同人音楽の感想みたいなレビューみたいなものを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[同人音楽感想] Nemesis / Gothic Marionette

Nemesis
(2010/10)
Gothic Marionette

公式サイト

◆分類
ゴシック

Gothic Marionetteの1stアルバム。
需要と供給が釣り合っていないのか、イベントでもショップでもあっという間に
売り切れてしまうことで有名(?)なGothic Marionetteですが、
ゴシック飽和な今のシーンにあっても話題に上ることが多いだけあって、
なるほどゴシックファンの琴線をビシビシ突いてくる音楽性ですね。
荘厳なオーケストラサウンドに神聖なクワイア、パイプオルガン、チェンバロ。
メロディはゲーム音楽のような分かりやすさがあり、FF8の魔女関連の曲なんかに
近い雰囲気がある。随所に出てくる吹雪のSEにしろロリ系少女の語りにしろ、
多くの人が想定する「ゴシックっぽい要素」をこれでもかと突っ込んだ音楽です。

で、今作の段階ではまだボーカルメンバーがおらず、お話の進行はすべて
少女の語りに任せられている・・・要はサンホラの「書の囁き」「Baroque」みたいなのが
延々と続く、変な音楽になっているわけですが、今作の魅力はむしろそこにあると思います。
あんだけゴシックゴシックに固められたアレンジをやっておいて、一番重要な
ボーカルがいないという、この空虚感が良い。この歪さがむしろゴシック的なんですよね。
だから、ボーカルを加えてパワーアップした次作「Tyche」は、物語音楽としては
確実に進歩しているんだけど、ゴシックの雰囲気は逆に後退しちゃってる。

そんなわけで、今作は成長途上にあるアーティストの過渡期ならではの歪な構成を
愛でる作品だと思います。詞の内容がほとんど少女の淡々とした独白で
占められているし、収録時間も短いしでどういう物語、世界観なのかさっぱり
見えないんですが、その辺は連作形式ということで今後の展開に期待しましょう。
個人的にはこの雰囲気は大好きなので、今後物語音楽として練成する中にも
なんとか継続させて息づかせて欲しいなあと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

borozo

Author:borozo

最近の記事
カテゴリー

openclose

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。