fc2ブログ

同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

2023秋M3 注目作品 その1

10年ぶりくらいにM3に行くことになったので、久しぶりにやりましたよ、
サークルリスト総当たりチェックをな!

M3公式ページにあるサークルリストを上から順番にリンクを踏んでいき
全てチェックするという伝統の技ですが、今のサークル数でやるのはきつかった……!
10時間近くかかったんじゃなかろうか。

とはいえ、収穫もたくさんあり、多くの注目作品を見つけることができました。
せっかくなので、ここで紹介しておきます。



Melty Snow Heart /ときもさうんど(C15b)



女性ボーカルのポップスですね。
ポップスをやるサークルが昔より多くなったなあ、とチェックしてて思ってたんですが、
本作はメロディがとにかく好みでした。1曲目からびびっときました!
短い試聴時間でピンとくる作品は購入後もよく聴く印象があるので、これも楽しみです。



Museum of CatClassical / 五線譜クラシカル(K02a)



ピアノ中心のインスト作品。
叙情的な甘いメロディも素敵だし、何より音がいいですね。
SFC〜PS初期くらいの頃のゲーム音楽みたいなちょっと固くてくぐもった感じの音が好きです。
ストレスなく落ち着いて聴き続けられそう。



In Sail! / うたたね(K01b)



世界旅行をテーマにした女性ボーカル作品。
女性ボーカル3人組のサークルとのことですが、それぞれ歌声に個性があり、
曲調も民族系とかジャジーなのとか、壮大な雰囲気のものなど様々。
サークルの特色とアルバムコンセプトがぴったり合ってて好印象ですね。



ELECTROPIA E.P. / MUSIRISCA(K04a)



多重コーラス民族系音楽に電子音楽を混ぜたような不思議な音楽。
MUSIRISCAさんについては昔に「Anemone」という作品を聴いたことがあり、
その時からすでにクオリティは高かったんですが、さらに進化して独自性も獲得していてすげえなあ〜と感心するばかり。1曲目がオンリーワンな感じで特に好みかな。



夏の果てには何がある / PARUXU(K21a)



女性ボーカルの青春ポップロック。
ピアノ+ストリングス+バンドサウンドの爽やかなアンサンブルが気持ちよく、
情感をたっぷり込めて歌われるボーカルも素晴らしい……と思ってクレジット見たらSynthesizerV Maiって書いてて!!!???!!ってなりました。歌声合成ソフトウェアってすげー。



Transcend Ascension / Ayamelon(N-01b)



デジタルJpopで女性ボーカル……ってこれもSynthesizerV Maiか!Maiすげえ。
作者さんのプロフィールにも書いてある通り、fripside的なやつですね。
今回のM3にも近いジャンルの作品はいくつかあったんですが、本作が一番しっくり来ました。
こういうのは定期的に摂取したくなるから助かる!



Mean a Lot / Akki(N-02a)



女性ボーカルのポップス。
これはベストアルバム的なものなのかな?全体的に明るく可愛く賑やかな雰囲気ですが、
ミュージカルのような曲も入っていたりバラエティ豊か。
おもちゃ箱のようなわくわく感があり、早くフルで聴きたい!と思わせてくれますね。



OSANANAJIMI / Old-Friend-Syndrome(O-20a)



女性ボーカルのポップス。
作品タイトルとサークル名からして幼馴染フェチを拗らせているのが伝わってくる……!
ネタっぽく見えますが曲は切なくノスタルジックで、確かに幼馴染に対する憧憬のようなものが伺えます。
これが1作目ということで、作りたいものを作ってる感じが好感が持てますね。



あの空を見上げて / きつねのあなぐら(P12b)



チップチューンのインスト。
ピコピコサウンドの中でも特に私が好きな部類の曲調ですね!
「天国の塔」というインディーズゲームの作曲をしているflassygoodnessという方の作風を思い出します。明るい雰囲気なんだけどちょっと切ない、みたいな。



ノアの箱庭-Before The End Sandbox- / Hical Records(P14b)


物語音楽……しかも語りも当て字歌詞も盛り盛りなサンホラ直系のやつ!
いや〜嬉しいですね、こういう音楽が今も息づいていることが。
クロスフェードのほか、1曲がフル試聴できるんですが、これも面白い!
こんな曲調なのに舞台が現代日本っぽい?
どんな仕上がりになっているのか全く想像ができん!今回の最注目作品の一つですね!



午前7時のジェリーフィッシュ / liquerprime(Q04a)



ガールズポップ。もちこまめさんの新作ですね!
ブログでも何度か感想を書いているとおり、もちこまめさんはいつも素晴らしいコンセプトアルバムを作ってくれるすげえクリエイターです。
名盤「始まりを映した、色をしていた」のような雰囲気をちょっと感じるし、今回も期待MAXですな!




さて、残念ながら時間が無くなってしまったので、一旦ここまでにします。
その2は明日時間があったら投稿するかも!






コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索