同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[考察・感想] Will the living corpse have dream of tomorrow? / 回路-kairo-

Will the living corpse have dream of tomorrow?
(2011/08)
回路-kairo-

公式サイト


回路作品には東方二次創作としての物語だけでなく回路自身の物語も組み込まれている
ことには、前作で何となく分かってたんだけど、それでも今作を初めて聴いた時には
戸惑いを感じました。作り自体はいつも通り1曲1キャラ形式になってるけど、
なんかキャラについて書かれてる感じがまるでしない。姿形と設定こそ
踏襲されているが、人格面をすっかり回路が乗っ取ってしまっている。
東方の二次創作が見たくてアレンジ聴いてる身としては、今作の扱いをどうしたもんかは
かなり迷うところだったけど、もう今回は割り切って考えちゃうことにします。
これは回路の物語である、と。

今回の物語の主たる内容は、蓬莱人と人間の比較です。
言いかえれば、無限と有限、永遠と一瞬の比較です。
そして比較の結果物語が肯定するものは人間であり、有限であり、瞬間であり、
生であり、動である。彼女らは一様に、永遠の静寂よりも一瞬の脈動を掴み取る。
この二者択一は前作のテーマ・・・「完全と不完全の境界」と非常に似通っています。
不完全の亡霊姫は完全を放棄し、永遠の蓬莱人は一瞬を重んじた。
ここまでは前作のおさらいです。今作の本当のテーマはこの先にある。

今回のテーマを考える際、キーとなるのは作品の構造そのもの。
前作にあった「境界線ブックレット」のような仕掛けは今作にも存在しています。
ブックレットの絵を繋げると円環になるアレですね。加えて最後の曲は最初の曲に
繋がっています。ループ。円環。永遠。この構造の中で、一瞬を選び取る物語は、
円環を描くことで永遠へと昇華されていく。この作品は永久機関。
一瞬の思い出を、刹那の記憶を永遠に繋ぎとめておくための装置なのです。

そしてここに回路の物語がある。彼らはバンドです。どれだけ良い音楽を作ろうと
現状は大学生のアマチュアバンド。社会に出てこの先ずっと活動できるかなんて
きっと本人たちにも分からないし、大体バンドなんて音楽性の違いだか何だかで
あっさりと瓦解してしまう。刹那的で儚い集まり。そしてこの作品です。
これはきっと、理解し合えるメンバーに、楽しんでもらえるリスナーたちに一瞬でも
出会えたことを祝福し、それを永遠に繋ぎとめておくための作品なんじゃないでしょうか。
例え彼らがいなくなっても記憶は残ります。思い出は残ります。作品は残ります。

・・・こういう考察は、きっと邪推になってしまうからあまりやりたくなかったけれど。
「三千世界」のラストの合唱。あれを聴かされてしまっては、私はこう考えることしか
できませんでした。サウンドはいつもよりシンプルでした。ボーカルはいつもより
優しげでした。まるで心臓の鼓動のように、終始4拍子で進行していました。
「今までで一番回路らしい作品になった」うろ覚えだけど、頒布前に作者が
こういうことを漏らしていたのを思い出します。
作品と作者を安易に結びつけてはいけない。作品鑑賞の鉄則です。
それを自覚した上で、それでもあえて言います。
やっぱり、これは回路の物語である、と。


◆番外編
続きを読む
スポンサーサイト

[同人音楽感想] And, I wake up under the cherry blossoms tonight. /回路-kairo-

And, I wake up under the cherry blossoms tonight.
(2011/03)
回路-kairo-

公式サイト

◆分類
東方ボーカルアレンジ
オルタナティブ / ポストロック

回路-kairo-の2ndフルアルバム。
東方アレンジ界隈では極めて異質な、ポストロック系のサウンドにより
独自解釈のコンセプト・アルバムを描き出す回路-kairo-の新譜です。
前作にはストレートなロックアレンジ曲も目立っていましたが、
今作ではより複雑な構成の楽曲が増えています。
アトモスフェリックなアレンジとノイジーなギターが緩急自在に絡み合い、
前作ではアクセント的な使われ方でしかなかった
スクリームボイスや語りといった技法も、今作ではあちこちで見られます。
それゆえ、キャッチーさでは前作に劣るものの、
アルバム全体で見た場合の作品の完成度は、
前作とは比較にならないほど向上しています。

