同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[考察もどき] historie / fromadistance

historie
(2010/08)
fromadistance

公式サイト

◆分類
東方インストアレンジ
実験音楽

fromadistanceの2ndアルバム。
「歴史とは何か」をテーマとした作品で、前作同様、考察要素を含んでいます。
もちろん難しいことを考えずとも、重厚で神秘的な、「いかにも歴史っぽい」音作りに
耳を傾けるだけでも十分楽しめる作品です。しかし、作者であるspctrmさんは
制作にあたって膨大な設定資料を用意したと聞きますし、作者の思惑を考えながら
触れてみるとまた違った面白さが見えてくる作品だと思います。
そこで、私が考えたことを少しばかり書いてみます。今更感がありますが・・・。

まず、今作の頒布前、ジャケットとトラックリストが公開されたとき
私はひとつ気にかかったことがありました。
・・・諏訪子のジャケットなのに、諏訪子の曲がない
ジャケットにでかでかと描かれている「かっこいい諏訪子」
後ろの壁画らしきものには蛇と蛙が相対する様子が描かれ、
諏訪子の腕には鉄の輪、それに絡みつくツタのようなもの・・・
ここまでモチーフを重ねられれば、誰だって「諏訪大戦」を連想するでしょう。
なのに一番のキモであるはずの諏訪子の楽曲がないというのは奇妙な話です。

もっともこの疑問は購入後に氷解することとなりました。
諏訪子の曲・・・「ネイティブフェイス」のアレンジはボーナストラックとして
アルバムの最後に収録されていたのです。
しかし、これはこれで新たな疑問が湧いてきます。
「何故ボーナストラックに追いやられてるのか?」
タイトルも存在しないこの楽曲にどんな意図があるのでしょうか。

その答えは、やはり今作のテーマ・・・「歴史とは何か」にあるのでしょう。
これに関して、公式サイトでは以下のような文章が引用されています。

My first answer therefore to the question, What is history?,
is that it is a continuous process of interaction between the historian and
his facts, an unending dialogue between the present and the past.
               - Edward Hallett Carr (what is history?, 1961)


「歴史は現在と過去との対話である」
有名な言葉のようで、歴史学の入門書なんかを見てみると、「歴史」の定義について、
大体冒頭にこういう内容が書かれています。どういう意味かと言うと、
歴史というのは現代の歴史家の解釈によって構築され続けるものであるから、
必ずしも「過去に起こった真実」をそのまま示すものではない、といった感じでしょうか。
こういう認識を持つことが、どうやら歴史学の基本みたいです。

しかし、この認識を東方の世界観に持ちこむとおかしなことになってしまいます。
なにせ、東方世界には千年単位で生きている妖怪やら神やらがゴロゴロしています。
神話や歴史の当事者が、何食わぬ顔で生きている世界です。
彼女らは、「過去に起こった真実」を体験から知っているのです。
つまり、諏訪大戦」という歴史にとって、諏訪子の存在はジョーカーなんです。
今作の「本編」が歴史家の解釈によってつくられた「諏訪大戦の歴史」だと仮定すると、
諏訪子の楽曲である「ネイティブフェイス」がボーナストラックに置かれているのも
納得がいくんですよね。だってそれは歴史ではなく「真実」なわけですから。
曲名が設定されていないのも当然といえば当然。歴史の中で名前をつけるのは、
いつだって後世の人間なんですから。真実に表題などありません。

さて、ここまでわりと断定的に書いてますが実のところ合ってる自信はあまりないです。
とはいえ、この解釈でいくと他にも色々なことを説明できてしまいます。
たとえばジャケットの「かっこいい諏訪子」。
実物はあんな能天気な感じなのに、この絵はカリスマが溢れまくってますね。かっこいい。
ではこの補正っぷりを「歴史家の解釈」が入っているもの、と考えるとどうでしょう。
なんせ諏訪子は神様ですから、そのイメージどおりに描くとこういう姿になりそうな
気がします。ジャケの中に執拗なまでに描きこまれた諏訪大戦のモチーフも、
「歴史家視点」による過剰な装飾、とみることができるかもしれません。

ここまで音についてほとんど言及していませんが、音についてもおそらく同様。
今作のアレンジは、一風変わった民族楽器を多様し、古来の儀式や祭事の風景を
思わせるような「いかにも歴史っぽい」音作りがされています。
そしてこの「いかにも歴史っぽい」音と対照的に描かれているのが
例のボーナストラック。ゆったりしたピアノアレンジで、水のせせらく音なんかも
聴こえてくる。長閑でまったりとした楽曲です。
この対照的な両者を、前述した「歴史と真実」の関係に参照させてみると・・・
なんとも切ないというか、寂しいというか、そんな気分になります。

