同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】 狂聲メリディエ / 少女病

狂聲メリディエ
(2015/08)
少女病

公式サイト


少女病の2ndメジャーアルバム。
1stの『残響レギオン』から4年半、直近アルバムの『創傷クロスライン』からは3年という、
長い空白期間を経てのリリースだっただけに、前評判も不安半分期待半分、
リリース後の評価も賛否両論はっきり分かれた作品だったように思います。
正直なところ、私も第一印象はあんまり良くなかったですね。
「廃園イデア」の引きが最高だっただけに、どうにも肩透かし感があって。

ただまあ、これは断言しますけど、今作は考察が面白いです。
間違いなく少女病で一番面白い。
少女病作品の魅力のひとつに「シンプルで分かりやすい悪辣なストーリー」
というのがありますが、その「悪辣さ」が今までよりも多層的に描かれているのがポイント。
歌詞を一読しただけでは見えなかった部分が、聴き込み読み込みを進めるうちに
だんだん見えてくるようになる快感……まさに私が好きなタイプの作品です。

ほんとは考察記事を上げるつもりだったんですが、たらたら説明を書いてると
どうしても野暮ったくなってしまうので断念しました。
いちおう、方向性としては「メリクルベルの目的と思考」を中心にして
「自作自演説」「クレイジーサイコレズ説」「語り手黒幕説」「神への反逆説」
という4つの解釈を立てて云々、というのを書いてたんですけどね。
考察とは言いがたい妄想・願望レベルの内容も多かったのでお蔵入りです。
二次創作のネタとしては面白いと思うので、私にその能力があれば書いたんですけど。

まあ、とにかく色々な解釈ができて楽しい作品であることは間違いないです。
「不完全犯罪依存」「観客」「世界像」「偽幸者」「リンゴ」あたりのワードが
何を意味し、誰を対象としているのか……それを考えるだけでも楽しい。
中心にいるのはやっぱりメリクルベルで、彼女はなかなか奥ゆかしい人物ですよ。
言動は清々しいまでにヒールですが、「そのように振る舞っているだけ」と考えると、
途端に愛おしさが湧いてきますからね。
捉えようによっては最後の「多分、ね」や高笑いが全く別の意味に聞こえるようになるわけで。

スルメ盤という言葉がありますが、今作はまさにそれ。
解釈を重ねるごとに曲自体の印象もどんどん良くなっていくという。
これを全部計算ずくで作っていたら相当凄いと思うんですが、
正直それは微妙かなーという気もします。偶然の産物のような気が。
とはいえ新作も良かったですし、下火傾向の物語音楽を牽引する存在として
少女病には今後も気を吐いてもらいたいですね。


以下は曲の感想です。


01-不完全犯罪依存症

良くも悪くも今作を象徴するような曲。
最初聴いたときはいきなり五魔女会談なるものが始まりポカーンとなるけど
歌詞が馴染んでくると後半からの加速感が気持ちよくなってくる。
物語と書いてわざわざ<ストーリア>と読ませる中二ぶり、最高ですよね。
あとケンカの仲裁をするアイリーン様が萌えキャラ。

考察においては、「第一の魔女」であるシスフェリアが「新参の魔女」なのが何気に重要。
魔女のナンバーは魔女に選ばれた順番でつけられているわけではなく、
物語の語り手が意図的に決めているということになりますからね。
「語り手黒幕説」はこのへんが取っかかりになってたり。
少女病作品の語り手は『偽典セクサリス』でキャラクターとして示されてるので、
単なるメタ解釈ではないですよ。いちおう。


06-Still Unforgiven

RD大先生がノリノリで歌詞書いてるのが伝わってくる曲。
「何度も何度も頭を振って~」のくだり、フィーナさんが髪振り乱してヘドバンしてる様子が
浮かんできてつい笑ってしまうという。

この曲もねー、メリクルベル(メイメイ)の悪意というよりは語り手の悪意が強いんですよね。
フィーナの物語を『告解エピグラム』としてパッケージにしてるからこそ
この話は救いようが無くなるわけで。そもそも「Still Unforgiven」というタイトル自体がアレだし。
もしかしたらフィーナの未来はホントにメイメイが示したとおりで
メイメイは親切で言ってやってるだけかもしれんのですよ。
どうもね、この作品全体がメリクルベルを悪役に仕立て上げようとしている気がして、
そういう薄気味悪さがあるから解釈という名のこじつけを色々考えたくなる。


08-偽りなき聲

RD大先生がノリノリで(略
最初聴いて思ったのは「あこれ『The beautiful world』だ」でしたね。
メリクルベル=八雲紫だし『狂聲メリディエ』は『辿/誘』だわーという凋叶棕信者らしい感想。

この曲で描かれているメリクルベルとメイメイの関係をどう解釈するかってのが
今作のストーリーのキモですね。メイメイがメリクルベル溺愛しまくってるのは伝わるが
メリクルベル→メイメイの気持ちはほとんど描かれてないのがポイントだったり。
双方向の百合か一方通行の百合か、という……ここで一方通行とした場合が
「クレイジーサイコレズ説」になります。もちろんメイメイがクレイジーサイコレズです。


09-狂聲ドミナシオン

テンション高い曲だけど会食シーンだからなこれ!?
飯食う場面なのにドコドコドラム鳴らして疾走するのが面白すぎる。


10-最終楽章:魔女と七人の美しい少女

歌詞の捉え方によって印象ががらりと変わる曲。
ミリリ視点ぽいけどメリクルベル視点でも成立する歌詞が面白いですよね。
偽幸者、ショーケース、観客、毒リンゴ、世界像……このあたりのワードの多重性がたまらんのです。
そして最後の台詞と高笑い……あの笑いは誰に対する笑いなんでしょうねえ?
スポンサーサイト
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。