同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] 東方映画音楽選 Light / Tutti Sound

東方映画音楽選 Light
(2010/12)
Tutti Sound

公式サイト

◆分類
東方インストアレンジ
オーケストラ

Tutti Soundの4thアルバム。
正直言ってオーケストラと同人音楽って相性はかなり悪いと思うんです。
演奏技術や音響がモノを言うジャンルだろうし、打ち込みメインの同人音楽では
そのあたりはカバーのしようがないわけだし。だから・・・かどうかは分からないけど、
このジャンルに挑むサークルは少なくて、こりゃ手詰まりかなあとか思ってました。
そんな状況の中颯爽と現れたのが、Tutti Soundというサークルです。

ここの作るオーケストラアレンジは、非常に分かりやすいんですよね。
オーケストラ編成の大迫力を存分に生かした、過剰なまでにドラマティックな
楽曲構成、シンフォニックメタルを思わせるコッテコテのクワイア・・・
「オーケストラ」という響きが放つ小難しい印象はできるだけ隠して、
とにかくエンターテインメントに徹した曲作りがされている。
演奏とか音響とか、そういう知識がない人でも楽しめるように作られてるんです。

憶測ですけど、こういうのってオーケストラ作品としては邪道だと思うんですよね。
けど今作はそういうことも全部分かってて、敢えてやってるような雰囲気があります。
同人音楽というフィールドのなかで、「オーケストラ」という楽曲ジャンルを
知ってもらうには、楽しんでもらうにはどうすればいいか・・・
そんな思案の中で出したひとつの解が今作なのだと、そういう印象を受けるんです。
何というか、「プログレ畑の人が作ったポップス」みたいな気品がある。

Tutti Sound作品のなかでも今作は特にそうした雰囲気が顕著で、
ほとんどシンフォニックメタルみたいな楽曲もあるくらい。
実際メタラーさん達からもかなり評価されてるみたいだし、
ドラマティックなアレンジを好む人はひとまず聴いてみましょう!

◆曲の感想
01-スポットライトはあたいのものね!
大したイントロもなしにいきなり「おてんば恋娘」のサビメロが勇壮に奏でられる。
まさにタイトル通り、チルノが出しゃばってくる様がありありと想像できて微笑ましい。
その後の展開もやたらドラマティックで、ラストの半音転調もお約束のように完備。
今作の方向性がはっきりと出ている素晴らしいアレンジです。

04-The Light Of Faith
前半の「御柱の墓場」パートは疾走感のあるトランペットが印象的で、
このパートだけでも十分素晴らしいんだけど、そっからドンドコと打楽器が
目立つようになり、クワイアも増量されて「神さびた古戦場」のアレンジに発展!
溢れんばかりの神の威光だ!「風神様の神徳」を避けてるときのあの快感と
同質のものが存在しているぞ!

06-満ち、解き放たれる光
今作の方向性で「感情の摩天楼」アレンジというだけでやばい曲になってるのは
想像できたけど、ちょっと想像を超えていたわ・・・覚悟が足りなかったわ。
オーケストラ音源であの「テテテテテテ テーテテテテ」が奏でられたときは
感動した。わかってたけど感動したよ。いやほんとこの曲大好きなんです。
こういうコッテコテのアレンジを求めてました。ありがとうございます。
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。