められる作品です。今回、とらのあなの委託分の
売り切れがえらい早かったし、知名度は上がってきてるっぽいですね。
更なる飛躍を期待したいです。

◆曲の感想
02-古郷ウルタリカ
曲名も曲調もすごくRPGしてる感じの曲。スローテンポで色々な民族楽器が
キャッチーなメロディを奏でてくれます。そのまんまワイルドアームズや
聖剣伝説あたりに転用しても全然違和感なさそうだ。

04-戦人
戦場を思わせる勇壮なアレンジが施されたアップテンポな曲。
これは新境地ですね。この曲があることで、作品全体に起伏が生まれて、
色々な想像を浮かべることができる。緊張感がありながらもやはりどこか
儚げな雰囲気が漂っているのがいいですね。サンホラの「アーベルジュの戦い」みたいだ。
ちなみに読みは「いくさびと」らしいですが、私はつい「ばとら」と読んでしまいました。
どうみてもうみねこ厨です本当に(ry

05-古城 ~記憶~
この曲は星猫音楽のこれまでの曲のなかでも出色の出来だと思います。
7分という長い時間をかけてゆっくりと、色々な展開が聴ける曲なんですが、
同じメロディや同じ展開が出てこないんですよね。時間の流れのような
一方通行さ。異郷にひっそりと佇む古城の記憶をそのまま映写したような音楽です。
特に終盤で聞けるメロディは中々に劇的で儚くて、ぐっと来るものがありますね。
スポンサーサイト

[同人音楽感想] 古街音楽 /星猫音楽

古街音楽
(2009/11)
星猫音楽

公式サイト

トラックリスト
01-はじまりの音
02-橋の向こうの街
03-路地裏の猫
04-水車小屋の少年
05-VOYAGE ~いつか空の海を渡り~
06-夜のクオリア
07-古街 - Furumachi -
08-星猫のヴァイオリン

神戸ようすけさんの個人サークル、星猫音楽の1stオリジナルアルバム。
同人音楽の中では比較的ポピュラーである、民族音楽風の曲を集めたCDですね。
笛や弦楽器などを使ったヒーリング系の曲が並ぶ、
まったりしっとり聴き入れるタイプの作品です。

本作には「古い街並みのイメージ」というコンセプトがついていて、
日常性や土着性、あるいは歴史性などを感じることのできる曲が多いのが特徴です。
イメージとしては「幻想水滸伝」や「クロノクロス」「ワイルドアームズ」
あたりの国産RPGの村や街のBGMに近いかな?
そこまでキャッチーではないけれど、雰囲気はそれっぽい。
FF7の「コスモキャニオン」の曲とか、そういうのが好きな人はツボにはまるかと。

また本作は、アルバムの進行につれて微妙に雰囲気が変わっていくのも特徴です。
アルバムの前半は和やかな雰囲気で、それこそRPGの序盤の村みたいな平和さ。
しかし後半に移るにつれ、シリアスな、儚さを帯びた曲調にシフトしていきます。
「古代の因習を現代まで守り続ける民族がひっそりと住まう集落」みたいな、
RPGの終盤チックな雰囲気が出ていてほんのりとストーリー性を感じなくもないですね。

特にボーカル入りの曲である5曲目の「VOYAGE ~いつか空の海を渡り~」や、
7曲目の「古街 - Furumachi -」は神秘的なコーラスが実に印象的で好みです。
声質やコーラスの重ね方は霜月はるかさんっぽくて、彼女ほど芯が通ってはいないですが、
そのぶん繊細さがあって、儚い雰囲気の曲調にマッチしています。
KANOという方のようですが、どうやら神戸ようすけさんの別名義らしい。
となるとこの人、作詞作曲歌唱イラスト、作品のすべてを一人でこなしていることになりますが…
いやはや、世の中には多才な人もいるもんですねー。
ラストの「星猫のヴァイオリン」みたいなクラシックっぽい曲調もお手の物って感じだし、
まだまだたくさん引き出しを持ってそうです。

どうやら今回のM3でも新譜が頒布される予定らしい。
ケルティック分が増量してよりキャッチーになってるかんじですね。
正直「もうちょいキャッチーだったらいいなー」って思っていただけに、かなり期待しています。
いやー今回のM3も楽しみですね!ワクテカがとまんない!
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。