同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] 趣 / 凋叶棕


(2010/03)
凋叶棕

公式サイト

トラックリスト
01-眠れぬ夜は
02-昼下がりのユーフォーロマンス
03-マヱリベリヰ・ミステリシア
04-嫌われ者のフィロソフィア
05-有るまじき最終決戦のカタチ
06-\もっと!/\あたい/シャッフル!
07-ホンノタビビト(Instrumental)
08-ハカナキヒト?たちのために

RDさんの個人サークル、凋叶棕の3rd東方アレンジアルバム。
8曲中2曲がボーカルアレンジで、めらみぽっぷさんが歌っています。
本作の特徴は、とにかくバラエティが豊かなこと。
バラード、ゴシック、クラシック、ジャズ、メタル、ポップスなど様々なジャンルのアレンジが
アルバム一枚に収められています。全部が好み!ってわけにはなかなかいかないので、
通しで聴くよりは、好みに合った曲をチョイスして聴く、といった楽しみ方が向いているでしょう。

RDさんというと、自分の中では「少女病の曲を作ってる人」ってイメージが強くて、
「refrain」とか「虚空に消えるFairy tale」のような、過剰なまでの
ドラマティックさを持った曲作りを得意としている印象があります。
本作の中にもそういう曲はあって、それが5曲目の「有るまじき最終決戦のカタチ」
および8曲目の「ハカナキヒト?たちのために」です。
この2曲は個人的にどストライクでした。

「有るまじき最終決戦のカタチ」はあたかもRPGのラスボス戦のような
大仰なシンフォニック系の曲で、黒夜葬の曲をソフトにした感じ…とでもいいましょうか。
世界の命運を懸けた最終決戦!的な、勇壮さと悲壮さが同居した曲調がとてもツボ。
リードフレーズを奏でるシンセがちょいチープなのも、SFCっぽくて逆に味が出てますね。
最後に転調するのもお約束すぎてたまんないです。
曲名も皮肉が効いていて面白い。確かに世界観がなんか間違ってますしね。

「ハカナキヒト?たちのために」はキュートなポップスなんですが、疾走感のあるサビと、
一生懸命頑張ってます!って感じのめらみぽっぷさんの歌唱が合わさることで、
妙な哀愁が漂っていて、全然そんな歌詞でもないのに何故か泣ける曲になってます。
めらみぽっぷさんは色んな歌い方ができる方ですが、こういう歌い方が一番好きですね。
はっきり言ってかなり原曲破壊気味なんですが、
そんなことはどうでもよくなるくらいメロディが秀逸です。マジ泣ける。なにこれ。

RDさんのドラマティックな曲は、やはりやりすぎなくらいドラマティックでした。
こういう曲ばかり集めてアルバム作ったらものすごい作品ができそうですね。
もちろん本作は本作で様々な趣向に富んだいい作品ではあるんですが…
うーむ、次回はどういう作風で来るか。今から気になりますねー。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。