同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年・印象に残った作品たち

2011年になったので、2010年のまとめとして
いわゆる年間ベスト的なものを書きました。
私の怠惰により個別記事をまだ書いてないのもありますが、
まあ、やるなら今のうちだろう、ということで。
大体上から好きな順に並べたつもりです。




Canna Cinq~ある姫君と人形師の話~ / Ritorno

2010年はRitornoとの出会いが一番大きな出来事でした。
ドラマパートと歌唱パートの緩急が織り成す圧倒的なドラマティックさ。
キャッチーなメロディがひしめく同人音楽シーンの中でも輪をかけて美しいメロディ。
特に「昔話」のラストは何度聴いても涙腺がぶっ壊れる。
久々に出会えましたよ…人前で聴けない音楽に。




Zanni / Ritorno

「Canna Cinq」に比べるとボイドラ分が減り音楽分が増した作品です。
一点突破でこちらの感情の堰を崩してくる前作に比べるとやや破壊力が落ちますが
Mamyukkaを彷彿とさせる童話的、演劇的世界観、お茶目なキャラなど
雰囲気はこちらのほうがずっと好み。ザニーかわいいよザニー。
「Addio, Stammi bene!」のところ最高です!マイ流行語大賞!
極上のドルチェをありがとうRitorno・・・!




リプレイ月紅レコード/ Krik/Krak

Kleioの作品「Lunatic Blood」を解体し、Krik/Krakの独自解釈によって再構成、
文字通りの「リプレイ」を試みた異形の作品。
原作への愛憎、その思い入れのすべてを、自らの作風に完全に取り込んでいる。
これこそが二次創作の理想のスタイルであると思います。
私は今作を聴いて、彼女らに深い敬意を覚えました。
創作活動に対する意識の高さが、Krik/Krakの作品からは感じられます。
何よりナイチンゲールちゃんがツンツンしててかわいい。ねぼすけと罵られたい。




REVERSUS / ELECTROCUTICA

不思議な作品です。先鋭的な試みをしていることは間違いないのですが、
そういう作品にありがちな独りよがりな閉塞感とか、マニアックさがない。
ブレイクコアやプログレなどのマイナージャンルを取り込み、
人声もボカロも切り刻まれ…それでもなお、聴後には開放感が残ってる。
好みのジャンルを問わず、色々な人に聴いてみてもらいたい。
少なくとも、聴いた後に何かが胸に残る作品だと思います。




Melodies Of Memory / ROMAN SO WORDS

歌謡メロスピ!なんと甘美な響きでしょう。
やっぱメロスピには歌謡メロディ!そして日本語詞ですよ!女性ボーカルですよ!
これに慣れると海外のいわゆるクサメタルが全くクサいと感じなくなります。
「紅蓮の花」はマイアンセム。これぞメロスピの理想形、間延びも無駄も一切ありません。




告解エピグラム / 少女病

何といっても「Double Cast」が素晴らしかった!
少女病の楽曲で、これほど感情的になれるとは思ってませんでした。
ストーリーの組み立て方も、ハッピーエンドなのも私好み。
質的には「残響レギオン」ですが、個人的な好みでいえば断然こっちですね。




Fantasia of the Shades, by the Shades, for the Shades / 回路-kairo-

孤独感、寂寞感を覚えさせる独特の広がりを持つポストロック的音空間。
そこに反響する556tさんの力強くも美しい歌声。
暢気に振舞いながらも、心のどこかに闇を抱える「日陰者」たちの物語。
東方ボーカルアレンジとしての品質の高さはもちろんのこと、
コンセプトアルバムとしての完成度も非常に高い。
チルノの存在に対する彼ら独自の解釈には、感動すら覚えました。




Romansick-ロマンシック- / 魂音泉

ラップ調のボーカルアレンジで知られる魂音泉ですが、
敢えてそれを封印してインストメインで攻めてきたコンセプトアルバム。
唯一のボーカルアレンジであり、最大のキラーチューンである
「流星ドライヴ」を最大限引き立たせる構成になっているのが素晴らしい。
アルバムコンセプトどおり、「胸の高鳴り」を感じられる音楽です。




Ambient Dreamer / Corky Voce

プログレのような複雑な構成を持ちつつも、
どこか懐かしさのあるキャッチーなメロディが印象深い。
後悔や惜念のこもった、暗く深みのある歌詞や世界観も味があります。
楽園楽園楽園楽園楽園楽園楽園!
楽園楽園楽園楽園楽園楽園楽園楽園楽園!
楽園!楽園!らくえーん!




Historie / fromadistance

「歴史」をテーマとし、原作、原曲、原典を分解・再構成した異色の東方アレンジ。
古来よりの伝統的な儀式や祭事を思わせる重く神妙な音作りは、
同人的ないわゆる「民族音楽」とは一線を画しています。
テーマ自体に深みがあり、考察のしがいがある作品です。
私自身、色々な妄想めいた解釈をしてみたので機会があれば記事を書きます。




The Tower / CYTOKINE

封印され、孤独に震える聖白蓮の苦悩、そして救済。
ハウス、トランス系のサウンドでこういうストーリーアルバムが作られるのは
非常に珍しいことなんですが、これが見事にハマっている。
「さあ あとどれだけ 心を砕けば 運命の闇と 戦える?」
を始めとして、印象的な歌詞がとても多かったです。




こんな感じになりました。10選に見せかけて実は11選だったりします。
うん、いい年でした。ほくほくでした。音楽って素晴らしいと再確認。

で、今年についてですが、抱負とかは特にありません。これまでどおりです。
作品への敬意を忘れず、書きたいときに、書きたいだけ、書きたいことを書く。
所詮、感想を書くだけのブログですし、これで十分でしょう。

まあそんなわけで、今年もよろしくお願いします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。