同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[音楽感想] 残響レギオン / 少女病

残響レギオン
(2010/12)
少女病

公式サイト

トラックリスト
01-深紅のエヴェイユ
02-十三月の不確定なドール
03-偽物の夜に誓え反逆者
04-未完幻想トロイメライ
05-黒衣の放浪者
06-recollection
07-Legion
08-終幕症候群
09-真実の解放
10-残響
EX-??? (ボーナストラック)

少女病の1stメジャーアルバム。
いやあ、素晴らしい作品でした。質も量も文句なし。音も話も文句なし。
「告解エピグラム」が良かっただけに、本作に抱いた期待は相当高かったんですが、
それでもなお、期待通りのものを作ってくれましたね!お見事。

音に関しては、「蒼白シスフェリア」の方向性をさらに強調した感じでしょうか。
音質が大幅に向上し、自慢のストリングスサウンドも切れ味アップ。
クワイア、コーラスも大増量されてるし、声優さんの演技も熱が入っている。
さらにドラムがすんごい軽快になってますね。なんか疾走感が3割増くらいになってる。
とにかく派手な曲が多い。この華やかさは同人時代では出せなかったでしょう。

お話のほうは今回はいつにもまして分かりやすく作られてる印象です。
悪い魔女に囚われていた少年と少女が脱走し、仲間と出会い、結束を固め、
魔女を打倒しに向かう…まるで少年漫画や王道RPGのようなストーリー。
オチは身も蓋もないひどいバッドエンドですが、これもまた少女病の味。
まあこれが一番残虐な話らしいし、どうやら続きモノみたいなので
大団円は今後に期待するとしましょう。

今作はとにかく、「少女病らしさ」が徹底的に突き詰められており、
商業進出に向けた練りこまれた戦略が伺える作品となっています。
意外性は少ないけど、品質は紛れもなく過去最高。
シンプルな作りのぶん、「告解エピグラム」ほど感情的にはなれませんでしたが、
商業作品としてなら、この方向性は大正解でしょう。
これなら同人ファン以外の支持も得られるんじゃないでしょうか。

◆曲の感想
02-十三月の不確定なドール
少女病ではおそらく初となる、ジャズ調の曲。
生きることに飽いた魔女の倦怠感と、そんな魔女の掌の上で踊らされる人間達の悲哀。
イレギュラーな曲調ながら世界観にみごとにマッチしてますねー。

04-未完幻想トロイメライ
これは名曲だー!他の曲と比べてメロディが飛びぬけて良く聴こえます。
西洋風の世界観なのに、どこか歌謡的というかオリエンタルな香りがするのがいい。
それを朗々と歌い上げるMitsukiさんの圧巻の歌唱力!名曲!

05-黒衣の放浪者
なんとなんと、あのルクセイン君が再登場!
「慟哭ルクセイン」にて、何一つ良い所がなかったルクセインさん!
彼は少女病のキャラの中でも人間臭くて好きだったので、これにはかなり興奮しました。
曲のほうもいいですね。
エッジの効いたストリングスサウンドは一匹狼って感じが出てて格好いいし、
ラスト付近からサビが合唱になるのも、迷いを断ち切ったルクセインの決意が伺えて良い。

08-終幕症候群
これはいいキラーチューンですね!
敵地に向かって一直線に突き進んで行くような疾走感と、
勇壮と悲壮がないまぜになったようなサビメロ!テンションうなぎのぼり。
途中から切れ込んでくる非情なクワイアは、魔女の思惑を表現しているのかな。
これらが全部混ざり合って、いざ対決!というね。この雰囲気最高だわー。

09-真実の解放
予定調和というか何というか・・・やはりひどい結末である。
フランチェスカの絶叫に間髪いれずボーカルパートを重ねることで、
叫び声をかき消してしまう演出がナイス。
淡々と事実を述べる少女病の詞が、ここに限ってはひどく重く感じられる…

EX-ボーナストラック
初回版のみに収録されてる曲ですが、
正直この曲があるとないとでは、作品全体の印象ががらっと変わる気がする。
最後のフランチェスカの独白がなかったら、この作品ほんとにただのバッドエンドだし。
かなり重要な曲なのにボートラ扱いはちょっと疑問かなあ。
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。