同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Wish /Ether

Wish
(2009/05)
Ether

公式サイト

トラックリスト
01-le clair de lane
02-Black box
03-Suffering in Nightmare
04-Lost my memory
05-Dear...
06-ENTRACTE
07-chose croire
08-Eternal grace

作曲・演奏担当のRyoさん、歌唱・作詞担当の桜璃さんの2名からなる
ファンタジーゴシックロックサークル、Etherの4thアルバム。
「吸血鬼」「神への背徳」など、いかにもなゴシックファンタジー要素をベースに、
そういった世界に生きる人々の思いや願いを綴った物語…ってのがコンセプトですかね。
ただし、曲数が少ないのもありますが、本作における物語の濃度はそれほどでもなく、
あくまで彼らの音楽性に説得力と彩りを添えるものと捉えてよさそうかな。

さて、Etherの魅力は何といってもメロディの美しさにあるでしょう。
中世ファンタジーの持つ高貴さ気高さ耽美性とか、
ゴシックの退廃感なんかを的確に反映させた「いかにも」なメロディが実に心地いいのです。
しかもそんな美メロを纏って疾走までしてしまうんだから、
好き者にはたまらない要素ですよね。

また、この美メロを存分に引き立てるようにつくられた曲構成も見事。
サビまでは抑え目にタメてタメて、サビで一気に開放!ってな感じの曲が多く、
何というか、聴いていてカタルシスを得やすい作りになっているのが好印象です。
あと、本作ではコンポーザーのRyoさんもボーカルに参加しており、表現の幅を広げるのに
一役買っています。これは前作には無かった要素で、進化が伺えていいですね。

メロディアスなロックやメタルが好きで、まだ聴いていない方にはおすすめです。
キラーチューンの威力は凄まじいので、あとは脇を固める曲が充実して
コンセプト面でもさらなる濃さが出てくると、すごい殺傷力を持ったアルバムが出来そう。
次回作も超期待です。


<お気に入り曲>
・Black box
ギターひかえめ、オルガンたっぷりのゴシック分多めな曲。
ツインボーカルで疾走するサビがたまんなくカッコいいですね。

・Suffering in Nightmare
大仰なシンフォサウンド、美麗なピアノ、優雅なツインボーカルと
次々と展開が変わり、3分過ぎからサビ突入!疾走!そしてギターソロ!
劇的極まりない曲構成に悶死しそう。

・Dear...
作中で一番、ホーンなどのシンフォサウンドが目立ってる曲ですね。いざ戦場!って感じの。
で、これまたサビがすばらしい。桜璃さんの高音パート大好きです。

・chose croire
物語もクライマックスにさしかかり、緊張感のある曲展開に。
そして、張り詰めた緊張が爆発するようにサビで疾走!まさに決戦!という感じ。たまらんです。
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。