なんか、こうやって考えてると、歴史と二次創作って似てるなあーって思います。
どっちも「原典」があって、それを第三者が解釈して、世界が少し歪められる。
いつしかその歪んだ世界も他の誰かに共有されて、どんどん世界が広がっていく。
元の事象はひとつなのに、解釈によって色々な表情を見せてくれる・・・
いやはや、どこまで狙ってつくられてるんでしょうね。

fromadistanceの作品は、ひたすらテーマに沿う形でつくられています。
原作も、アレンジも、絵も、選曲も、全てがテーマに結びつく。
音楽作品ではあるけれど、音楽ですらも何かを伝えるためのツールに過ぎない、という
印象を受けます。実を言うと私、音楽だけでみると今作はあまり好きじゃないです。
凄い、とは思うけど、ストライクゾーンからはかなり外れてる。
それでもこの作品は大好きです。つまりはそういうことなんでしょう。
「創作物」として好意が持てる。それが私にとってのfromadistanceです。
スポンサーサイト

[同人音楽感想] eureka /fromadistance

mid01eureka
(2009/12)
fromadistance

公式サイト

トラックリスト
01-avatar
02-apotheosis
03-still,calling
04-Aureole,again
05-kamunagara
06-ideal
07-Veda
08-a field of clouds
09-eureka

spctrmさんの個人サークル、fromadistanceのインストアルバム。東方アレンジです。
本作で行われている試みは、「原曲のフレーズを以って、原作を解釈する」というもので、
原曲のアレンジというよりも、原作のアレンジと言ったほうが伝わりやすいのかも。
こういった試みや、民族系楽器を多用する作風からは、
BITPLANEの「竹取物語」に近い雰囲気を感じ取れます。
ただ、両者は明らかに向けられているベクトルが違っていて、
「竹取物語」は、東方の持つ暗黒性…妖怪が生来有する不気味さの表現を目指したもので、
一方この「eureka」は、東方の持つ神秘性、荘厳さ、風景美といったものの表現を
目指したものである…そんなふうに私は解釈しました。

面白いと思ったのが、このアルバムのコンセプトの置き方です。
公式サイトには「一人の人物が見た幻想郷をイメージしています」と記述されています。
そしてこの人物とは、ジャケットやトラックリストからみて、東風谷早苗だと類推できます。
この「早苗視点」でアルバムが作られている、というのが個人的にツボなんです。
早苗というキャラクターは幻想郷の外からやって来た人物。つまり立ち位置としては
同じく幻想郷の外にいる「リスナー」に一番近いところにいる。
つまり捉えようによっては、「われわれが幻想郷を見たときに、どう感じるか」
「アタマの中で、どんなイメージが、どんな音楽が流れてくるか」
そういう、メタ的な要素を包含しているんじゃないか、と考えられるのです。

まあ、このあたりの解釈は、ほとんど私の妄想のようなもので、
たぶん作者さんの意図とは大きく外れているんだろうとは思いますが、
インストという制限された表現形態で、リスナーの想像力をここまで喚起できること自体が
この作品が半端なく完成度、自由度の高い作品であることを示している、と。
私はそれが言いたかっただけなんですよ。

さて、ここまで長々とコンセプトがどうのと書いてきましたが、
肝心の曲そのものについても書いておきます。あんまり技術的なことは分かりませんが…。
本作のアレンジは全編通して、民族系楽器を多用しています。
目をつぶって耳をすませば、幻想的で広大な風景がたちまち浮かんでくるような、
ゆったりと、しかしスケールの大きなアレンジとなっています。
あれこれ難しく考えなくても、ヒーリングミュージックとしてまったり聴くだけでも
十二分に世界観に浸れる、とても綺麗な音楽だと思います。
民族系アレンジ、ヒーリングアレンジ、或いはコンセプト色の強い作品を求める人に
おすすめします。聴きながら色々なことを考えられる、いい作品ですよ。


<お気に入り曲>
・Veda
「虎柄の毘沙門天」のアレンジです。原曲からしていかにもこういうアレンジが合いそうだと
思っていただけに、嬉しい選曲。しかも作品中で一番アグレッシブでカッコいい曲調とくると、
これはもうたまんないですね。
それにしても、アルバム中にたまに出てくる「きゅうういいーん」って音が鳴る楽器は
何なんでしょうか。あれの音色、すごく好きなんですが…。音色から楽器を辿るって難しい。
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。