同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どんどん橋、落ちた』 (綾辻行人/講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
(2002/10)
綾辻 行人

商品詳細を見る


これは味わい深い作品でした。
綾辻氏と言えば、「館シリーズ」を始めとする中、長編ミステリーが有名ですが、
本作は一風変わった短編集、といったテイスト。綾辻氏本人が物語中に登場し、
氏の元に5種類の「犯人当て」ミステリーの話が持ち込まれる…という
「作中作」系のメタフィクショナル形式を採用した構成となっています。

で、この「犯人当て」ですが、作中作ミステリーであることを利用して、
「地の文は絶対真実で、登場人物は故意の嘘を吐かない」
「犯人は登場人物の中に必ずいて、手がかりは全て作中に示されている」
といった、およそ現実離れした設定のもとに出題されるため、
ある意味では「なぞなぞ」っぽいバカバカしい雰囲気を持っていると言えます。

しかし、さすが綾辻氏というべきか、どれもこれもとんでもなく難しい!
ミスリードの敷き方がとにかく上手いです。一見アンフェアなように思えますが、
「答え合わせ」において、前提のルールを完璧に遵守した、「本格ミステリー」として
極めてフェアな作品であることがこれでもかと強調されます。
その論調に怪しげな部分はなく、「ちくしょう、やられた!」と思いつつも
ニヤニヤしながら読んでました。叙述トリックの真髄がここにある、といっても過言ではないでしょう。

本格ミステリのお約束だとか、綾辻氏の作風だとかを皮肉っているような記述が多いし、
コミカルというかフランクな雰囲気が全編に渡って漂っています。
それゆえ、自分はあんまり気にしないので、楽しく読めましたが
「本格」にこだわる人にとってはカチンとくる表現も多そうな気はします。

この作品が書かれたとき、綾辻氏はあまり筆が進まなかった時期だったそうです。
そういった情報を踏まえて本作を読むと、
「ああ、やっぱりこの人は本格ミステリーが好きで好きでしょうがないんだなあ」
と、しみじみというか、どこか微笑ましい気分になりました。

本格ミステリーの酸いも甘いも知り尽くした綾辻氏だからこそ書くことのできる作品。
正直、綾辻氏の作風はあまり好みではなかったんですが、
本作を読んで氏に対する印象はかなり好転しました。
人によって様々な捉え方、楽しみ方ができる良作だと思います。


お気に入り度
★★★★★★★★★☆(9/10)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。