さて、ここからはコンセプトについて述べていきます。
今作は妖々夢についてのお話です。
「西行妖が満開になった、その後の世界」で
それぞれのキャラクターたちがどう向き合うか、を描いたお話。
このお話が何を伝えようとしているかについては、
まず前提として「東方妖々夢」のお話について把握しておく必要があります。

「東方妖々夢」は、未完結の物語です。
もちろん、主人公サイドからしてみれば異変は解決するので、完結しているのですが、
幽々子サイドからすると、西行妖は結局満開にならず、幽々子が見たがった
「満開の先にあるもの」の正体は放置されたまま物語は終わってしまいます。
だから、未完結。物語としては中途半端で、不完全なんですよね。
そして、東方妖々夢に出てくるキャラクターたちもまた、
中途半端で、不完全な・・・「欠けている」要素をどこかに抱えています。
半人半霊、半分ずつの中途半端な庭師とか、
「生みの末妹」を欠いたまま騒ぎ続ける三姉妹とか、
冬にしか現れることのできない妖怪とか。
何かしら、完全でない。欠けているものがある。
これはつまり、物語の構造とキャラクターの設定が呼応しているということ。

だから、今作のお話…「西行妖が満開になったら」というのは、
「幽々子の物語が完結したら」とも言い換えることができます。
さらに先述した<物語構造とキャラ設定の呼応>を反映させると、
「物語を完結させる」ことは、それぞれのキャラクター達に対し、
「自分たちに『欠けているもの』と、真正面から向き合わせる」ことと同義となります。
原作内ではそんな後ろ暗い設定なぞ露知らず、飄々と振舞う東方キャラたち。
そんなキャラたちの首根っこをグイと掴んで、二次創作という一種の横暴によって
無意識に目を背けている「欠けているもの」に振り返らせる。
今作がやっているのは、そういうことです。たぶん。

そして、自分たちの欠点と本気で向き合った上で、
「ここは完全と不完全の境界線。あなたはどちらを愛するの?」と、
キャラクターたちに、聴き手に、そして何より回路自身に問いかけているのが
今作の趣旨・・・だと思います。

それを強く示唆しているのがブックレットです。
このブックレット、表紙と裏表紙あわせて一枚の絵になっていて、
またブックレットの中にも見開きの一枚の絵が描かれています。
これらをカードの裏表になるような形において、あらためてブックレットを見てみると、
歌詞が書いてあるページが、2枚の絵に挟まれるような構造をしているのが分かります。
この2枚の絵は、「妖々夢の世界」と「満開の世界」を示しているはず。
となれば、間に挟まれた歌詞…つまり作品の本体部分は、
2つの世界の「境界線」の中に存在している、と言えるわけですね。
このブックレットの構造、気づいたときは鳥肌が立つほど感動しました。
見れば見るほど美しい。気に留めてなかった人は是非見直してみてください。

そして、「完全と不完全、どちらの世界を選ぶか」の問いかけに、
幽々子は、そして回路は作中で答えを示しています。

私を殺して
殺して初めて知った
こんなに綺麗な
羽なんていらなかったんだ

私を殺して
殺して初めて知った
こんなに綺麗な
世界がここにあったんだ


自分を殺して・・・つまり、自分自身と向き合って、初めて知ったこと。
それは、「完全な世界(=綺麗な羽)」なんていらなくて、
帰りを待つ者がいる「不完全な世界」こそが、本当に綺麗な世界だったのだ、ということ。
この幽々子の下した決断は、そのまま回路自身にも当てはまるでしょう。
進んでアンダーグラウンドという、歪な世界に身を置きたがる
回路という日陰者集団。しかし、歪だからこそ・・・完璧でないからこその美しさが、
そこにはきっとあるはず。今作からは、そうした回路-kairo-の信念が伺えるのです。

