同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] Isucaの嘴 / さかばと

Isucaの嘴
(2011/12)
さかばと

公式サイト

通天さんのアレンジって、「音そのものが幻想郷」ってイメージがあります。
和洋折衷の音使いながら、一貫してどこか雅な雰囲気が漂っていて、幻想郷の風景とか
そういうものがすごく鮮明に思い浮かぶ。で、最近のさかばとアルバムが面白いのは、
そうした幻想郷らしい音の中に、「誰かの視点」を加えたアレンジになっている点。
スカーレット姉妹をテーマに、と描かれていますが、正確には今作のコンセプトは
「フランドールが見たレミリアの姿(あるいは幻想郷の姿)」だと思います。
最後の「アイオライト」がEXトラック扱いになっているのはそのためでしょう。


◆ 幻想郷への憧憬
今作は、いつもの通天サウンドと比べてかなりロック色や疾走感が強めになっています。
この「いつもとの違い」が「フランドールの視点」というファクターになるのです。
フランドールは普段、地下室に幽閉されていて外に出ることができません。
いっぽうレミリアは原作内でも色々な作品に登場して幻想郷を暴れまわっている。
そんな彼女を見つめるフランドール、そこに宿る心情を想像すると、やっぱり「憧憬」
なのかなあ、と思います。外の世界への憧れが、レミリアへの憧れが疾走感となって
「幻想郷らしい」通天サウンドへと還元される。
さらに加えるならば、フランドールのこの「憧憬」の目線は、今作を聴く者の目線でも
あります。私とて彼女と同じ。幻想郷を想像し、そこに生きる者達を想像することしか
できないのですから。この音から感じられる心情とか、風景とかはそのまま彼女が
見ているもの、感じているものとして共有することができるのかもしれません。


◆ アイオライトは何色か
EXトラックのタイトルである「アイオライト」は多色性を持つ宝石です。
光にかざして色々な方向から眺めてみると、青や緑や黄色など様々な色に変化して
見えるそうです。で、当然ながらオーエンのアレンジであるこの曲は、
これまでの視点人物であったフランドール自身のことを表す楽曲です。
レッドラブラドライトという「光」にかざされたアイオライトは果たして
どんな色に見えるでしょうか。フランドールがレミリアのことをどう思っているかは、
たぶん人によってかなり解釈に差があるでしょう。敬愛か、憧憬か、羨望か、
嫉妬か、侮蔑か。確か公式でもこのへんは二転三転してたように思うし、
おそらくこれに正解はない。けれど、「アイオライト」を聴いてみると、
おどろおどろしい雰囲気のイントロに始まり、ハードなロックサウンド、
そして穏やかなピアノサウンドへと変わっていく。ここのパートに私はやっぱり
敬愛とか、憧憬とか、そういう感情を見てしまうなあ。


『Isucaの嘴』とはことわざで「物事が食い違うこと」ですが、
これはイスカという鳥のくちばしが左右食い違った奇妙な形をしているからだそうです。
けれど左右のくちばしはいつも隣同士にあって、イスカはこのくちばしを器用に使って
えさをついばんで生きています。
うん、やっぱりきょうだいは仲良しが一番ですよね!
スポンサーサイト

[同人音楽感想] 現世ボーダーライン/ さかばと

現世ボーダーライン
(2009/12)
さかばと

公式サイト

トラックリスト
01-空想で描かれし世界
02-それは人か、妖か。
03-時には揺られ風、香る
04-追憶
05-生命の動向
06-現世ボーダーライン
07-ソメイヨシノ
08-うつしよ

通天さんの個人サークル、さかばとの7thアルバム。今回は「西方シリーズ」のアレンジです。
西方シリーズというのは、ZUNさんの後輩のサークルが製作した一連のSTG作品のことですが
ZUNさんが曲を提供していたり、ゲストとして東方キャラが出演していたりと、
東方シリーズとも関連性の深い作品です。
本作では、東方キャラの花の妖怪「風見幽香」の視点から見た西方シリーズ、
というコンセプトでアレンジされているので、通天さんが東方と西方の関連性を
どこに見出しているのかな…などと妄想しながら曲を聴くこともできるようになっています。
この人の作品は、今までもコンセプチュアルな雰囲気を持っていましたが、
ここまではっきりと作者の言葉でストーリー性が与えられたのは
本作が初めてではないでしょうか。

さて、本作は原曲維持系のポストロック風インストアレンジ…って感じになるのかな。
跳ね回るような、軽快かつ複雑なパターンにより様々な表情を見せるドラムパートを基軸として、
叙情的なピアノパート、ノスタルジックな笛パート、機械的な無機質さを見せるシンセパート、
感情の揺れを感じさせるギターパートなど、様々な音色を情況に応じて巧みに使い分けている
アレンジですね。そういった音作りからは、優しさや慈しみ、時には葛藤といった感情の機微を
存分に感じ取ることができ、上述したコンセプトも含めて聴き手にアレコレと思索を巡らさせる
ための一助となっていますね。
こういったアプローチは作曲者であるZUNさんのやり方に近く、その意味でもやはり
「原曲維持系」なんだと思います。アレンジ自体はけっこう大胆なものもあったりしますが
雰囲気が似ているからそう感じるんでしょう。

もう7作目ともあって、通天さんのこのスタイルは完全に個性として確立されています。
特にドラムパートが素晴らしいです。同人音楽のロックサウンドにおいて、ドラムって
けっこう蔑ろにされがちなパートだと思うんですが、通天さんのドラムは強弱の使い分けが
はっきりしていて、距離感の表現が巧みというか、空間的というか…。うまく書けないですが
包まれるような、励まされるような、そんな味わいがあるんですよ。

あと、曲名や選曲、曲順にもセンスを感じます。コンセプトと組み合わせて考えてみると、
色々な考察もとい妄想が浮かび上がってきますね。考察記事とか書いてみたいかも。
アレンジが良いだけでなく、二次創作としても強度の高い、いい作品だと思いますよ。


<お気に入り曲>
・それは人か、妖か。
「天鵞絨少女戦」のアレンジ。ピアノによるメインメロディが綺麗。時折混じる電子音や
ケロケロしたシンセは、西方シリーズの主人公であるメイドロボ「VIVIT」を表現しているん
でしょうか。

・生命の動向
「幻想帝都」のアレンジ。力感のあるギターやシンセ、ドラムのサウンドからは
重くのしかかる使命感や悲壮感などが感じられます。何かが起こる予兆のような、
そんな雰囲気がありますね。

・現世ボーダーライン
「二色蓮華蝶」のアレンジ。
今までの曲とは一線を画す早弾きギターが聴けるアグレッシブな曲。
ここでギターを弾いているのはなんとCROW'SCLAWの鷹さんです。なるほどという感じ。
表題曲でもあり本作の「サビ」とも言える、夢と現世の境界線を飛び越えるような、
吹っ切れたような飛翔感のあるアレンジがすばらしいです。
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。