同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] fading moon / よいむつ

fading moon
(2011/03)
よいむつ

公式サイト

◆分類
東方インストアレンジ
マルチジャンル

よいむつの3rdアルバム。
4名のアレンジャーからなるインストアレンジ。
打ち込みメインながら和洋折衷の様々な楽器を用いて
プログレ・ジャズ・ロックといった幅広いジャンルをカバーしており、
また全体的にダウナーな雰囲気にまとまっていてなかなかにシブい。
公式ページには「今宵のお酒のお供に」という添え書きがありますが、
宴会的な賑やかさでもなく、バー的なオシャレ感でもない……
なんと言いますか、自宅での一人酒的な寂れた趣があるんですよね。

本作は「ほどほどのテンション」の維持がとても巧みです。
全体的にダウナーではあるけど、ゆるい山場を幾つか設置して
通しで聴いて気分が沈み過ぎないように調整されているのが良い。
特に良いのがこさとさんのプログレ風アレンジ。
和洋折衷の様々な楽器が複雑なアンサンブルを奏でる5曲目や7曲目は
作品全体のアクセントとして非常に効果的に働いています。

いやー、これは良い作品・サークルを見つけましたよ。
アンビエントほど落ち着いてなく、ロックはちょっと喧しすぎる…
そういう気分のときにものすごく重宝しています。
他にはないタイプのアレンジで、ちょっと説明が難しいんですが、
Karkanとかミーハーナルオトとか、地味めのアレンジが好きな人に
おすすめですかね。例大祭9のインストアレンジの中では
一番のお気に入りかな。

◆曲の感想
01-Moon on the east
蓬莱伝説のアレンジ。和洋折衷のプログレアレンジですかね。
とにかく使われてる楽器の数に驚きます。色々な音色が次から次へと
表れて、でも決して賑やかになりすぎず、ダウナーな雰囲気を保っている。
この雰囲気が今作のキモですな。

02-Teardrop on the Bridge
ニカとかアンビエントとか、そっち系に近いアレンジ。
1曲目でちょっと上がったテンションを、すぅーっと落としていく感じ。
この作品、こういう微妙なテンションの匙加減が絶妙なんですよねえ…

03-糸付きのふたりは
原曲維持系のアレンジ。人形裁判のシリアスな雰囲気を少しだけ強調した
感じ。この曲もテンションの匙加減が見事。リズムが前に出てくることで
前の曲よりもちょこっとだけテンション高い。でもやっぱりどこか鬱い。

04-魔理沙liftoff!
オーケストラアレンジ。今まで低空を滑走していたけど、
まさにliftoffのタイトル通り、ぐぐっとノリがよくなる。
でもどこか夢見心地なぼんやりした音作りによるせいか、
ノリノリまではいかない。ここがキモ。

05-やがて懐かしき風
ここへ来て再びこさとさんのプログレアレンジ。
気まぐれなそよ風って感じの優しさとヤンチャさが同居したような
不思議なアレンジです。これはお気に入りですねー。

06-帰り路、陽は落ちて
ピアノとストリングスによるまったりしたイージーリスニング系アレンジ。
題名のとおり、もう夕方だから帰るかーって感じの情緒。

07-いたずらたちが見せるもの
7曲目と8曲目は緩やかな山と谷が続く本作の中では一番高い山の部分。
複雑なリズムを刻むドラムが非常に気持ち良いですね!
左右で色々な音が出たり消えたり、小悪魔の笑い声のようなSEが
随所に入っていたり、玩具箱のような面白いアレンジです。

08-Lady Unknown
本作の山場・ボス登場という感じのロックアレンジ。
搦め手の多い本作にあって、正統派で純粋にかっこいいアレンジですなー。
シンセとギターの掛け合いパートは王道だけどやはり良いものだ!
原曲がプログレ系なのでそういう味わいも出ていて尚良い。
ギターの音にもう少し迫力があれば完璧だったかなあ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。