同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] 明星標 / Karkan

明星標
(2010/08)
Karkan

公式サイト

トラックリスト
01-空をこの手に
02-満天の星空を見つめて
03-海神さまの星夜祭
04-時雨に霞む海境
05-春のおとしもの
06-明星クラリフィケイション
07-魔界イコノクラスト
08-星標
09-聖なる万物のフランジ
10-小さな忘れ傘のふしぎな物語

Karkanの4th東方アレンジアルバム。インストメインで、10曲目のみボーカル。
マルチジャンル・アレンジアルバムと銘打たれているだけあり、
トランス、民族系、プログレ、オーケストラ、ピアノバラード等
色々なタイプのアレンジが楽しめる一枚となっています。
派手さは控えめで、憂いのこもった渋めの曲調が特徴的です。

その中で目立っているのが民族系のアレンジ。
東方らしい似非和風チックな雰囲気をもった3、4曲目や
プログレッシブロックと民族音楽を複合させたような6、7曲目などは
独自色が強く、他では中々聴けないアレンジに仕上がっていると思います。

また、アルバムとしての流れもきっちりと計算されており、
マルチジャンルでありながらも、決して雑多にはさせないような配慮が伺えるのも良い所。
トランス→民族系→オーケストラ→プログレ→トランスと豪快に変遷していくにも関わらず、
通しで聴いてもまったく違和感なくすんなり聴けるのはすごい。
特に8曲目の「星標」はプログレ調の7曲目からサイバーなトランスである9曲目への
「繋ぎ」の曲として非常に良い仕事をしている実に職人気質な曲であり、
お気に入りの曲のひとつです。

マルチジャンルを銘打つ作品はそれなりに多いですが、
本作のように一本芯が通った、コンセプト色も同時に有した作品となると
私の知る限りではほとんどありません。
東方のインストアレンジはボーカルに押され気味で、新規のサークルも
あまり出てこない状況で、こうした良質なインストに出会えたのは嬉しい限り。
ぜひともこの作風は今後も続けて欲しいところですね!

◆曲の感想
03-海神さまの星夜祭
「キャプテン・ムラサ」のアレンジ。
ええと、主旋律を担ってる弦楽器が何なのか分からないのですがとりあえず和風っぽい。
笛のアレンジとか波の音とか、哀感のある雰囲気が出てていいですねー。

04-時雨に霞む海境
「幽霊客船の時空を越えた旅」のアレンジ。
こちらも和風っぽい…3曲目についても言える事ですが、
どこかロマンティックというかファンタジックというかそんな感じの雰囲気が出てて
純粋な和風じゃないのが面白い。そのほうが東方っぽいし。

05-春のおとしもの
「春の湊に」のアレンジ。
雰囲気変わってオーケストラアレンジです。ただし、笛のアレンジなど民族色も
残っているので、ガラっと色つきが変わったという感じはせず、違和感なく聴ける。
6、7曲目が盛り上がりどころなので、オープニング第二部的な役割もあるのかな?

06-明星クラリフィケイション
「虎柄の毘沙門天」のアレンジ。
ゆったりとした民族系のアレンジかな・・・と思いきや
中盤から突如ギターとシンセが掛け合いを始めプログレ的展開に!
これは熱い!

07-魔界イコノクラスト
「魔界地方都市エソテリア」のアレンジ。
これもプログレ+民族系っぽい感じ。それでも原曲の雰囲気は残ってる。
バックのお経みたいな声が怪しさ満点で最高だわ・・・。

08-星標
「法界の火」のアレンジ。
7曲目の怪しげな雰囲気を引き継ぎつつも、リズムは4つ打ちで、
次のトランスアレンジの引き継ぎも果たす職人曲。
それにしても「法界の火」という曲はすごいなー。
これほど繋ぎに適した曲はないんじゃないか。どんなアレンジをしても合うよね。

09-聖なる万物のフランジ
「感情の摩天楼」のアレンジ。
サイバーなトランスで、ゲスト投稿曲ということもあり、異質な雰囲気をもっています。
これまでの曲が地を這うような渋カッコイイタイプのアレンジだっただけに、
後半にこういう開放感のあるアレンジがあるのはいい流れだと思います。

10-小さな忘れ傘のふしぎな物語
「万年置き傘にご注意を」、「閉ざせし雲の通い路」のアレンジ。
ゆったりとしたピアノバラードです。締めがボーカルトラックってのも面白いですな。
それにしても、めらみぽっぷさんの歌は心に沁みますなあ・・・
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。