同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Minstrel] あの日の蜃気楼のこと

今日も元気に新譜感想とまいりましょう。本日はこちら!ドン!



Minstrelの『あの日の蜃気楼』!
このサークルに関しては自分はもうその品質を信頼し切ってて今回も試聴せずにポーンと
買っちゃいましたね。買うときにとらのあなの店頭で綺麗なメタルバラードが流れてて、
で、それがこの作品に収録されてる「夢結び」で。お、今回もええなあと開封前から
確信できました。うん、今回も安心のMinstrel節よ。

音的にはそんなに変わってない、良くも悪くも安定感のあるメタリックエモコア(?)
みたいなやつで、相変わらずLIQU@さんの歌声は伸びやかで綺麗です。
編曲面でおっと思ったのはやっぱ5曲目ですかねえ。大仰なシンセとコーラスに
早口パート・・・ペロ、これは同人ゴシック!ええ、もちろん大好きですとも!
yuta-LIQU@コンビはやろうと思えば何でも出来る気がしますねえ。貫禄がある。

それと、今回は(今回もだけど)お話のほうも良かったですね。1、2作目のゆかゆゆの
流れを汲んで、今度は妖夢にスポットを当てたお話。ゆかゆゆが共有した時間というのを
妖夢は知らないわけで、そのもどかしさを「蜃気楼」という言葉で表現している・・・って
感じですかね。ジャケ絵において、妖夢は幽々子のほうをはっきり見ているのに、
幽々子のほうはどこか遠くを見ているようで焦点がはっきりしないのがいいですね。
この三人の関係は私も好きです。

そんなわけで、妖夢ちゃんにとっては今回は少し残酷な話だった気もするけど、
まわりの曲が彼女を励ますように配置されてるのがいいですね。
「星空プラネタリア」が再録されてるのはもちろん手抜きなんぞではなく、
プリズムリバーは「君」の対象を妖夢に変更して彼女の想いを運んでいる。
このへんは2作目のライナーノーツ(サイトに公開されてる)を見てみれば分かります。
それと最後の「感情スカイスクレイパー」ね。この曲でしっかりと前を向かせる
かたちで背中を押して作品を〆てる。キャラに対する優しさというか、愛着を感じますねえ。

Minstrelって「メタル的なかっこよさ」ばかりが話題になりがちな気がするんですけど、
実際はそれだけじゃなくて、歌詞の言葉選びのセンスとか、二次創作に対するポリシーとか、
視点を変えてみると色々な魅力が見えてくるサークルだと思うんですよね。
そういえば前作の感想って私書いてなかったですけど、あれなんかは二次創作として
超異色作と言ってもいい作品だし、このサークルは実はかなりの曲者ですよ。
というわけで、全国のミンストレラーの皆さんもそうじゃない皆さんも時々は歌詞カードを
手にとってにらめっこしながら聴いてみると、きっと気づくことがあるんじゃないかな!
スポンサーサイト

[同人音楽感想] 花に幽明夜に紫 / Minstrel

花に幽明夜に紫
(2010/08)
Minstrel

公式サイト

トラックリスト
01-夢色シンドローム
02-されど少女は風と踊る
03-蝶の羽風生に暫く
04-花に幽明夜に紫
05-D + D → T + p
06-月満つれば虧く
07-星空プラネタリア

Minstrelの2nd東方アレンジアルバム。
サークル代表のyutaさんによる、重みと疾走感を兼ね備えたメタル寄りのギタープレイと、
コブシの効いたパワフルな歌い方から繊細なファルセットまで何でもござれな
ゲストボーカルLIQU@。さんの変幻自在な歌唱をメインに据えたエモコアです。
7曲とボリュームは控えめですが、アレンジは結構色々な方面を向いており、
王道のエモコア系のものは当然として、キュートなガールズポップ系の曲や
カオティックハードコア的なダークでアグレッシブなアレンジ、
叙情的なバラードとかなり詰め込まれており、充分お腹一杯になれる密度の高さ。

そんな中でキラリと光るのがyutaさんとLIQU@。さんの器用さと相性の良さです。
明るい曲は軽快に弾き可愛く歌い、ダークな曲は重く速く弾き歌唱はパワフルに…と
アレンジの向きにきっちりアジャストしつつお互いの息もぴったり合っており、
アンバランスやミスマッチを感じる曲は一つとしてありません。
同人音楽を聴いてると、方向性は好みなのにアレンジ、演奏、ボーカルが
ミスマッチになっててちょっと残念だなあと思うことが多々あるんですが、
本作においてはそういう感想とは一切無縁。聴いてて妬ましくなってくるくらいに
相性が良く感じます。一体感があって、とても気持ちよく聴けるんですよね。

