同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Merodies of Memory / Roman so Words

Merodies of Memory
(2010/05)
Roman so Words

公式サイト

トラックリスト
01-Romancing Waltz
02-雪奈
03-月煌~Moon Stone~
04-紅蓮ノ華

MinstreliXのKey担当YuiさんとJenesais quoi/Misty HarmのVo担当Mikiさんとの
2人組プロジェクト、Roman so Wordsの1stミニアルバム。
これ、視聴したときはあまりピンとこなくてスルーしてたんですが、
レビュアーさんたちの評判がすこぶるいいので気になって購入してしまいました。
そして結果的には大正解。こりゃあ、歌謡メロスピの傑作だわ・・・。

1曲目はメルヘンファンタジーRPGのような世界観を感じ取れる民族系の曲で、
アコギと笛と歌唱による癒しのアンサンブルが楽しめる曲です。
これはこれでなかなかいい感じなんですが、続く3曲を聴きまくった今、
もはやこの曲はウォーミングアップか何かとしか捉えられません。
まずはこれを聴いて心の準備をしておけと、そういうメッセージに思えてしまいます。
それくらいすごいんですよ。2曲目以降が。

で、2曲目なんですが、これがイントロからしてやばいです。
桜庭統さんの戦闘曲を彷彿とさせるきわめてキャッチーなシンセメロディが
唐突に襲い掛かってくる、カウンターパンチのごとき破壊力。私はもうこの時点で
ノックアウト寸前。そんでもって歌メロもやばい。ちょい弱めのボーカルと
お世辞にも良いと言えない音質、そして過剰なまでに歌謡的なメロディは、
私が名盤と愛して止まないDragon Guardianの1stアルバムの雰囲気そのもの。
特に1回目のサビが終わった後のCメロが扇情的すぎてなんかむらむらしてきます。
さらにこのプロジェクトは間奏に関しても抜かりがありません。
ギターとシンセがリズミカルに交錯しつつ、キャッチーなメロディを紡いでいくさまは
まさにMinstreliXの血脈と言えましょう。
ようはこのプロジェクト、一言でいえば「ドラガとミンストのいいとこ取り」なんですね。
非常に濃い両者のエッセンスが混じって、つまらない音楽ができるわけがありません。

3曲目もいい曲です。不穏なメロディを奏でるシンセと重めのギターが支配する
ちょっとダークな雰囲気の曲なんですが、歌メロはやっぱりすごく歌謡的。
こういうアレンジに違和感なくキャッチーな歌メロを盛り込めるってのは
やっぱりセンスがあるってことなんでしょうねえ。サビに入ってこれまで
立ち込めていたような暗雲がサッと引っ込んでメロディが浮かび上がってくる感じが
すごく好きです。

そして最後の曲。これまたイントロの破壊力が異常です。ギターの部分は普通なんですが
シンセサウンドが紡ぎだすメロディが良すぎ。ここの部分が本作の最高潮だと言っても
過言じゃないと思うくらいこのイントロのメロディ好きです。歌メロも当然のごとく
キャッチーだし、1回テンポが落ちてピアノが入ってきて再度疾走開始→ギターソロ
って流れもベタベタながら完璧。むしろベタベタだからこそ完璧。
ラストにはあのイントロの激的極まりないメロディが再度流れて〆。

いやー、こんなにいいメロスピ聴いたのは久しぶりです。
「歌謡メロスピ」という枠組みで言うなら欠点はほとんど皆無。完璧な内容だと思います。
強いて挙げるならミニアルバムであることと、音質が良くないことくらいでしょうか。
というか音質改善してフルアルバム出したらそれだけで伝説級の名盤が出来上がりそうで
むしろ怖いくらいなんですが。何というか、MinstreliXの底力を感じる作品でしたね。
本家のほうも頑張って欲しい気持ちはありますが、とりあえず次回作にも超期待です!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。