同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想] Tåge / Ritorno

Tåge
(2011/05)
Ritorno

公式サイト

◆分類
アンビエント
物語音楽

Ritornoといえばミュージカル風ボイスドラマ・・・なんですが、
なんと今作にはミュージカル要素もボイスドラマ要素もありません。
ストーリー仕立てになっているものの、形式的には普通の音楽です。
ただそれでもなんというか、「劇性」みたいなものは確かに宿っていて、
アレンジはピアノがメイン、ボーカルは1名だけという小規模な編成ながら、
その音空間にはさながら死者の国のような浮世離れした雰囲気が満ちています。

物語は「Cannaシリーズ」に登場する「霧」の成り立ちと、
おそらくは1作目「Canna Duex」の前日譚を描いたものでしょう。
シングルサイズということもあり、ファンディスク的な作品なのだと思います。
「Ritornoらしさ」は確かにあるものの、明らかにイレギュラーな位置づけなので
Ritornoを聴いたことない人はまず「Canna Cinq」と「Zanni」を聴きましょう。
それにしても、1作目を持ってる人ってどれくらいいるんでしょうねー。
かなり入手困難でありながらこのような作品を出すとはなんという生殺し。
でもこれが同人音楽なんだよね・・・一期一会の重みを感じます。

◆曲の感想
01-黒い森を呪った男
ピアノアンビエント風のインスト。ストーリーはブックレットに書かれてる。
それにしてもピアノってこんなに有機的な楽器だったっけ・・・と思うほど
緩急・高低・強弱によってさまざまな表情を見せてくる。
今回人は演技してないが、代わりにピアノが演技してるみたいだ。
今作の排他的な・・・人を寄せ付けない雰囲気は、そういうところから
来てるのかもしれません。

02-霧
引き続きおどろおどろしいピアノアンビエントに女性ボーカルが乗るが、
これがもう、怖いくらいに美しい。ドラマティックなメロディが淡々と歌いあげられていく。
ほんとに死者が歌ってるみたいなんですよね。死人の体温をさして
「氷のように冷たい」とか良くあるけど、印象としてはあんな感じ。
彫刻のような美しさ。そして不気味さ。ほたるさんは前作のラプンツェルでも
素晴らしい歌声を披露してくれましたが今回も凄まじいパフォーマンスです。

03-霧から生まれた少女
多重コーラスが使われ、ほたるさんの歌声がさらに神々しさを増しておる・・・!
この人の無垢で薄幸で献身的な感じの歌声はほんとうに好きだなあ。
アレンジは「私はオフェーリア」の後のフォルテッシモ感(?)が良い感じ。
今作はストーリーの都合上、畳みかけるような盛り上がりポイントはないけど、
こういう、グッとこみあげてくるような演出はやっぱRitornoだなーと。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。