回路-kairo-という集団は、自らを「セカイ系バンド」と名乗っています。
「セカイ」の中に、自分たちの「回路」を組み込んで、再構成する・・・
そんなプロセスで、今作や前作は組み上げられています。
作品そのものに、回路-kairo-の血脈がしっかりと宿っている。
コンセプトなんて気にせず、音楽だけを聴いてもたしかに楽しめます。
しかし、回路-kairo-が作品を通じて、何を伝えようとしているか。
これを考えながら聴くと、より深く楽しむことができるはずです。
セカイ系バンドの名は、伊達じゃあないのです。

◆曲の感想
01-舞い散る夢は
「アルティメットトゥルース」のアレンジ。
物語の導入部であり、原曲の疾走感を生かした今作では割合ストレートな楽曲です。
明るげに歌う556tさんの歌唱は珍しいですが、やはり上手いですね~。
中盤に出てくるスクリームボイスのパートなんかは、今作ならではの要素ですね。

02-遠い音に乗せて
「幽霊楽団」のアレンジ。
前作の「違うということ」もそうでしたが、回路作品は2曲目に
テーマを分かりやすく示す題材を入れてくれるのでありがたいですね。
アトモスフェリックなサウンドと重いギターサウンドが同時に奏でられ、
その間を縫うように歌が入る。これは「境界線」の表現でしょうか。
間奏の、段々ギターの音が激しくなっていくパートなんかは、
実に毛さんらしい、感情の動きのあるアレンジだと思います。

03-繋がる糸の様に
「人形裁判」「ブクレシュティの人形師」のアレンジ。
比較的アコースティックな、落ち着いた曲になっていますが、
歌詞はなかなかに曲者。
「アリスと人形」の関係とも、「神綺とアリス」の関係とも、
「原作と二次創作」の関係とも、「作者と作品」の関係とも取ることができる。
つまり、「人形師と人形」の類型構造はどこにでも存在し、
人形を操る側にいても、別の視点からは人形として操られている、という話でしょう。
メタ性を持つキャラクターとして設定されているアリス。
それをアリス自身が自覚したとき、彼女の自意識はどこに見出せるのでしょう?
とかそういうテーマじゃないでしょうか。正直自信ないです。難しい。

04-小さな温もりと、
「ティアオイエツォン」のアレンジ。
イントロが印象的。式神の召喚儀式とか、そういうイメージかな?
数式で構成される、つくりものの容器。
その空虚さと、藍との絆の間で揺れる心情を語ったものでしょうか。
橙に関して、こういうシリアスなアレンジが組まれるのは珍しいですが、
非常に回路らしい切り口とも言えますね。

05-懐かしい場所と、
「クリスタライズシルバー」のアレンジ。
ギターサウンドが唸りを上げる重たいアレンジ。スクリームボイスもバンバン出てくる。
レティは「冬に現れる妖怪」なんですが、これを「冬が過ぎると居なくなる」と
解釈してしまうのが実に回路的。「君」というのは誰のことでしょう・・・チルノかな?

06-君の声と、
「東方妖々夢」のアレンジ。
これは会心のアレンジでしょう。アトモスフェリックな立ち上がりから、
囁くような優しげな556tさんの歌唱が聴け、歌詞の進行・・・感情の昂ぶりに伴って
サウンドは激しさを増していく。スクリームボイスを交えた間奏を終えたあとの、
「感情の先にある 迷いさえ断ち切って」のところの歌い方が鳥肌モノ。
556tさんは声楽出身だそうですが、それも納得というものです。
「感情の動き」を演奏と歌に連動させて表現していく…繊細かつ大胆なアレンジ。

