同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Alice in Wonderland / schwarzwald

Alice in Wonderland
(2010/03)
schwarzwald

公式サイト

トラックリスト
01-Alice in wonderland
02-Lingering onward dreamily
03-Into the rabbit-hole
04-Cheshire cat
05-Ever drifting
06-solitary girl
07-Sphere phantasm
08-Through the looking-glass
09-Queen Alice
10-Alice's adventures in wonderland

BMS作者として知られるAmoさんによる東方インストアレンジアルバム。
ピアノやオルゴール風の音をメインにしたアンビエント系の作風ですが、
雰囲気はかなりダウナーで、かつストーリー性が強いため聴く人を選びそう。
また基本はアンビエントながら、音ゲー的なアゲアゲのトラックがあったり
オーケストラ風のトラックがあったりと、わりとフリーダムなところがあるのも
面白い点であり、これまた人を選びそうな点でもありますね。
同じ東方アレンジだとBITPLANEとかfromadistanceあたりの作品が好みの人は
ツボにはまりやすいでしょう。音作りのクオリティもそれらのサークルに
決してひけをとっていないし、作品の完成度も高いと思います。

さて本作はタイトルの通り、「不思議の国のアリス」をモチーフにした作品です。
東方アレンジではありますが、馴染みの薄い旧作曲がメインであることや、
上記のようなアレンジの方向性のために、東方っぽさはかなり薄まっています。
「東方アレンジ」というよりも、東方が持っている「アリス」成分を抽出して作った
「不思議の国のアリスのイメージアルバム」って捉え方が一番しっくり来るかなあ。
東方とアリスって世界観が似てる面もあるし、そのまんまパロってる
面や曲(怪奇談EX)もあるしで、共通項が多いからやっぱ相性がいいんでしょうね。

「○○風アレンジ!」ってな文句で東方曲に別作品の要素を混合した作品はよく見ますが、
本作のように東方曲が元々持っている別作品の要素を抽出した作品は極めてレアで、
ひょっとすると東方アレンジ界隈通して初の試みなんじゃないだろうかという気もします。
東方自体が元ネタの塊みたいな作品だからこそこういうアプローチができるわけで、
そこに着眼した本作のセンスの良さはすげえと思います。しかし実は私はあんまり
「アリス」のストーリーを把握しておらず、そのため本作の内容に関しても正直
よく分からなかったので、良い作品だと感心しつつもあまり嵌まれなかったのが無念です。

そんなわけで現時点でこの作品の感想を書くかどうかかなり迷ったんですが、
まあ今後アリスを読んであらためてこの作品を咀嚼し、その上で新たに感じるものがあれば
追記としてコッソリ加えておこうと、そう思って現時点での感想をひとまず書いておきました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。