同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『水の迷宮』 (石持浅海/光文社文庫)

水の迷宮 (光文社文庫)水の迷宮 (光文社文庫)
(2007/05/10)
石持 浅海

商品詳細を見る

水族館を舞台にした長編ミステリー。
表紙の綺麗さに惹かれて購入したんですが、中身もすごく綺麗な作品でしたね。
脅迫とか殺人とか、そういった要素が存在していながら血生臭さが全く感じられない。
いわゆる「探偵役」や「助手役」の人物もいて、推理パートにも多く尺が取られ
本格ミステリーを強く意識してそうなんですが、どうにもミステリーっぽくなく感じました。
どっちかというと、テレビ番組の「ガイアの夜明け」とか「プロジェクトX」みたいな
企業を舞台にした人間ドラマとか、夢を追い続ける大人たちの生き様を描いた物語、って印象です。

とにかく水族館の職員とか関係者たちがみんな格好いいんですよね。
全員が全員「この水族館を守りたい!」と心の底から思っているのに、殺人事件が起こる。
その犯行が職員の誰かによるものと分かっているのに、職員を疑いたくはない…
そんなジレンマに苛まれるシーンはすごく印象的でした。この物語に、悪人はいない。
ただそれぞれの強すぎる思いが縺れ合った末、悲劇が起こってしまった。

そういう性格を持った話なだけに、ミステリーとして提示される「謎」に関しても
ハウダニット、フーダニットよりも、ホワイダニット…「何故事件が起きたのか?」に
主眼が置かれています。数々の伏線が繋がり、事件の全貌が明るみになったときは
なるほどなあ、と感じる面もありましたが、やるせない気分のほうが強かったですねえ。
何というか、「どうしてこうなった!どうしてこうなった!」のAAみたいな気分。

それだけに、ああいう結末にしてくれたのは嬉しかったです。みんなに救済がある、
清涼感のあるハッピーエンド。「出来すぎ」のようにも感じますが、この話の流れだと、
やっぱり彼らは報われるべきだと思います。この物語に、悪役はいらない。

そういうわけで、綺麗にまとまっているすごくいいお話なんですが、
推理パートが多すぎることと、真相判明から解明までの流れが性急すぎるように
感じられます。どうも本格ミステリー的な部分が、作品世界への没入を阻害しているような。
人間ドラマ的な話なんだし、もうちょっと登場人物の内面を掘り下げて書いてもらえていたら
もっと楽しめたかもしれません。


お気に入り度
★★★★★★★☆☆☆(7/10)
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。