同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イニシエーション・ラブ』 (乾くるみ/文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る


これは衝撃的でした。
ラスト2行に大ドンデン返しが待ち受ける!って感じのことがあらすじに書かれてて、
「おいおいあらすじで叙述トリックってことネタバレしてんじゃねーか」と呆れつつ読んだんですが、
結局見事に騙された!

というのもこの本、叙述トリック臭がしない…というかそもそもミステリー臭が全然しないのです。
合コンで出会った2人が出会いを重ねて親交を深めていく…なにこれ恋愛小説?
いやいや、どっか謎やら事件やらが発生するんだろう、と訝しみながら読んでたんですが、
結局最後まで恋愛小説。謎も事件もなし。描写も淡白だしイマイチだなあ…と思ってました。
しかし、やはりラスト2行。これに尽きます。

あまりに唐突すぎて、最初は「えっ?」って思ったんですが、あ、もしかしてこういうこと?
と思って本書を読み返してみると

そこには別世界が存在してました。

凄すぎ。「これも!これも!これも!これも!」と次々と伏線が発見できます。
タイトルが、登場人物の台詞、行動すべてが、小説の構造そのものが伏線。
これだけのネタを仕込んでおきながら、「普通の恋愛小説」として全く破綻がないのが恐ろしい。
人生の裏側を淡々と描く乾くるみが恐ろしい。

どうしようなく本格ミステリーです。問題編が一周目、解決編が二周目であるだけで。
このテの作品の中でもとりわけ完成度が高いです。
人工物っぽい文章、お約束みたいな展開が肌に合わず投げ出した人もいそうですが、
長い話じゃないし、是非最後まで読んで欲しいです。傑作。

お気に入り度
★★★★★★★★★★ (10/10)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。