同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Minstrel] あの日の蜃気楼のこと

今日も元気に新譜感想とまいりましょう。本日はこちら!ドン!



Minstrelの『あの日の蜃気楼』!
このサークルに関しては自分はもうその品質を信頼し切ってて今回も試聴せずにポーンと
買っちゃいましたね。買うときにとらのあなの店頭で綺麗なメタルバラードが流れてて、
で、それがこの作品に収録されてる「夢結び」で。お、今回もええなあと開封前から
確信できました。うん、今回も安心のMinstrel節よ。

音的にはそんなに変わってない、良くも悪くも安定感のあるメタリックエモコア(?)
みたいなやつで、相変わらずLIQU@さんの歌声は伸びやかで綺麗です。
編曲面でおっと思ったのはやっぱ5曲目ですかねえ。大仰なシンセとコーラスに
早口パート・・・ペロ、これは同人ゴシック!ええ、もちろん大好きですとも!
yuta-LIQU@コンビはやろうと思えば何でも出来る気がしますねえ。貫禄がある。

それと、今回は(今回もだけど)お話のほうも良かったですね。1、2作目のゆかゆゆの
流れを汲んで、今度は妖夢にスポットを当てたお話。ゆかゆゆが共有した時間というのを
妖夢は知らないわけで、そのもどかしさを「蜃気楼」という言葉で表現している・・・って
感じですかね。ジャケ絵において、妖夢は幽々子のほうをはっきり見ているのに、
幽々子のほうはどこか遠くを見ているようで焦点がはっきりしないのがいいですね。
この三人の関係は私も好きです。

そんなわけで、妖夢ちゃんにとっては今回は少し残酷な話だった気もするけど、
まわりの曲が彼女を励ますように配置されてるのがいいですね。
「星空プラネタリア」が再録されてるのはもちろん手抜きなんぞではなく、
プリズムリバーは「君」の対象を妖夢に変更して彼女の想いを運んでいる。
このへんは2作目のライナーノーツ(サイトに公開されてる)を見てみれば分かります。
それと最後の「感情スカイスクレイパー」ね。この曲でしっかりと前を向かせる
かたちで背中を押して作品を〆てる。キャラに対する優しさというか、愛着を感じますねえ。

Minstrelって「メタル的なかっこよさ」ばかりが話題になりがちな気がするんですけど、
実際はそれだけじゃなくて、歌詞の言葉選びのセンスとか、二次創作に対するポリシーとか、
視点を変えてみると色々な魅力が見えてくるサークルだと思うんですよね。
そういえば前作の感想って私書いてなかったですけど、あれなんかは二次創作として
超異色作と言ってもいい作品だし、このサークルは実はかなりの曲者ですよ。
というわけで、全国のミンストレラーの皆さんもそうじゃない皆さんも時々は歌詞カードを
手にとってにらめっこしながら聴いてみると、きっと気づくことがあるんじゃないかな!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。