同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Closed Session2 / PARADOX

Closed Session2
(2010/03)
PARADOX

公式サイト

トラックリスト
01-Prelude
02-亡き王女の為のセプテット
03-U.N.オーエンは彼女なのか?
04-幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Border of Life
05-ネクロファンタジア ~ Acoustic Guitar
06-法界の火
07-感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
08-平安のエイリアン
09-夜が降りてくる ~ Evening Star (Remix Version)

KEIYAさんによる考察サイト、PARADOX主導の生演奏東方アレンジアルバム。
PARADOXはもともと東方や07th expantion作品の考察本などを頒布していたサイトでしたが、
前作「Closed Session」において、とんでもない演奏メンバーを引っ提げて東方アレンジに
参入してきました。ではその「とんでもない演奏メンバー」とは…

小林哲也(Sound Produce / Arrange / Keyboard)
塚本史朗(Guitar / Arrange)
浜口高知(Guitar)
黒田元浩(Bass)
石井悠也(Drums)

以上の通りです。来歴を見れば分かりますが、全員、主にJ-POPの一線級アーティストの
演奏メンバーとして活動しているプロ中のプロ。同人界隈において、今やプロが参入するのは
珍しいことではなくなったとはいえ、あまりに住む世界が違う気がしてなりません。
それゆえ前作「Closed Session」は演奏スキル、アレンジセンス、音質など、
どれをとっても非常にクオリティの高い作品だったと思います。
ただ前作は原曲維持系の曲が多く、全体的に無難な作りであったため、
私としてはやや物足りなさを感じる作品でもありました。せっかく同人なんだし、
もうちょっと冒険してほしいな、というのが率直な感想でした。

しかし、そんな私のちょっとした不満も今作「Closed Session2」で
いくぶん解消されることとなりました。今回は確かに感じますよ、冒険心。
ロック、メタル、ジャズ、プログレ、フュージョンなど扱われるジャンルが
非常に広いのは前作同様なんですが、今作はそれら多ジャンルの素養を
アルバム全体にまぶすように使うというよりも、1曲の中にギュッと詰め込んでいるというのが
前作との大きな違いです。ジャズっぽい始まりかと思えばメタル的なギターソロが出てくるなど、
1曲1曲が濃密で他では聞けないアレンジになってるのがいいですね。

もちろん、演奏面、音質面においては今作においても全く文句なし。
楽器の中で特に目立っているのがウッドベース。これにより醸し出されるアコースティック感により
何とも言えぬ上品さ、オシャレさが引き出されていて、いいアクセントになっていると思います。
ドラムやギター、ピアノなどの楽器もいい音を出しているし、「生演奏ってやっぱいいな!」と
改めて思えてきます。打ち込みがメインの同人音楽を聞いてばかりだと尚更です。
その他、KEIYAさんによる曲考察や、メンバーによる曲解説など、ブックレットの文も面白いし、
細部まで綿密に、それでいてアグレッシブさを忘れていない、いい作品だと思います。

<曲感想>
03-U.N.オーエンは彼女なのか?
プログレッシブな変拍子展開を見せる曲。ベースとピアノがジャジーな雰囲気を演出しつつ、
要所で出てくるギターが熱いですね。ラストのギターソロとか最高にドラマティック。
ブックレットにて編曲者の小林さんが「拍子が分かるかな?」と書いてましたが、
リズム感ゼロの私はイントロの時点でちんぷんかんぷんでした。

07-感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
オシャレな感じのピアノと情感のこもったギターの絡みが熱い曲。
ベースラインもなかなかかっこいいし、フュージョンっぽい間奏部分もいい。
色んな味わい方ができる曲だと思います。

08-平安のエイリアン
演奏者の高度なスキルが激しくぶつかり合う、テクニカルでカオティックな曲。
UFOを思わせるサイバーなSEが入っていたり、何故か「フラワリングナイト」の
メロディが挿入されてたりと、編曲者の遊び心を感じますね。
コメント
No title
前作から良さげだなぁと思いながら、まだ手を出していなかったのですが、一曲の中に色々な要素が入ってるのは大好きなんで、ジャンルのミクスチャーと聞くと興味が湧きます!
2010/05/23(日) 16:22 | URL | kizkiz #jg5ZjxmI[ 編集]
No title
私もジャンルの規定が難しい音楽って好きですねー。
このシリーズのテーマって「セッションの魅力を同人音楽ファンに伝えること」だと思うので、サイトにある演奏動画を見るほうが雰囲気が伝わり易い気がします。もし未見でしたら是非そちらをどうぞ。
2010/05/28(金) 01:34 | URL | borozo #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。