そんな感じで、前作も相当良かったんですが、今作の良さはそれを遥かに上回ります。
この大躍進はやっぱりボーカルの交代が大きいんじゃないでしょうか。
前作の3Lさんもめちゃくちゃ上手いボーカルさんではあるんですが、
結構可愛い感じの声質だからか、互いにちょっとだけ譲歩があったというか、
演奏や編曲に「合わせてる」ような印象だったんですよね。
一方、今作のLIQU@。さんはごく自然に「合ってる」って感じなんですよ。
声質自体もLIQU@。さんのほうがエモ向きだと思いますし。

もともとの演奏と歌唱が界隈屈指のレベルの上、息もぴったりだし、
バンドサウンドとしてはほとんど完成形にあるんじゃないでしょうか。
新進気鋭のサークルさんではありますが、同ジャンルのトップをひた走る
岸田教団とか、UNLIMITSとかにもクオリティ面で全然負けていないと思うし、
むしろ自分の好みだけで言えば今回のMinstrelが一番好みなくらいです。
次もボーカルは変わるんですかねー。個人的には、このまま変えずに
活動してもらいたいなーと思うんですが、どうなんでしょうねえ。

曲の感想
01-夢色シンドローム
ポップでキュートってな感じのガールズロックで、ボーカルも明るく可愛く歌ってます。
演奏もギターは控えめでキラキラしたシンセサウンドが目立ちます・・・が、
ギターソロもきっちりあるし、曲の終盤ではボーカルが綺麗で儚げなファルセットを
ばんばん披露してかなりドラマティック。1曲目にぴったりのいい曲です。

02-されど少女は風と踊る
ああ!これだ、こういうラストリモートのアレンジが聴きたかったんですよ!
原曲の疾走感、焦燥感を生かしたカオティックハードコア系のアグレッシブなアレンジで、
1曲目とは一転、重くて速いメタルに限りなく近いギターがたまらないですな。
そんでもってボーカルもパワフルな歌唱に切り替えており、曲調にばっちりはまってる。
終盤はやはりドラマティックで、サビフレーズを連発する畳み掛けるような展開がイイ!

03-蝶の羽風生に暫く
わりと珍しい、妖々夢のタイトル曲のアレンジです。
これまた2曲目とはうって変わって、ボーカルのエモーショナルな歌唱を生かした
叙情バラードとなっています。セルフコーラスを使ったサビの盛り上がり、
感情のこもりっぷりがすげーです。ほんとにいいボーカルさんだ!
ギターソロはCROW'SCLAWの鷹さんが担当しており、これまた叙情的でいい感じ!

04-花に幽明夜に紫
タイトルチューンだけあって湿った空気を持ちつつ疾走するストレートなエモコアです。
ボーカルのしゃくりあげるような歌唱がまた素晴らしいですねー。
何度も言いますがほんといいボーカルさんだ。
ラストのサビのバックで東方のメインテーマが鳴ってるのがツボ。
メインテーマのこういう使い方にほんと弱いんですよ。

05-D + D → T + p
2曲目と同じようなハードコア系のアレンジですが、こっちは演奏よりもボーカルが
前に出てる感じかな。パワフルで物物しい歌唱に惹かれます。
しつこいようですがほんとにいいボーカルさんですね。

06-月満つれば虧く
出た!東方曲で一番メタルアレンジが合うと一部で囁かれている懐かしき東方の血だ!
うん、この音楽性に合わないわけもなく、すばらしいアレンジになっています。
中盤からテンポが落ちて静かな雰囲気になるのも意外性があってよかったです。

07-星空プラネタリア
幽霊楽団のアレンジ。ミドルテンポのゆったりとさわやかなポップロックです。
ボーカルはichigoさんを思わせるエモーショナルな歌唱を披露。
まだ引き出しがあるとかほんとにいいボーカルさんだな!大事なことなので4回言いました。
最後のほうにトランペットがバックでプープー鳴ってるのも
原曲らしい賑やかさがあっていいですよね。
とても爽やかな気分でアルバムを聴き終えられる余韻のある1曲です。
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。