07-在るべき世界を
「ネクロファンタジア」のアレンジ。
KENTOさんのアレンジは初かな?それにしても大胆なアレンジ。
歌唱部分はサビだけで、あとは語りとスクリームボイスだけで進んでいく。
しかし、だからこそサビが非常に引き立って聴こえます。
ラストの
「この夜に生まれた孤独を 一つ一つ拾い集めて
 この世界の儚く美しい 境界線を描く」
というのは本作を最も端的に表現した箇所でしょう。
幻想郷を俯瞰し、誰より愛する八雲紫の心情がよく表れた、良い曲だと思います。

08-此処に紡ぐ
「幽雅に咲かせ、墨染の桜」のアレンジ。
「完成された物語」を見てしまった、幽々子の決断。
これまでの楽曲で重ねてきたものが繋がり、
最後の最後に奏でられる、墨染の桜のあの名フレーズ…!
もはや聴き飽きたあのフレーズが、こんなにも美しく、新鮮に響くなんて…
なんというニクい演出でしょう。
いやあ、もう、本当に素晴らしい作品でした。感無量なり。

[同人音楽感想] Fantasia of the Shades,by the Shades,for the Shades /回路-kairo-

Fantasia of the Shades,by the Shades,for the Shades
(2010/08)
回路-kairo-

公式サイト

トラックリスト
01-ここにいること
02--世界に関する考察-
03-違うということ
04-守りたいこと
05--暗闇に関する考察-
06-叶えたいこと
07-想うということ
08--光に関する考察-
09-わたしであるということ
10-夢見ること

セカイ系ロックバンド回路-kairo-の東方アレンジアルバム。
女性ボーカルのオルタナティブ / ポストロックですかね。
空間的な広がりを感じさせる編曲とサウンドプロダクションが特徴的で、
セカイ系と標榜するのも頷ける、統一感のある独自の音世界が
アルバム全体を覆っています。バンドサウンドは割と普通の構成ですが
ピアノやアコギなどのアコースティックな音色や、
エレクトロニカ的な冷たいシンセ音などの使い方がとても上手い。

そして、そうした独特の空気を持った音世界に響き渡る
556tさんの歌唱がこれまた独特で、味わい深いんですよ。
MiddleIslandの紫さんを思わせるパワフルなハスキーボイスを武器に、
パンクロック的な吐き捨てるような歌い方から、ささやくような
繊細な歌い方、果ては台詞までこなす、非常に器用かつ
エモーショナルな歌唱を聴かせてくれます。
彼女の奔放な歌唱が、広がりのある音空間に存分に反響している、この感じ。
回路-kairo-の音楽って、無駄や過不足がないんですよね。
ひとつの閉じた世界観が完結していて、これ以上弄りようがない。
だからこその「セカイ系ロックバンド」なんでしょう。
同人音楽ではなかなか味わえない、完成された美しさを感じる音楽です。

また、本作がコンセプトアルバムであることも私のツボを突く要因のひとつ。
「日陰者の、日陰者による、しかし陽光に憧れる者のための音楽」ってやつですね。
地下室に幽閉されつつも青空で自由に飛ぶことを憧れるフランドールを軸に、
紅魔郷キャラのそれぞれの心情をつづった曲で構成されているわけですが、
この中で、個人的に驚いたのがチルノの描写です。

東方紅魔郷という作品だけでみた場合、チルノというキャラは
すごく浮いてるキャラクターなんですよね。
「紅」を基調にした世界観なのに、彼女のイメージカラーは「青」だし。
残酷な側面を持ったキャラばかりの中でひとり底抜けのバカキャラだし。
だから、紅魔郷のコンセプトアルバムってチルノ(おてんば恋娘)の扱いが
わりと鬼門になってる印象で、スルーしちゃってる作品も多いんですよ。

でも、本作におけるチルノは、自分が周りとは違う、浮いた存在であることを
自覚してるんですよ。メタ的な視点を持ったキャラとして描かれてるんです。
そんな彼女が、フランドールと、ひいては東方紅魔郷の世界観と
「違うということ」を認識し、達観する3曲目は、ほんとうに名アレンジだと思います。

