同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界の終わり、あるいは始まり』 (歌野昌午/角川文庫)

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
(2006/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る



東京近郊にて次々と発生する児童誘拐殺人事件。「身代金要求額が比較的少量であった」「身代金受け渡し前に児童は銃で殺害されていた」など、その手口は一貫しており、同一犯による犯行とみなされ捜査が進められていた。そんな中、会社員である富樫修は小学六年生の息子の部屋から一連の事件に関連する物品を発見してしまう。息子が事件に関わっている…そんな疑念を晴らそうと彼は事件について調べるが、状況は悪くなるばかり。疑念が確信へと変わる中、彼がとった行動とは?


あらすじを読む限り、本書はどうみても探偵小説やらミステリー小説やらにカテゴライズされる作品です。
しかし中盤以降のまるで選択肢性ノベルゲームのような実験作的物語構造や、モヤモヤ感の残る結末などクセが強く、万人にオススメできる本格ミステリー!とはとても言えませんね。自分としては、これはもうミステリーじゃない、って言い切ってもいいような気がします。ミステリーのアイデアやギミックをダシに作者は「人間」や「現実」を書こうとしたんじゃないかなーと思ってしまいます。読後感はどちらかといえば文学小説を読んだ感覚に近かったような。


さて、最後に主人公がとった選択。作中では「希望」だなんて言ってますが、きっとこれも逃避の内にすぎないでしょう。幾多の想像の中でも利己的にふるまい、逃げ続けた「探偵役」。しかし自分がもし本作のような「探偵役」になってしまったら…と考えると、彼を責めることはとてもできません。探偵は人間でありスーパーマンではない。本格ミステリーのような鮮やかな解決劇なんて、所詮御伽噺であり現実ではそうそうありえない。
本書の探偵役は家族の有り方に悩む人間だし、本書で示される結末はどうしようもなく現実的です。


お気に入り度
★★★★★★★☆☆☆(7/10)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。