同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル感想とか

『狂聲メリディエ』の考察、土日フル回転で書いてたんですが終わらないですね……。
ストーリー作品だとどうしても説明的な文章が多くなって冗長になっちゃいますね。
言いたいことはシンプルなんだけど、そこに辿り着くまでが長いのなんの。

というわけで、アップは再延長で。来週か再来週には何とか……。
今回は最近読んだライトノベルの感想でも書いてお茶濁しときますね。


くま クマ 熊 ベアー

[まとめ買い] くま クマ 熊 ベアー(PASH! ブックス)

なろう作品の書籍化です。いわゆる異世界転生チートものなんですけど、
主人公がクマの着ぐるみ姿の少女ってところが特徴ですね。
見ての通り主人公からして癒しのオーラが出まくってますが、
他にも5歳とか10歳くらいに幼女たちがたくさん出てきてとにかくほんわか。

飾り気のないぶっきらぼうなテキストになんとも言えない中毒性があって、
既刊3巻読んだあと、なろうの本編(300話くらい)も一気に読んでしまいました。
ストレスを感じる場面がまったくなく、永遠に続いて欲しいタイプの作品ですね。
私の長らくの癒しであったイカ娘は終わってしまったからな……。


SILENTWORLD

SILENTWORLD

『ISLAND』『ひまわり』のライターが書いた小説。同2作と世界観を共有するお話です。
小説向きの文章とノベルゲー向きの文章ってあると思うんですけど、
この人の場合小説のほうが合ってるんじゃないかなー、と感じましたね。

お話のほうは、オーバークロックという時間加速能力を持つ少年少女の青春モノですね。
1冊完結ですが、SF設定の切れ味とビター混じりの青春の味はノベルゲー2作のそれと同等。
特に時間加速の種明かしはスケールがでかすぎて完全に盲点でしたね。そんなんアリか。
作者を知るなら最適の一冊だと思います。全然売れてないっぽいけど。
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。