同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想いろいろ

ここのところ長文を書く気力が湧かないので、最近2ヶ月くらいの間に聴いてたCDの感想を
つらつらと書いていこうと思います。


◆ハートマークの特殊解 / かぜのねれこーど
ボーパラ関西で買ったもの。女の子視点の恋の歌とか中心の私にはちょっときついくらいに
ふつーーのボカロポップスです。でもメロディが良い。めちゃくちゃ良い。
良いというか自分好みというか、とにかくほぼ全曲にわたってツボに入る。
特に「恋圧オシロスコープ」、これはキてまっせ。



「好き」って叫びたいのーーー!!!



◆cosmorium / ざうに
これもボカロ。こっちはボーマスだっけか。深海と宇宙がテーマってことであーなんか
ゴポゴポゴポーって感じのアンビエントなんだろうなーと思って買ったら、
民族っぽい曲やら大仰なオーケストラやらドラムンっぽい音やらなんやかんや
すげー賑やかな音楽が詰まってて驚きました。メロディも粒ぞろいで聴きやすい。
「遙か古代に栄華を誇った海底都市」みたいなイメージ。
ボカロの機械声も幻想感の演出に一役買っていてまったく気にならない。
ニコニコ動画にだいたい投稿されてるけどこれはアルバムとして聴くもんですね。
試聴もせずに買ったので1曲1曲がとにかく予想の範疇を超えていて
純粋に感動しました。でもこういう作風はニコニコでは活動しにくいだろうなあ。



◆Le petit bois / Clinochlore
M3作品。試聴時点でボーカルの森野木々さんの声にドハマリし、通販こーい通販こーいと
祈っていた作品です。通販してくれてありがとうございます!ありがとうございます!
森野さんの声を一言で形容するなら、そう「歌姫」!ひと昔前の同人音楽ではよく使われてた
言葉だけど、最近はあまり聞かなくなったよねえ、歌姫。彼女の声にはそんな歌姫感が
あるんだ。何がそう思わせるのかは分からないけど、とにかく包容力というか、
そういうものを感じるのです。
作品としてはよくあるファンタジー民族モノのカテゴリに入るんだろうけど、
「森の小さな贈りもの」みたいな紙ジャケと歌詞カードといい、良い意味で小さくまとまってて
癒しパワー高い。でもってそんな雰囲気の中での唯一の疾走曲「blind world」が
すげーかっこいい。ただの雰囲気モノ作品じゃなくてしっかり芯がある。
今後もいいものを作り出してくれるんじゃないかなー。



◆Beats Per Memory / Rococo
前作『東方鏡鳴歌』は昨年出た中では指折りの作品だったと断言できたのだけど、
今作は作風をガラリと変えてちょっとうーん・・・てなりました。
クラブサウンド風ってことで単純に自分がこういう音を好まないのもあるけど、
あの二人のボーカルには正直合わんと思うんだよねえ。ただそれでも非凡なモノは
やっぱり感じます。詞にしろ展開にしろ「I hate you」なんかは彼らにしか
作れないと思うし。まあ次回はオリジナルらしいので、今作の挑戦を生かして
また良いものを作ってくれたらなーと思います。



とりあえずこんなもんで。
しばらくはこういう書き方を続けると思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。