同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Die Ellipse] カガヤキノヨルのこと

来月号からはじまるチャンピオンREDの新連載がとっても楽しみです。
赤い核実験場が生み出せし異形・ニノ瀬泰徳の帰還じゃー!

えー、そんなわけで(?)今日の感想です。紅楼夢新譜から、聴きたてのほやほやだよ!




サイトリンク


Die Ellipseってサークルの『カガヤキノヨル』という作品です。
今回の紅楼夢が初めてのCD作品らしく、ジャンルとしては女性ボーカルのロックアレンジ。
最近のボーカル勢の新規処ってほんと男性ボーカルが多くて、生理的にあれらが苦手な
私としては女性ボーカルの新規さんってだけでとてもありがたい存在だったわけですが、
そんな捻じ曲がった根性で持ち上げるのが恥ずかしくなるほど今作は良い出来でした。

作風として近いのは強いて挙げるなら豚乙女かな?ノリのいいバンドサウンドにワイルドな
ボーカルなんかは確かにそんな感じ。ただ、展開や音使いにはかなりの意外性があり、
ギター、ベース、ドラム、ボーカルに打ち込みピコピコシンセ音までとにかく賑やかな
配置がされてる。このへんは他のサークルにはないセンスでしょう。
「死んでる音がない」ってのが素晴らしいんですよね。ボーカルとかギターは確かに
一生懸命シャウトしたりピロピロしてるんだけど、その背後でベースがウネウネしてたり
ドラムがドガガガガガガガガってやってたり鍵盤が叙情旋律を垂れ流してたり、
各々が主張しまくっててしかもそれが綺麗に調和してる。
結果的にめっちゃドラマティックなアレンジに仕上がっちゃってるわけですよ。
「禁断症状」「カガヤクヨル」「星の降る夜」が特にクソカッコイイ。

まあそんなわけで、こいつはロックアレンジに新星登場!だと思います!
確かにボーカルとかまだ粗い面はあると思うけどはっきり言って化ける要素しかないわ。
たぶん委託とかはないと思うけど今後Die Ellipseってサークル見かけたら
是非ともチェックしときましょう!これだから新規発掘はやめられん!
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。