同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方紅楼夢7 注目作品まとめ

10/16開催「東方紅楼夢7」の個人的注目作品をまとめました。
今回は珍しく会場参加できそうなので、委託であまり見かけない
規模小さめのサークルを中心にチェック。バナークリックで特設ページへ飛べます。
バナーがないところはタイトルクリックで。


Akatsuki mini Dream/ 夕焼けコンテナ

14曲入り500円・インストメインでボーカルアレンジが1曲。
今回の最注目作品!「朝」をテーマにハウス・ロック・民族・エレクトロニカなど様々な
ジャンルの曲が揃っていますが、音が爽やかで透明感があって、どの曲も輝いてる。
なんというかこう・・・「ときめき」を感じさせてくれるアレンジです。



- -深淵へ至る閉じた瞳へ至る深淵- -/ ma-hi-te

7曲入り500円・インストアレンジ。
「古明地こいし」コンセプトアルバムとのこと。無間の鐘とハルトマンの繰り返しからなる
トラックリスト、変拍子にまみれながら螺旋の中に堕ちていくような倒錯的なアレンジ・・・。
最近流行(?)のオーケストラアレンジですが、非常に挑戦的な作品だと思います。
そしてジャケを担当したのはKrik/Krakの繭木さん!こちらも最注目級。楽しみです。




幻想の境界 -the Garden of phantasmagoria-/ Secret Messenger

14曲入り1000円・インストアレンジ。
これは驚きました!梶浦由記さんあたりを彷彿とさせる、エスニックかつ荘厳な
オーケストレーション、美しすぎる造語コーラス・・・。今回の新譜の中で
異彩を放ちまくっている作品。ぞくぞくする。



Vermilion/ toiro sounds

4曲入り100円・ボーカルアレンジ。
曲数は少ないながら、女性ボーカルのパフォーマンスが凄い。
1曲目のボカロみたいな甲高くて可愛らしい歌声とその他の大人びた歌声が同一人物なのか!
ジャジーな雰囲気も素敵だし、これで100円は非常にお買い得なのではないでしょうか。



東方恋夜月/ マンダラ小匣


10曲入り700円・インストアレンジ。
「月」をテーマにした作品とのこと。これも色々なジャンルが混じっているが、
流麗なピアノを始めとしてアコースティックな雰囲気にたまらなく癒されます。
耳触りの良い音作りが気持ちいいですなー。



還郷 さとがえり/ マンダラ小匣

6曲入り700円・ボーカルアレンジ。
男性ボーカルはあまり好きじゃないんですが、包むような優しげな歌声にやられました。
ファルセットを交えたコーラスワークが素晴らしい。最近流行りのロック系の音じゃなくて
ピアノを基調としたアコースティックなバックオケであることもとても好み。



空想Nocturne/ micro planet

5曲入り400円・インストアレンジ。
ジャンルがよく分かりませんがまさに「幻想的」という言葉が似合いそうな癒し系アレンジ。
星空っぽいというか宇宙っぽいというか、ロマンティックな雰囲気が良い感じです。



PAX PHANTASICANA/ 大東亜研

6曲入り100円・花映塚オンリーインストアレンジコンピ。
ああ、いいなあこういうノリ。まさに同人って感じがする。
100円ながら曲もけっこう良い感じで、1曲目の壮大なオーケストラとか
5曲目の呪術的な雰囲気のアレンジなんかはかなり好みですなー。



記者の迷い込んだ冬 / 木製みゅーと

4曲入り300円?・インストアレンジ。
猫又Masterさんに影響を受けてるらしく、ノリのいい民族系のアレンジが聴けます。
4つ打ちのリズムと笛の音色の絡みがたいへん心地いい。



廃獄ララバイ / Scrapyard

10曲入り500円・ボーカルアレンジ。
いわゆるロキノン系男性ボーカルアレンジで一番良いと思ったのがこれ。
何故良いと思ったのかはよくわかりません。多分声質が好みなんでしょう。
この手のジャンルとしては演奏にも力が入っている・・・ような気がします。



In The Shower Room / onionclub

8曲入り500円・ボーカルアレンジ。
こちらも男性ボーカルのロックアレンジですが、演奏がメタル寄りでかっこいい。
ボーカルはアクが強いけど、ハマると癖になりそうな気もします。



秘封夜の小景 ~ Starry Sound Scape / ごんばこんなか

7曲入り300円・インストアレンジ。
秘封倶楽部オンリー。宇宙っぽいシンセサウンドにちょっと民族要素が入っててステキ。
ファンタジックでノスタルジック。これは好きな雰囲気です。



There are not any colors, not any words, not any b.g.m. / ORPHIC STUDIO

今回のダークホース。なんとなんと、原曲を一切使わず、ジャケにキャラを
用いることもない、純然たる「幻想郷」イメージアルバムだそうです。
こういうのどこかやらないかなーと思ってたんですが、まさかオンリーイベントで
出してくるとは・・・その気概に感服です。多分真っ先に買いに行きます。




とりあえずこんなもんで。「自分の知らないサークル縛り」で虱潰しにチェックしたんですが、
思った以上に良さそうな作品が多かったです。うむ、明後日が楽しみだー!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。