同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想とか

マイスタジオが安部菜々ちゃんで埋まったのでアイドルマスターシンデレラガールズは
今回のガチャをもってゲームクリアです。私は幸せです。

というわけで久しぶりの更新です。ここのところスーパーやる気無しモードですが
音楽はそれなりに聴いてるし京都のボーパラ関西+Mコミにも行ってました。
良い作品が無いわけではないんですが、聴いてるだけで満足できてしまって
語りたい欲がさっぱり湧きません。つまらない人間になってしまいました。
まあ愚痴っててもあれなのでとりあえず何も考えずにここ3ヶ月くらいの間に
聴いてた作品の感想を何記事かにわたって列挙していきます。


◆ KEMOLOVE / ななひら
特にケモナー向けなコアな内容というわけでもなく至って平常運転のかわいいかわいい
ななひらアルバム。楽曲は良い感じにハイテンションで電波してて、作曲家陣がようやく
彼女の生かし方を分かってきたように思える。もっと無茶してもいいと思うけど。
一番好きなのは1曲目の「Jump Over!生物種」。愛さえあれば種族の違いなんて
ジャンプオーバーしちまおう!という今作のコンセプトを総括した曲だけど、
マジキュートの毒に侵された自分はつい深読みしてしまう。ななひらさんの声は
自分にとって本当に甘美で心地がいいので、聴いてるこっちが「そっち側」に
ジャンプオーバーしたくなるような危うさがあるというか、なんというか・・・。


◆ 辿・誘 / 凋叶棕
サークル初の2枚組だが、ボリューム的にはそう変わらず、どちらかというと
いつもの作品を2つに分割したって感じ。当然それをする意味はある。怖いくらいの意味が。
iTunesに取り込んで、プレイリストをせっせと作ってるときに「それ」に気づいて
背筋がゾゾゾゾーってなった。考えすぎかもしれないけど狙ってやってるなら怖すぎる。
つくづくここの作品は二次創作だ。作品を重ねるごとに、「もうひとつの幻想郷」が
形作られていってる感じ。特に今回は、過去の曲との対比になっている曲が多く、
凋叶棕ワールドの存在を改めて実感。「Grate Escaper」や「left behind」には「devastator」が、
「At least one world」には「パラレルスカイ」や「ハカナキヒト?たちのために」が
それぞれ裏側に控えているって考えてみるとより楽しめると思うよ。他の曲も然り。
こうした試みで特に良かったのは「name for the love」。これは『騙』に愛着がある人は
やられるだろう・・・自分は最初聴いたとき比喩でも何でもなく枕を濡らしましたよ。
『騙』において、幸せのために茨の道を歩かせた霊夢さんに対しこんな形で
救いが与えられるとは。もちろんこれもひとつの嘘に過ぎないけど、それでもいいんだ。
まあ、その後に控える「she's purity」がそうした愛を否定するべく糾弾してくるんだけど、
こういう隙の無さも凋叶棕の凄いところだ。オモテとウラのミルフィーユよ。
とはいえ『遙』『騙』に比べると今作の出来はやや不満。良い曲はすごく良いけど、
そうでもないのも多いし、特にインストは全然目立ってない。「CD作品であること」を
生かしたコンセプトの発想は相変わらず抜きん出ているものがあるけど、音楽面では
もうちょっと面白くなる要素はあると思うなあ。『遙』の「あの日自分が出て行って~」
みたいな面白いインスト曲をまたやってほしい。



今日はここまで。列挙とか言って2枚だけというひどさである。
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。