同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Emilia ~the First Chapter~ / Roman so Words

Emilia ~the First Chapter~
(2011/05)
Roman so Words

公式サイト

◆分類
ファンタジーポップ
歌謡メロスピ

Roman so Wordsの2ndアルバム。
1stの時点で極めて高品質な歌謡メロスピを構築していた彼らですが、
今作では明らかに「脱メロスピ」「脱メタル」の方面に向かっています。
2曲目の「凜」なんかは直球のメロスピではありますが、
他の曲はオーケストラやアコースティック/民族楽器を前に出す変化球のアプローチ。
さらにはシーンで流行のファンタジー・物語要素も取り入れられており、
前作に比べその作風はかなり多様化・複雑化しています。
だからといって、内容が散漫になったかといえば決してそんなことはなく、
むしろそれぞれの追加要素によって、Roman so Wordsの目指すものが
よりはっきりと見えるように今作は形作られています。

例えば、今作で導入された「物語要素」について見てみましょう。
物語の軸となっているのは、ジャケやタイトルにも書かれている「天使エミリア」で、
彼女は翼に旋律を宿し、人間たちにそれを届ける役割を担っています。
1曲目は、そんなエミリアの境遇をうたった楽曲なんですが、
その中にこんな歌詞があります。

今日も唄う 人々(あなた)の愛しい願いを叶える為
明日も奏でる 翼にその想い(メロディー)を宿して


さて、ここで注目してもらいたいのが、ルビの振り方。
<想い=メロディー>と読ませています。これはつまり、
この物語では、想いとメロディーは同一のものということであり、
エミリアが宿す「旋律」とは、「人々の想い」が変換されたもの、ということになります。
そして、2曲目からの物語は、キャラクターたちの「想い」が綴られる形で進行し、
エミリアはそんな彼らの「想い」を「メロディ」に変えて、想い人のもとへと届けます。
だから、今作のメロディには想いが宿っている。物語が宿っている。
Roman so Wordsの創りだす、美しく豊潤な歌謡メロディ。
そのメロディは想いや物語を宿すことで、更に美しさを増しています。
ただ漠然と物語要素を入れているわけではなく、「メロディを引き立たせる」という
確固たる目的のために、彼らは「物語」を利用している。
素晴らしいスタンスだと思います。

そしてそれは「物語要素」に限ったことではありません。
メロスピ・オーケストラ・民族音楽の複合する楽曲ジャンルや、
キャラクターの心情や立ち位置にあわせた楽曲展開手法、そしてシークレットトラック…
今作を彩るすべての要素は、「美しいメロディの表現」のための手段でしかありません。
前作において、あれほどの素晴らしいメロスピを構築しておきながら、
あえてそれを解体し、目的達成のための更なる挑戦に彼らはその身を投じました。
正直言って、楽曲単体の出来ならば、前作のほうが上だと思います。
だけど今作には前作にはなかった「ワクワク感」があるんです。
それはまさしく私が同人音楽に求めているものであり、
実際Roman so Wordsの野望は、まだ始まったばかりに違いありません。
今後どんな飛び道具を繰り出してくるか・・・「Second Chapter」にも大いに期待です。

◆曲の感想
01-Aria ~Emilia sing “WISH”~
オーケストラサウンドを交えてシアトリカルに展開する、いきなりの超変化球。
高揚感のあるサビメロと、ラストのドラマティックな展開が素晴らしいですね。
今作の導入としてこれ以上ない楽曲だと思います。
エミリアちゃんマジ天使!

02-凜
前作の流れを汲むメロスピ曲。
ただ、物語、キャラの心情を歌詞に置くことで、「メロスピであること」に
必然性を持たせているのが前作との違いであり、同時に枷にもなっている。
やっていることは「ヒメゴト。」のそれに近いです。行き場を失くした想いの奔流。
サビパートなんかも、ツーバスドコドコ言わせて疾走しまくっているんだけど、
どこか抑圧された感じがあるんですよね。これは歌詞とのリンクを考えれば
納得できるところではあるんだけど、楽曲そのものを見た場合、
やはり前作の「雪奈」なんかに比べるとそれが枷になっている感がある。
ただ、対になっている次曲で「開放」が与えられる以上、
この煮え切らなさは計算されたものなんでしょう。たぶん。

03-nostalgic serenade
メランコリックなピアノとストリングスの導入にはじまり、
歌メロの哀愁ぶりもすさまじい。ただサビパートになるとやたらポジティブな
雰囲気を漂わせたリズム、メロディに転化する。
このサビの過剰なまでのポジティブさは、きっと前曲からの「抑圧」も
引き継いでのものなんでしょう。「想い」の運び屋である
エミリアというキャラがいるから、こういう楽曲展開が可能になる、と。
いやほんと、このエミリアというキャラは素晴らしいです。マジ天使!
2人分の「想い」を載せた、最後の「ありがとう ちっちゃな翼のEmilia」と
歌い上げるところは、ほんとグッときますね。

04-撫子
アコギ、アコーディオン、フルートがメインのラテン系の?楽曲。
緩急自在の楽曲構築がほんと凄い。このへんは流石にMinstreliXメンバーだなあ、と。
1曲目の歌詞からみて、フルートはエミリアが吹いている設定だと思うんだけど、
あの可憐な天使が一生懸命冒頭とか間奏のクサメロ吹いてるのを想像すると
なんか微笑ましく感じてしまいますね。まあそれはどうでもいいとして、
「さあ この白い花を持って・・・一緒に往きましょう」のところで、
歌といっしょにフルートをハモらせる演出が好きです。これエミリアの台詞…だよね?

05-gardenia
シンセとギターがブイブイ言ってるこれもメロスピ系の曲。
凜と違ってこっちはなんか悪魔が街を襲ったりしてるので、
そういう表現も含んでのメタル系の音作りなのかもしれません。
「あなたの心の中に交錯する想い(メロディー)を奏でましょう」
のパートから、シンセとギターが掛け合う間奏に突入するとこなんかは
まさに今作ならではの演出でしょう。いやあ、素晴らしいです。

06-シークレットトラック
前作の1曲目「Romancing Waltz」のピアノアレンジなんですが、
今作で一番重要なのはひょっとするとこのトラックなのかもしれません。
というのもこれ、今作のコンセプトにもリンクしてるように捉えられるんですよ。
たぶんこの曲を作った時点で、Emiliaの構想なんてなかったと思います。
ということはこの「Romancing Waltz」って、Roman so Words作品全部に通底する…
いわばサークルのスタンスを表明している楽曲だと思うんですよ。
そして、そのことには前作の楽曲構成ではなかなか気づけない。
前作→今作と聴いて、このシークレットトラックに行き着いてはじめて、
「ああこの曲はRoman so Wordsそのものなのか」と気づかされるんですよね。
どこまで狙って作ってるかわからないんですが、
いずれにせよ非常に効果的なアレンジ手法だと思います。

いやあ、本当に素晴らしい作品でした。
2011年上半期、オリジナルではこの作品がダントツでマイベストです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。