同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方紅楼夢8 注目作品とか

更新をさぼってる間に気がつけば明日は紅楼夢!関西勢の私はもちろん参加です。
というわけで今回も購入予定のものを並べておきます。
チェックの際はFOOLの同人音楽室さんのリストを活用しまくりました。
紅楼夢参加の音系サークルが見やすく網羅されてるのでみなさんも参考にしましょう。

上からだいたい注目度順に並んでますが適当です。
バナーもしくはタイトルから特設にリンク貼ってます。
soundcloudとか貼るのはなんかもっさりするので諦めました。


◆手のなるほうへ!



今回ボーカルものでぴんと来るのがあんま無かったんですけど、これは来たね。
元気で一生懸命なボーカル、こういうのでいいんだよ、いやこういうのがいいんだよ!
あと、最後の曲にななひらさんが参加しているのも当然見逃せません、ビバ電波!



◆ビブロフィリアの夜



秘封倶楽部×童話作品らしい。最近の秘封作品のなんでもアリっぷりがヤバイ。
童話作品と一口に言ってもドグラマグラからまんじゅうこわいまで題材の幅がやたら広く
そもそも童話ですらねえだろうと言いたくなるけど、曲調もそれに呼応するように実に多様で、
しかも曲ごとにイメージイラストやSSもついてるみたいでかなりガチな作り。
初出は9月の秘封イベントなので、扱いは旧作だろうけど相当力の入ってる作品であることは
間違いないのでこの位置に。



◆秘封サウンドスケープ集Ⅰ



このサークル、去年もリストアップはしたんだけど迷った末結局買わなかったんですよね。
だが今回は迷うことなく購入即決。去年も同じく秘封が題材だっただけにその進化っぷりが
良く分かるというものです。蓮台野夜行のストーリーを作者解釈で再構築した感じでしょうか、
トラック3~5あたりの異世界めいた禍々しさがたまらんです。章仕立てで前後対称な構成や、
「騙」と「かたり」と「語」表記の違いなんかは要注目。



◆東方光恩頼



雅楽アレンジ!雅楽アレンジですよ!和風なんちゃらとかのアレじゃなくガチ雅楽勢!
しかも生演奏だしほんとこの世界はよくわからん。ただ、何より注目したいのは
ただ東方曲を雅楽で演奏した、ってだけじゃない点です。打ち込みサウンドを混ぜ込んだり、
ボカロの歌声を使ったりして独自の解釈で東方の世界観を描き出してるのは素晴らしい。
ライナーノーツを是非見て欲しい。東方とは、幻想郷とは、という作者の想いが
よく表れていて、非常に読み応えがあります。



◆逆行不能のアルカロイド計画



クラブミュージックがベースのアレンジみたいですが、ゲーム音楽っぽさがイイ感じに
残っていてとても聴きやすい。クラブサウンドならではの高揚感、疾走感をまとって
グイグイ進行してるーおおー気持ちいいなー…と思いきや人を食ったような
コミカルなアレンジが飛んできたり、ピコピコしてたり打ち込みギターが前に出たりと
クロスフェードを聴いてるだけでもバリエーション多彩でワクワク感すごい。



◆第三地球空洞説 ~ Secrets of the Subterranean Girls



東方風オリジナル曲、という一風変わったアプローチをしている作品。どんなもんかと思って
試聴してみたらほんとに東方風というかZUN風としか言いようのないソレだった。
音源もメロディもそれっぽい。ZUNさんの新しい曲だよーって言われて聴かされたら
普通に信じてしまいそうだ。こう・・・絵界隈でいうところのメディンキさん的な面白さ。



◆猩紅フレーバー



去年の紅楼夢で知って気に入ったサークルの新作です。相変わらずジャケ絵がかわいい!
ゲーム音楽の「らしさ」はそのままにジャジーでノリよい雰囲気を盛り込んだ楽しさも
相変わらず。今回は9曲もあり、過去作にないタイプのアレンジも。試聴にない3,5曲目が
気になるところです。



◆★☆★☆★☆★



ここはキャラクターやテーマを絞って取り上げるのが上手いサークルで、
今回も「地霊殿魔理沙」に題材を絞っていますね。ポコポコフガフガ鳴ってる
オーケストラサウンドがやはり好みにピシャリ。試聴部分はかなり情報を絞ってる
感があり、今回も色々な仕掛けを打ってそうなので非常に楽しみです。



◆Continuity



「幻想郷の風景」をコンセプトにした作品をこれまではよく出してたけど、なるほど
これもその延長線上にあるかもしれませんね。こいしちゃんの心の風景。こいしちゃんは世界。
今までのヒーリング系の路線とはうって変わってダウナーな雰囲気が強く、「おおっ!?」と
思った度は今回最高かもしれない。



◆すきまむすび



東方ギャルゲー風アレンジアルバム。ああ、確かに・・・という曲が揃ってますね。
昼下がりの校庭みたいなまったりしたアレンジが多いですが、ギャグシーンとかに
使われそうなドタバタ曲が一部あったりして面白い。いいよね、こういう気楽に聴ける一枚。



星空へまっしぐら!

おー、これは自分にとって非常に「しっくりくる」アレンジですね。ちょいチープな音源で
色々な曲調があって、はっきりとしたメロディの主張がある。ゲーム音楽アレンジの
原点というか、おふくろの味というか、そういう素朴な良さがありますねー。
今回が初作品で13曲入り300円、いやーいいですよね、こういうの。同人って感じだ。




よーし(やり遂げた表情)、全部で11枚、こんなもんですかね。
今回はこれ!っていう作品はないけど、インストに安くて良いのがたくさんあってほくほく。
それにしても前日の23時に上げる注目作品記事とか誰得の極みすぎてやばいですね。
まああれです、自分のイベントボルテージを高めるためにやった記事ということで。
何せ紅楼夢は関西イベントの中ではかなり盛り上がる部類ですからね、気合です気合!
もっともやることは「これください」とサークルスペースを30分でまわり、あとの
数時間は雑談するだけなんですけどね!とにかく明日は楽しむぞー!(ヤケクソ)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。