同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] pastral landscape / みかん箱×Foxtail-Grass Studio

pastoral landscape
(2010/03)
みかん箱×Foxtail-Grass Studio

公式サイト

トラックリスト
01-せせらぎの向こうに見えた幻想
02-昼下がりの憂鬱
03-Romanstone
04-豊穣の大収穫祭
05-風に舞う木の葉と神の社
06-現を断ずる妖の森
07-星空のユーフォーロマンス
08-かわくだり
09-雲流れ

Foxtail-Grass Studioのハムさんとみかん箱のマンダリンさんの共同製作による東方アレンジ。
幻想郷の世界観や風景の美しさを音楽で表現する、というコンセプトで作られており、
ピアノや木琴、鉄琴、アコギ、民族楽器などによるノスタルジックなアレンジが楽しめます。
ジャンルで言うとアンビエント、イージーリスニング、ヒーリングあたりでしょうか。

東方の世界観を表現する際、重要になる要素って、
「ノスタルジー」と「ファンタジー」だと個人的に思っています。
そして本作においては、ハムさんがノスタルジックな雰囲気のアレンジを、
マンダリンさんがファンタジックな雰囲気のアレンジを、という風に
東方世界の二大要素を2人で分担して表現しようとしているように感じました。

ハムさんの担当曲は、ピアノを基調とした温かさを感じる素朴なアレンジがメイン。
蝉の鳴き声や川のせせらぎの音などのSEの使い方がとにかくうまくて、
音を聴いてるだけで、のどかな田園や野山の風景や見えそうだし、
風や土の匂いなどが漂ってきそうです。五感全てに訴えかけてくるような
溢れ出る郷愁成分がスゴイ。「ひぐらし」時代のdaiさんの曲っぽい感じもします。

一方マンダリンさんの担当曲は、色々な楽器を使った比較的大胆なアレンジが特徴です。
踊りだしたくなるような秋の実りを感じさせる「豊穣の大収穫祭」、
ネクロファンタジアの不気味成分だけを抽出したような怪しげな「現を断ずる妖の森」、
キラキラした満天の星空にふらふらとUFOが漂っているような光景が浮かぶ
「星空のユーフォーロマンス」など、とてもバラエティ豊かでファンタジック。
まさしく東方の「なんでもあり」さが出ていていいんじゃないでしょうか。

そんなわけで、両者の作るアレンジはかなり雰囲気に隔たりがあり、
通常のCDならひょっとすると散漫さとかを感じてしまう並びかもしれません。
しかしそこに「幻想郷」という補助線を引いてやることで、
本作は絶妙なバランスの取れた作品に変貌してしまう。
ノスタルジーとファンタジーが同居する、東方という世界のアレンジだからこそ
成り立つことのできる、とても面白い作品だと感じました。
これほどまでに「共同製作」という企画が
ハマっている作品もそうそうないんじゃないでしょうか。
素朴さの中に色々なアクセントが込められていて、流して聴いても
じっくり聴いても楽しめる良いアルバムだったと思います。

<曲感想>
07-星空のユーフォーロマンス
マンダリンさんによる「夜空のユーフォーロマンス」のアレンジ。
原曲のフワフワした雰囲気をキラキラした音とピポピポ言ってるSEで増幅させたようなかんじ?
聴いててなんか幸せな気分になってくるなー。サビの部分とかすごく気持ちいい。

08-かわくだり
ハムさんによる「神々が恋した幻想郷」のアレンジ。
ピアノと笛と太鼓による素朴で、あたたかく包むような音作りがいいですね。
ただ、この曲は倍くらい長さがあってもいい気がする。もっと浸っていたい。

09-雲流れ
ハムさんによる「東方萃夢想」のアレンジ。
土を踏みしめる音、蝉の鳴き声…SEの使い方がほんとうまい。
昔「Sephiroth」というアレンジCDでztsさんが同曲をアレンジしてましたが、
それみたいな感じ。ノスタルジックな質感がやばい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。