同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Rune Girl in My Mind / La Sonotasia

Rune Girl in My Mind
(2011/03)
La Sonotasia

公式サイト

◆分類
物語音楽
民族ポップ

La Sonotasiaの1stアルバム。
来ましたね、ついに来ましたよ東方×サンホラ!!
今までなかったのが不思議なくらいにありがちな組み合わせですが、
東方界隈では物語音楽とか民族ポップって何故か全然流行らないんですよね。
ゆえにこのLa Sonotasiaの出現は中々に衝撃的でした。
例大祭前の記事では最注目に挙げるほどの期待を寄せていましたが、
期待どおり・・・いや、期待以上の素晴らしい作品を作り上げてくれましたね。

何といっても、サンホラ直系のいわゆる「物語音楽」そのツボを
悉く押さえてくれているのが今作の魅力でしょう。
造語、語り、コーラスワーク、ページを捲る効果音、作中作構造、メタ要素、
母子の愛、魔女狩り、隠しページなどの諸々の要素が実にサンホラ的だし、
何より個人的に物語音楽に不可欠だと思っている「胡散臭さ」、
ないしは「虚構臭さ」が存分に漂っているのが素晴らしい。
東方メロディをそれっぽく料理するアレンジセンスも見事だし、
「Yield」みたいな雰囲気が好きな人には全力でオススメです。

また、今作は東方二次創作としても旨味のある内容となっています。
作中には、母子が「魔女狩り」に遭って村を追われる話の曲があります。
魔女狩りというと、サンホラ、クリクラ、六弦アリスなど
物語音楽要素のあるアーティストにはおなじみの題材ですが、
今作では「狩られ対象」として魔理沙を持ってきてるんですよね。
これってすごく面白い着眼点だと思うんですよ。

魔理沙というキャラクターには「人間の、普通の魔法使いである」
「人里離れたところに1人で暮らしている」という設定があります。
ここから妄想を膨らませていくと・・・
「人間なのに魔法が使える。普通じゃない存在」
「ゆえに迫害され、人里を追われてきた」
「ゆえに現在では、人里を離れ1人でひっそりと暮らしている」
こ~んなふうにも考えられるんですよね。

もちろんこれは都合の良い妄想であり、多分色々矛盾があると思います。
でもね、ちょっと考えてみてくださいよ。
あの勝気な魔理沙に、もしこんな後ろ暗い過去があったとしたら…?
「普通の魔法使い」という名には、実は痛烈な皮肉がこめられていたなら…?

ね、どうでしょう、なんだかワクワクしてきませんか?
私はね、このワクワク感こそが、二次創作の魅力だと思うんですよ。
「こんなはずはない、でもこうだったら面白い!」
御都合主義だろうがキャラ崩壊してようが、そこに面白さがあるなら
構わないだろうと私は思うし、この作品にはそれがあります。

いやー、非常に面白いサークルが出てきましたね。
ストーリーにしても考察の余地が広く、かなり深い懐を持った作品だと
思います。正直東方ファンに受けるかどうかは微妙なところですが、
オリジナルの物語音楽・民族ポップのファンでも琴線に触れるものは
必ずあると思うので、是非聴いてみて欲しいです。

◆曲の感想
02-探し物と小さな小さな少女のワルツ
決して見つからない探し物を探し続ける少女の話。
空色作戦の女性ボーカルの方がゲストとして参加していますが、
実に見事な人選ですね。感情を剥き出しにした歌い方に
ドラマティックな曲展開。切実さが前面に出ていてすごくいい。。

03-Star02~星空に踊る~
これは良いアレンジ!
恋色マスタースパークと星の器を巧みに混ぜ合わせて
ケルト感を出す編曲センスがまず素晴らしいし、
サビの輪唱めいたコーラス、ラストの造語によるコーラスも良い。
ストーリー的にも重要な曲で、ここをどう解釈するかで
話の内容が変わってきます。

04-迷心少女
さとりとこいしをモチーフにした話ですが、
うまく東方っぽさを消して寓話っぽく仕上げてますね。
曲のほうは、中盤のエコーがかかった語りのとこが大好きです。

05-Star03~落ちた空の果てへ~
ストーリーのクライマックスとなる曲だけに、
ロック調のドラマティックなアレンジに仕上がっています。
ボーカルが素晴らしいですね。バックに負けないように
声を張り上げてるのに、Rikkiさんのような母親らしい包容力がある。
後半の転調部分なんかは、これぞ物語音楽!って感じがしますね~。

06-繋いだ手と手
こちらは白蓮をモチーフにした話ですが、これもうまく
寓話っぽくアレンジされている。というか原曲行方不明系。
それにしてもこの編曲の胡散臭さ・虚構臭さな!素晴らしい!
ボーカルも上手いというより妖しさ・怪しさを前面に出した感じで
味がある。これもいいアレンジですね。

07-Star04~7つ目の前奏曲~
インスト。オルゴール、降りしきる雨の音、ラストに聴こえてくる
陽気な祭囃子のような音・・・何やら謎めいた雰囲気ですが、
隠しページの小説を読むとこれらの音が何を表しているかが判明します。
イイハナシダナー!
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。