同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[C82} Yonder Voiceのこと


あくまで私の観測範囲内での話ではありますが、今回Yonder Voiceというサークルが
けっこう注目を集めています。このサークルについて私が持ってる作品は
何年か前に出してた『Shrine Maiden Promotion Disc』だけで、そんときは確か
Sound Onlineみたいなピアノトランスでボーカルの声が透明感あってええなあって
程度の感想しか持たなかったんですが、新作デモ聴くとえらい様変わりしてて驚きました。
トランスっぽい音も残ってるけど、シンフォニックな音を纏い壮大に展開するバラードとか、
いかにも同人ゴシックロックっぽい曲とかもあり、なんというかこう・・・すごく怪しい。
いや、妖しい?なんなんでしょうね、この謎めいた雰囲気は。
いちおう元ネタが「鏡の国のアリス」ってことは分かるけど、果たしてどういう作品に
仕上がっているのやらさっぱり分からない。中国のサークルということもあり、
参加者の情報がまったくないこともそれに拍車を掛けているのかも知れません。

ということで、今回の試聴を聴いてこのサークルが気になってしまったので
情報を得るべく先日過去作を買って何度か聴いてみました。
買ったのは2つ前のアルバム『Seeking』と1つ前のシングル『少女禁閉密室』。
以下に簡単に感想を書いてみます。


◆ Seeking
東方アレンジアルバム。ボーカルはサークルメンバーである2人の女性ボーカルが
メインだけど編曲には外部から8名、作詞には4名参加し、かなりの大所帯です。
トランス・テクノ系がメインといえばメインだけど、例えば2曲目の「少女」なんかは途中
語りが出てくる(Dream Battle(キリッ)からの早苗曲と霊夢曲の掛け合いは大変熱い)し、
7曲目は超マニアックな「Intermezzo」のアレンジが聴け、8、9曲目に至っては
オリジナル曲であり、もはや東方アレンジですらありません。しかも8曲目は全部中国語詞。
曲調もこれ見よがしに中華風でもう何が何やら。しかもやたらいい曲だったりする。
そんな感じで、良く言えばバラエティ豊か、悪く言えば散漫といえる作品でした。
ちなみに編曲、作詞のメンバーは新作にはひとりも参加していません。謎の人脈。

◆ 少女禁閉密室
実質2曲の東方アレンジシングル。1曲目の編曲をしている十二月夜さんは新作で
メインコンポーザーを務めているため、新作の雰囲気が味わえるかもと
思い聴いてみるとこれが素晴らしい。デジタルリズムにか細い声の女性ツインボーカルに
くっせえメロディ、畳み掛けるような早口ボーカル・・・こ、これは同人ゴシック!
間違いない、上月幻夜とかLand-YouとかSentireとかそっちのカテゴリでっせ旦那。
で、もっと面白いのが2曲目のほう。こっちはまた別の編曲者なんだけど、
曲調がもうイントロからしてちょい昔の芋臭いアニソンのノリでさすがの私も
これは吹いた。「Sound Onlineみたいな透明感あるトランス」とは何だったのか・・・。
しかし曲自体も悪くなく、ラストにかけてのギターソロのドラマ性にはなかなか
グッとくるものがあり、何とも複雑な気分に。


とまあ、こんな感じで過去作に触れてみたんですけど、うん。よくわからない。
とりあえずサークルメンバーはボーカルのお二人のようだけど、ゲストアレンジャーが
作ってくる変な曲の数々をノリノリで歌いこなしており、彼女らの技量の高さと
肝の据わりっぷりはどうやら確かなもののようです。で、過去作2つはほんとに
ゲストが好き放題作っているだけの感がありはっきり言って散漫だけども、
それを知った上で最新作を見ると、シナリオ担当がついてたり
コンポーザーにも総括者を立ててたり、各曲にイラスト担当がついてたりと、
「コンセプトアルバムを作ろう」という彼女らの本気っぷりが伝わってきます。
しかもネタは最近流行のアリスネタ。間違いないぞ、勝負に来てる。
ジャパニーズ同人音楽ファンを殺しに来てるぞ!

私の夏コミの期待作は依然として少女病と凋叶棕が双璧を為しているけど、
その牙城を切り崩す者がいるとすればこのYonder Voice。ひょっとするとひょっとする。
いや、ひょっとしてくれ。双璧二つはもはや鉄板だし心配はしてないけど、
やっぱりこう、あまり知らないサークルの中から素晴らしい作品に出会いたい思いは
ずっと持ってますからね。その出会いのために同人に触れているといっても過言じゃない。
この作品が自分にとって良い出会いになってくれるよう祈りつつ
夏コミ当日、私は九州で酒を浴びるように呑んでいることでしょう。ではでは。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。