こうした「チルノの孤独」はジャケット絵でも表現されていて、
この演出がまた素晴らしいんですよ。
表ジャケットには紅魔館のメンバーが描かれているんですが、チルノはいない。
で、どこにいるかと思えば、CDをはずした裏側のジャケットにぽつんと、
ひとりぼっちで後ろを向いてたたずんでいるですよ。
本作のコンセプトを理解したうえで、この絵を見るとほんと、ウルっとくる。
フランドールは孤独だけど、彼女を慕う紅魔館メンバーがいるんです。
でも、東方紅魔郷の世界において、チルノはほんとうにひとりぼっちなんです。
この作品における「陽光に憧れる日陰者」とは、表向きにはフランドールのこと
なんでしょうが、本来「陽光」の側にいるはずのチルノもまた、日陰者であると。
そういう捉え方もできるんですよね。

ジャケ絵には、⑨の文字が大きく描かれています。
⑨とは言わずもがな、<チルノ=バカ>の代名詞です。
墓標のようにも見える石柱に描かれた⑨の文字には、
果たしてどんな意味が込められているのでしょうか。
いろいろな解釈ができると思います。
「違うということ」の中盤の、おてんば恋娘のピアノメロディが
ゆったりと流れるバックで、スクリームボイスが慟哭しているパート。
ここで叫んでいるのは誰なんでしょうか。
これも、いろいろな解釈ができると思います。だからこそ、この作品は面白いんです。

まあ、そんなわけで、単純な音楽作品としても、東方二次創作としても
1stアルバムとしては思えない高い完成度を誇っており、
一風変わったロックサウンドを求める人には間違いなくおすすめできます。
無料配布音源ではオリジナル曲も発表していることもあり、
オリジナル分野でも期待の高まる回路-kairo-。今後の活動も要注目です!

◆曲の感想
01-ここにいること
タイトル曲のアレンジで、アルバムのイントロ扱いの曲だと思うんですが、
この時点で「ん?なんか不思議な雰囲気だな」ってのが分かるんですよね。
「ラララ…」だけのボーカルとふんわりとしたバンドサウンドだけの
シンプルな構成なのに、すごく惹きつけられるんですよ。
この曲に限らずなんかここの音楽は、独特の魔力があるんです。

03-違うということ
本文でも書きましたが、この曲はほんとうにスゴイ!
ミドルテンポの比較的ゆったりしたバンドサウンドに響き渡る、
556tさんの力感がありつつも哀愁を帯びた歌唱が見事です。
息遣いの生々しさに聴いてるこっちも息が詰まりそうになる緊迫感。
それが最高潮に達するスクリームのパートがもうね・・・泣ける。
スクリームボイスが出てくるのが作中でココだけってのがまたいい。

04-守りたいこと
疾走感がある上海紅茶館のアレンジ。
フランドールを慕う美鈴の心情をうたった曲ですが…変わった組み合わせですね。
この曲も556tさんの歌唱が素晴らしいですねー。息遣いの生々しさがほんといい。
終盤のつぶやくような台詞パートもまた情感がこもっててお見事です。

09-わたしであるということ
亡き王女の為のセプテットのアレンジ。ドラムが目立っておりなんか通天さんっぽい。
歌詞の方向性がほかの曲とはちょっと違っているのが面白いところです。
フランドールが「孤独の日陰者」ならレミリアは「孤高の日陰者」なんだなあ、と。

10-夢見ること
UNオーエンのアレンジ。
透き通ったピアノの音色と、ふんわりと包むようなバンドサウンド、
それにのる歌唱も透明感があって、どこか優しさを感じるアレンジですね。
この曲は、わりと邪悪でゴスゴスした黒っぽい感じのアレンジが多いので
白っぽいイメージを感じ取れるこういうアレンジは何気にレアかと。
純粋に、ただ自由と青空を求めるフランドールの心情がよく伝わってきます。
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。