同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] ある小さな夢のおはなし / クレバスランプ

ある小さな夢のおはなし
(2011/05)
クレバスランプ

公式サイト

◆分類
聖剣伝説2アレンジ・イメージ
民族ポップ

クレバスランプの3rdアルバム。
イメージ曲とアレンジ曲を混在させた独特の作風を一貫して続けているサークルで、
今回の題材は大好きな「聖剣伝説2」のアレンジということで、迷わず手にとりました。
前のM3作品から3枚選ぶ企画でも挙げたように、私この作品すごく気に入ってます。
何といっても「曲への愛着」なだけじゃなく、「作品への愛着」がビシビシと
伝わってくるのがいいんだ。ミニアルバムという、たかだか20分そこらの時間内で、
どれだけ聖剣伝説2の世界を表現できるか。この作品の密度の高さは
そのまま作品に対する愛の深さだと思います。

とにかくこの作品、表現方法の手数が多いのです。
Casketのメンバーによるノリのいい民族ポップサウンドを軸に、
語り、人間ボーカル、ボーカロイドのコーラスなども交えて緩急をつけながら、
メドレー形式のアレンジによって次々と場面が転換していく。
聖剣伝説2という作品自体、彩り豊かなファンタジー世界や、
少年少女の揺れる心の表現をテーマとしているわけで、
こうしたアプローチは原作の雰囲気にぴったりはまってると思います。

クレバスランプというサークルは今作ではじめて知りましたが、
面白いサークルですなー。「イメージ曲」というのは個人的に好きな手法です。
表現手段が音楽だからといって、アレンジでなければならない理由は
ないわけですし、こういうサークルがどんどん増えて、
「音楽による二次創作」の裾野が広がっていけばいいなあ、と思います。

◆曲の感想
01-白鴉がはばたく空に
ノリノリの民族ポップサウンドに乗せて奏でられる「愛に時間を」「未知への飛行」・・・
いきなり大判振る舞いじゃないですかー!あざといなあもう!
だがそれがいい!この出し惜しみしない感じがいいんだ!

02-風と伝説と~妖精族のたわむれ~
ノリのいい民族ポップサウンドに、演技がかった少女の台詞。
イメージ曲ですがこれは明確に見世物小屋のアレを表現したものだろう。
陽気な雰囲気が楽しくていい感じだ。

03-神より生まれしもの
前曲から一転、ピアノやストリングスによるしっとりしたアレンジに。
「夜の魂」→「浄夜」→「天使の怖れ」!この流れだけでもすごい破壊力なんだが、
そこに加わるボーカロイドのコーラスがまじで良い!「マナの聖域」のあの
神聖で排他的な未開の地っぽさ、あれを表現するのにボーカロイドを使ってるんだ。
これは人間のコーラスでは表現し得ないでしょう。すげえアイデアだと思いますほんと。

04-ねがいより、せかいを。
前半部は女性ボーカルによる包むような歌唱、そして中盤からはそれを
振り切るようなドラマティックな民族サウンド。これはたまらん!
中盤からの展開は「時の傷痕」みたいですげーカッコイイです。
イメージ曲ながら、この展開と曲名を含めて考えるとこの曲が
いちばん「聖剣2してる」と思う。聖剣2って、今でいう「セカイ系」な
要素はあるんですよねー確かに。

05-僕はそれを友達とよんだ
この曲、相当思い切ったことやってるので、
好き嫌いがはっきり分かれるんじゃないかなーと思います。
「子午線の祀り」「危機」をメタリックにアレンジするのはもうお約束というか、
みんな大好きなアプローチだと思いますが、問題は間に挟まれる「ねがい」だ。
疾走感に水を差すかたちで挿入される「ねがい」。これたぶん「マナ」の演出ですよね。
聖剣2を覚えてる人は知ってるだろうけど、ラストバトルでは、
「マナ」の魔法が発動すると曲が一瞬止まる。この曲における「ねがい」は
その「一瞬の停止」が走馬灯のように引き延ばされたものなんじゃないかなと思いました。
振り切ったはずの逡巡がかすかに脳裏をよぎりつつも、
それでも世界を救うため、剣を手に取る。「ねがい」から「子午線」に戻るときの
チャキン、という効果音。これにマナの剣を構えなおすランディの姿を重ねると
あのラストバトルの興奮を思い出して胸が熱くなる。
アレンジャーさんのこだわりがはっきりと出た、素晴らしいアレンジだと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。