同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] AVENGE / GET IN THE RING

AVENGE
(2011/03)
GET IN THE RING

公式サイト

◆分類
東方ボーカルアレンジ
ポップス

GET IN THE RINGの2ndアルバム。
1stアルバム「After Everlasting」にて高品質なポップスアレンジを
聴かせてくれたGET IN THE RING。今回も大量の原曲を1曲の中で違和感なく
調理し切るアレンジセンスは健在です。特に2曲目の「雪琥珀-snow amber-」は
前作の「ムーンダスト」で見せた独自路線のアプローチを更に進化させた
楽曲となっており、ボーカルアレンジ好きには是非聴いてみてもらいたい1曲です。

また、前作と比較すると曲調の幅がかなり広がっているのも特徴。
英語詩の大人びたアレンジ「Dive into Paradice」、
電波ソングっぽいキュートなアレンジ「ポワゾン」、
インダストリアルな味付けがされたダークなアレンジ「LIAR EMOTION」…
しかもどれも出来が良いんですよね。編曲者のGCHMさんも凄いけど
これらの楽曲を1人で華麗に歌いこなすボーカルのみぃさんが何より凄い。
前作では「普通にうまいなー」と思ってたみぃさんですが、
今作聴いて「めちゃうめえ!」に認識を改めました。歌い分け半端ないわ。

まあそんな感じで、GET IN THE RING、まだまだ底が見えませんね。
今作は悪く言えば雑多な作りなんですが、だからこそ色々な可能性が
想像できるというか、今後が楽しみになる作品だったと思います。
クオリティ的には既に人気老舗サークルと比べても全く引けを取らないので、
この調子でいけば来年くらいには大手サークルになってるかもしれませんね!

◆曲の感想
01-EXceed The Limit!
疾走感のあるアニソン系のアレンジですね。王道。
紅~星までのEX道中曲7曲が全部ぶちこまれているだけに
もう少しカオスなのを想像してましたが、基本はラストリモートで
他は味付け程度に留められており、案外普通かなー。
もうちょっとはっちゃけてもよかったのよ。

02-雪琥珀-snow amber-
本文でも触れましたが素晴らしいアレンジです。
「春の奏に」をベースに、「小さな小さな賢将」「魔界地方都市エソテリア」
「寅柄の毘沙門天」のフレーズをキャラクターの心情に合わせて
的確に配する…こういうアプローチ自体は「ムーンダスト」と同様ですが、
サビにおける歌メロの使い分けなど、完成度は更に上がってますね。
ピアノを基調とした透明感のある爽やかな音使いも歌詞によく合ってるし、
要所要所に東方のメインテーマを鳴らす演出も非常にニクい。
おまけに「白い蓮」って歌詞が出てくるところでこっそり感情の摩天楼の
フレーズを流してくるなどの細かい遊び心もあり、
楽曲の密度が他と比べて段違い。
欠点は、この曲があるために他の曲の存在感が薄くなってしまうこと。
このレベルをアルバム単位でキープしてくれたら凄いことになりそうですけどねえ。
スポンサーサイト

[同人音楽感想] After everlasting / GET IN THE RING

After everlasting
(2010/10)
GET IN THE RING

公式サイト

トラックリスト
01-ムーンダスト
02-LITTLE UMBRELLA
03-Miracle Locus
04-メルヘン
05-Imperishable Dreams
06-華散里
07~12-(Instrumental)
13-remains~Another side of moondust~

GET IN THE RINGの1st東方アレンジ。全曲女性ボーカルです。
ポップなシンセや軽めのギターサウンドを軸とした、アニソン系のアレンジですね。
ジャンル的にはSilver ForestとかSYNC' ARTSあたりに近く、
東方のボーカルものとしては比較的ポピュラーなアレンジかと思います。

とはいえ、本作はありきたり、と一言で片付けるような作品では決してありません。
なんせここのアレンジは、メロディの料理の仕方が非常に上手い。
1曲あたり2~5曲の原曲が使われており、それらを歌詞に合わせて的確に組み合わせ、
さらにそれぞれのメロディ自体も曲調に合うようにうまく改変されている。
結果としていわゆる「東方っぽさ」がいくぶん薄れているのですが、
それは原曲破壊というよりは、原曲洗練と言うべきものでしょう。

アニソンとか歌謡曲ってのは基本的にはメロディを楽しむものだと思ってます。
私もボーカルアレンジ黎明期は、そういったアレンジを楽しんでいたのですが、
やはりメロディの種類が少ないからか、やがて飽きてしまいました。
こういう人は私以外にも結構いるんじゃないかと思うんですが、
本作はむしろそういう人にこそ聴いてみてもらいたいです。
東方のメロディに飽きた人でも楽しめる、さまざまな工夫が凝らされていますよ。

しかしそれにしても、これが1stアルバムというのが何より驚き。
音質面、編曲面でも素人耳からは特に粗は見られないし、
2名の専任女性ボーカルも、ともに非常に歌が上手です。
ようするに単純に出来がいい。あれこれ難しいことを考えずとも、
ボーカルアレンジが好きなら買ってまず損はしないレベルの作品です。
いやはや、末恐ろしい。

◆曲の感想
01-ムーンダスト
妹紅視点から慧音への心情をうたった曲でしょうか。
歌詞の進行に合わせた原曲の使い方が非常に上手いです。
孤独に震える妹紅の境遇を歌うAメロには「エクステンドアッシュ」のメロディを。
そんな妹紅を温かく迎える慧音の存在を歌うBメロには「懐かしき東方の血」を。
そして二人の絆を歌うサビには「プレインエイジア」の歌メロに、
バックで同時に「月まで届け、不死の煙」のメロディを流すという粋な計らい。
キャラカップリング的な話には正直全く興味無いんですが、
ここまで徹底されてるとグッとくるものがありますね…。良いアレンジです。

02-LITTLE UMBRELLA
アニソン系の曲調だった前曲から一転、歌謡曲系のバラードですね。
小傘の曲は元々が歌謡系のメロディなのでうまく調和してます。
ボーカルは声質は可愛い系ですが、情感豊かで、しっとりした歌い方。
イメージとしてはいえろ~ぜぶらの藤宮ゆきさんに近いかな?

03-Miracle Locus
ノリのいいダンスビートにキレのあるストリングスアレンジ、
格好良さげな言葉を多様する歌詞、やたら混じる英単語。
畳み掛けるようなサビのメロディに、パワー系のボーカル。
極めつけは間奏のクラシカルなストリングス。
どこをどう切っても水樹奈々の曲にしか聴こえませんね!いいぞもっとやれ!

05-Imperishable Dreams
元気なギターが踊るロック寄りのアレンジですね。
これまた魔理沙のイメージに良く合っています。
イントロや間奏のロケットの発射音みたいなSEが好きです。
「星の器」のサビと「リーインカネーション」のBメロ、サビが融合した
サビメロが実にカオス。だがそれがいい!

06-華散里
はい来た砕月!もう砕月のアレンジというだけで良曲確定しちゃうくらい、
砕月のメロディは好きなんですよ。でもってこの曲だけはメロディを
弄らずにそのまま使ってくれるというね。ファン心理を良く分かってらっしゃる!
繋ぎのメロディに旧地獄街道や大江山を持ってくるあたりも良いセンス。
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。