同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOCALOID PARADISE 関西 注目作品

3/25開催のVOCALOID PARADISE 関西に参加予定なのでサークルリストから
試聴総当たりして気に入った作品をピックアップしてみました。
新譜中心、一部旧作もあり。


バクの心臓 / イヤイヤP



これは凄い。ピコピコ音とベースの低音、甲高く調整されたボカロの歌声、
この組み合わせが奇妙な音空間を生み出している。海中、月面、夢の中・・・
引力というか重力というか、ここではないどこかに引き込まれるような感覚。
間違いなく今回の目玉でしょう。



灰色前奏曲 / イントロP



複数のボカロを使っての合唱や掛け合いなどが非常にドラマティック。
曲調の振れ幅は広いものの、どの曲にも懐かしさや温かみがこもっており聴きやすい。
通しで聴いた時どう感じるかが一番読めない作品、これもかなり注目してます。



Pure Rhythm / muhmue



テクノポップとかそっち系。爽やかな雰囲気の曲が多いが低音が本気を出してるせいか
ボカロポップスで感じがちな浮ついた印象がないのがいいなあ。
歌声とメロディとリズムのバランスがいいんだわ。抜群の聴き心地。



あくとわんっ! / パトリチェフ音楽工房



ソウルとかファンクとか聞きなれない単語が並びそのへんのジャンルは良く知らないけど、
陽気で楽しいポップスとして全然いける。リンの歌声のバリエーションが多彩で
聴いててなんかうきうきしてくる。「リンちゃんが好き過ぎて作りました!」と言うだけあるわ。
「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーい!」



秒速7ミリメートル / 遥風 啓司(風筒P)



UTAUオンリーアルバム。UTAUってテトくらいしか聴いたことなかったけど、
これ凄くないですか?春歌ナナとかまんまななひらさんですやん!かわええ。
UTAUがすごいのかこの人の調声がうまいのかは知らないけどこの作品に限れば
正規のボカロよりも好きかもしれない。曲も自分の好きなタイプのポップスで良い感じ。



The Art Of Real Sounds vol.1 / Headfish Lab.



「生演奏」「水」がキーワードなコンピレーションアルバム。
コンピレーションとは思えないほど落ち着いた雰囲気に統一されていて安心して
聴ける一枚に仕上がってそう。ボカロは電子音のほうが合うイメージだけど
こういうのも案外良さそうだなあ。



Multiple Personality / なるしまたかし



一年くらい前の作品だけどたぶん頒布されてる・・・と思う。
超絶あざといザ・同人ゴシック「Gothic and Loneliness」がやはり目立つけど
そのほかの曲もクセがあってなかなか良さげです。



プラネタリウムをみにいこう / AuroraP


しんみり、しっとりとしたメロディがとっても綺麗なバラード。ルカさんの声も綺麗。
ちょっと民族・和のフレーバーもあり、同人音楽ではclover fieldsあたりに近いかな。
それにしてもいいメロディだ・・・やっぱバラードはメロディですよメロディ!



SS -扉の向こうのその先へ- / ROVINE

新譜の試聴はないけど旧譜のを聴く限りではKAITO・MEIKOを使った民族系の楽曲かな。
この手のものが好きなのは言わずもがなですがSS(短編)というテーマやタイトルからは
コンセプト的なワクワクも感じられるし楽しみな一作です。



systems / window's fan club

「アプリケーションとしてのボーカロイドとシステム用語」というコンセプトは
非常に面白そう。ただ音楽作品というよりは画集メインでプラス音楽、という感じ?
いずれにせよどういう仕上がりになってるか気になる作品。



以上、ぜんぶで10枚ですね。小規模なイベントにしては結構がっつり。
ボカロ系のイベントに行くのは初めてなので知らないサークルばっかりで
いつもより試聴めぐりも楽しかったです。やはり新しいものとどんどん出会いたい。
当日はネットで交流のある会ったことない方と何人か会えそうなので
そういうのも楽しみ。レッツ出会いの春!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。