同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] 少女さいをなげかれた / クレバスランプ

少女さいをなげかれた
(2011/08)
クレバスランプ

公式サイト

◆分類
イメージアルバム
和風ロック

「ひぐらしのなく頃に」のアレンジ&イメージアルバム。
今更ひぐらし?と思われるかもしれないけど、原作が完結して5年経った今でも、
この作品には当時とまるで変わらぬ原作への情熱と愛が注ぎ込まれています。
「一枚で一作品を描ききる」彼らの姿勢が今回も非常に良い方向に働いており、
とにかくネタの出し惜しみというものがまったく感じられないのがすごい。
「ひぐらし」という重厚長大な物語がアルバム一枚の中にぎゅうぎゅうに
詰め込まれているため、結果的に非常に濃厚な作品に仕上がっています。

特に素晴らしいのが4曲あるイメージ楽曲。それぞれ綿流し編、祟殺し編、
罪滅し編、皆殺し編を象徴してるんですが、どれも各編の特徴を非常に的確に
捉えており、原作を知っている人なら「おおー!」と感嘆させられること
請け合いです。楽曲の構造から歌い手の選択、曲調や楽器の使い分け、
要所に使われるSEや語りなど、あらゆるところに「ひぐらし」が宿っている。
単純にメロディも良いしね。「嘆きノ森」とか「奈落の花」などのアレンジ曲も
入っているけど、それらに全くヒケを取らない出来栄えだと思います。

というわけで、「ひぐらし」が好きなら文句なしにオススメです。
私も当時からひぐらしは大好きで、原作をプレイしていたときに思っていたことが
そのまま甦ってきて、思い出が活性化させられた気分です。
「オワコン」などとは言わせない。そんな熱い想いを感じさせてくれる一作でした。

◆曲の感想
01-嘆きノ森
原曲に比較的忠実に作られている・・・というか原曲がそもそもひぐらしの
イメージ楽曲みたいなもんなので大きく改変するのは難しそうですな。随所でヒッヒッヒ・・・
みたいな笑い声が飛び交っていて怪しい雰囲気が強調されてるのが良い感じです。
原曲に比べるとボーカルがパワー不足に思えるけど、彩音さんが相手では仕方ない。

02-日の現
「綿流し編」をイメージした楽曲で、魅音と詩音にスポットが当てられている。
最初は落ち着いた曲調で始まるが、中盤から唐突に和風インダストリアルロック的な曲調に
変化する。これは「綿流し」の日をきっかけに急転直下するひぐらしの物語を
そのまま反映したものなんでしょう。対比的な歌詞の書き方も面白い。

03-夕映えの絵
これは「祟殺し編」、圭一と沙都子にスポットを当てた楽曲でしょうか。あるいは悟史?
優しげな雰囲気のアコギと男性ボーカルがとても素敵ですなー。
間奏からラストに至る展開がもうね・・・大サビのところ、すごく感情がこもってるのに、
ボーカルが加工されてしまって彼の想いが届きそうもないのがあまりに切ない。
最後の「ドーーン!!」がまた素晴らしい。原作のタイトルロゴを思い出すなー。

06-朔の夜霞
待ってました疾走ロックチューン!イントロが良すぎる。4,5曲目がゆったりとした曲調
だっただけに、開放感がものすごい。思えば罪滅し編ってこういう作風でしたよね。
バッドエンドだらけの物語の中で、かすかな希望が見え始めて・・・
当時は叩かれてたけど一番好きなシナリオでした。間奏のプログレっぽいリズムから
センチメンタルなアコギパートに移るとこがめっちゃ好きです。
この作品には間奏にも物語が詰まっている。Souwerさんのパワフルな歌声も素晴らしい。
「さとりがーひらーかれーたーーーー↑↑↑!!」

07-一縷の希望
和風バラードロック的な感じ?イメージは「皆殺し編」でしょうか。
イントロや間奏に使われてる風が呻くようなSEは原作ファンのニヤニヤポイント。
今作は全体的にメロディも良いんですが、とくにこの曲のサビメロは好きだなあ。
間奏のギターソロ、神妙な語りのあとのピアノパートが良すぎる。
ほんとに「一縷の希望」って感じ。か細いけど確かな力強さがある蜘蛛の糸。

10-ひぐらしのなく頃に
アニメ1期のOP曲のアレンジですが、何故この位置にあるのか、が重要かと。
皆殺し編までのイメージ楽曲は揃っているのに、最後の祭囃し編だけがなく、
代わりにこのおどろおどろしい楽曲が配置されている。
これはアルバムコンセプト「喜劇より惨劇を」に沿わせたつくりとも
捉えられるが、それ以上に大きな意図があるように思えます。
それはこの曲が「10曲目」であること。
そして、今年は「鬼隠し編」の発表年から数えて9年目にあたります。
惨劇はトーラスの中に。節目を迎えて物語は円環を紡ぎ始める。
この曲はひょっとすると、たとえ10年が過ぎようと「ひぐらし」は終わらない・・・
いや、終わらせないという、彼らからの「抵抗の意志」なのかもしれません。
スポンサーサイト

