同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] eureka /fromadistance

mid01eureka
(2009/12)
fromadistance

公式サイト

トラックリスト
01-avatar
02-apotheosis
03-still,calling
04-Aureole,again
05-kamunagara
06-ideal
07-Veda
08-a field of clouds
09-eureka

spctrmさんの個人サークル、fromadistanceのインストアルバム。東方アレンジです。
本作で行われている試みは、「原曲のフレーズを以って、原作を解釈する」というもので、
原曲のアレンジというよりも、原作のアレンジと言ったほうが伝わりやすいのかも。
こういった試みや、民族系楽器を多用する作風からは、
BITPLANEの「竹取物語」に近い雰囲気を感じ取れます。
ただ、両者は明らかに向けられているベクトルが違っていて、
「竹取物語」は、東方の持つ暗黒性…妖怪が生来有する不気味さの表現を目指したもので、
一方この「eureka」は、東方の持つ神秘性、荘厳さ、風景美といったものの表現を
目指したものである…そんなふうに私は解釈しました。

面白いと思ったのが、このアルバムのコンセプトの置き方です。
公式サイトには「一人の人物が見た幻想郷をイメージしています」と記述されています。
そしてこの人物とは、ジャケットやトラックリストからみて、東風谷早苗だと類推できます。
この「早苗視点」でアルバムが作られている、というのが個人的にツボなんです。
早苗というキャラクターは幻想郷の外からやって来た人物。つまり立ち位置としては
同じく幻想郷の外にいる「リスナー」に一番近いところにいる。
つまり捉えようによっては、「われわれが幻想郷を見たときに、どう感じるか」
「アタマの中で、どんなイメージが、どんな音楽が流れてくるか」
そういう、メタ的な要素を包含しているんじゃないか、と考えられるのです。

まあ、このあたりの解釈は、ほとんど私の妄想のようなもので、
たぶん作者さんの意図とは大きく外れているんだろうとは思いますが、
インストという制限された表現形態で、リスナーの想像力をここまで喚起できること自体が
この作品が半端なく完成度、自由度の高い作品であることを示している、と。
私はそれが言いたかっただけなんですよ。

さて、ここまで長々とコンセプトがどうのと書いてきましたが、
肝心の曲そのものについても書いておきます。あんまり技術的なことは分かりませんが…。
本作のアレンジは全編通して、民族系楽器を多用しています。
目をつぶって耳をすませば、幻想的で広大な風景がたちまち浮かんでくるような、
ゆったりと、しかしスケールの大きなアレンジとなっています。
あれこれ難しく考えなくても、ヒーリングミュージックとしてまったり聴くだけでも
十二分に世界観に浸れる、とても綺麗な音楽だと思います。
民族系アレンジ、ヒーリングアレンジ、或いはコンセプト色の強い作品を求める人に
おすすめします。聴きながら色々なことを考えられる、いい作品ですよ。


<お気に入り曲>
・Veda
「虎柄の毘沙門天」のアレンジです。原曲からしていかにもこういうアレンジが合いそうだと
思っていただけに、嬉しい選曲。しかも作品中で一番アグレッシブでカッコいい曲調とくると、
これはもうたまんないですね。
それにしても、アルバム中にたまに出てくる「きゅうういいーん」って音が鳴る楽器は
何なんでしょうか。あれの音色、すごく好きなんですが…。音色から楽器を辿るって難しい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。