[同人音楽感想] ある小さな夢のおはなし / クレバスランプ

ある小さな夢のおはなし
(2011/05)
クレバスランプ

公式サイト

◆分類
聖剣伝説2アレンジ・イメージ
民族ポップ

クレバスランプの3rdアルバム。
イメージ曲とアレンジ曲を混在させた独特の作風を一貫して続けているサークルで、
今回の題材は大好きな「聖剣伝説2」のアレンジということで、迷わず手にとりました。
前のM3作品から3枚選ぶ企画でも挙げたように、私この作品すごく気に入ってます。
何といっても「曲への愛着」なだけじゃなく、「作品への愛着」がビシビシと
伝わってくるのがいいんだ。ミニアルバムという、たかだか20分そこらの時間内で、
どれだけ聖剣伝説2の世界を表現できるか。この作品の密度の高さは
そのまま作品に対する愛の深さだと思います。

とにかくこの作品、表現方法の手数が多いのです。
Casketのメンバーによるノリのいい民族ポップサウンドを軸に、
語り、人間ボーカル、ボーカロイドのコーラスなども交えて緩急をつけながら、
メドレー形式のアレンジによって次々と場面が転換していく。
聖剣伝説2という作品自体、彩り豊かなファンタジー世界や、
少年少女の揺れる心の表現をテーマとしているわけで、
こうしたアプローチは原作の雰囲気にぴったりはまってると思います。

クレバスランプというサークルは今作ではじめて知りましたが、
面白いサークルですなー。「イメージ曲」というのは個人的に好きな手法です。
表現手段が音楽だからといって、アレンジでなければならない理由は
ないわけですし、こういうサークルがどんどん増えて、
「音楽による二次創作」の裾野が広がっていけばいいなあ、と思います。

◆曲の感想
01-白鴉がはばたく空に
ノリノリの民族ポップサウンドに乗せて奏でられる「愛に時間を」「未知への飛行」・・・
いきなり大判振る舞いじゃないですかー!あざといなあもう!
だがそれがいい!この出し惜しみしない感じがいいんだ!

02-風と伝説と~妖精族のたわむれ~
ノリのいい民族ポップサウンドに、演技がかった少女の台詞。
イメージ曲ですがこれは明確に見世物小屋のアレを表現したものだろう。
陽気な雰囲気が楽しくていい感じだ。

03-神より生まれしもの
前曲から一転、ピアノやストリングスによるしっとりしたアレンジに。
「夜の魂」→「浄夜」→「天使の怖れ」!この流れだけでもすごい破壊力なんだが、
そこに加わるボーカロイドのコーラスがまじで良い!「マナの聖域」のあの
神聖で排他的な未開の地っぽさ、あれを表現するのにボーカロイドを使ってるんだ。
これは人間のコーラスでは表現し得ないでしょう。すげえアイデアだと思いますほんと。

04-ねがいより、せかいを。
前半部は女性ボーカルによる包むような歌唱、そして中盤からはそれを
振り切るようなドラマティックな民族サウンド。これはたまらん!
中盤からの展開は「時の傷痕」みたいですげーカッコイイです。
イメージ曲ながら、この展開と曲名を含めて考えるとこの曲が
いちばん「聖剣2してる」と思う。聖剣2って、今でいう「セカイ系」な
要素はあるんですよねー確かに。

05-僕はそれを友達とよんだ
この曲、相当思い切ったことやってるので、
好き嫌いがはっきり分かれるんじゃないかなーと思います。
「子午線の祀り」「危機」をメタリックにアレンジするのはもうお約束というか、
みんな大好きなアプローチだと思いますが、問題は間に挟まれる「ねがい」だ。
疾走感に水を差すかたちで挿入される「ねがい」。これたぶん「マナ」の演出ですよね。
聖剣2を覚えてる人は知ってるだろうけど、ラストバトルでは、
「マナ」の魔法が発動すると曲が一瞬止まる。この曲における「ねがい」は
その「一瞬の停止」が走馬灯のように引き延ばされたものなんじゃないかなと思いました。
振り切ったはずの逡巡がかすかに脳裏をよぎりつつも、
それでも世界を救うため、剣を手に取る。「ねがい」から「子午線」に戻るときの
チャキン、という効果音。これにマナの剣を構えなおすランディの姿を重ねると
あのラストバトルの興奮を思い出して胸が熱くなる。
アレンジャーさんのこだわりがはっきりと出た、素晴らしいアレンジだと思います。
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。